SEO記事、費用節約で自分で書けといわれたが・・・ #デジタルマーケの現場課題

#デジタルマーケの現場課題, SEO

デジタルマーケティングの現場で生じるさまざまな課題。
現場の実際の声をもとに、その問題の原因や解決方法を一緒に考えていくのが「#デジタルマーケの現場課題」シリーズです。

課題

課題

今回のテーマはSEO記事制作費用を節約するために社員でライティングさせられる問題です。

SEO記事の相場が1記事5万円前後として、20記事書くと100万円を超えてきます。マーケティング部としてはできるだけ早く取り組みたいが、社内で予算が降りないということもあるでしょう。「うちの業界のことなんだから、自分で書けば100万円かからないじゃん」と思われても仕方ありません。ところが、これが落とし穴。実際には5万円の理由はあります。

確かに SEO 記事というのはその業界の専門知識とか最新情報とか分かりやすく説明する力というのが求められますしある程度その業界に2年在籍している社員であれば書けるのではないかとまた空き時間にさらさらと書けるのではないかと淡い期待の元社員に来店を命じる企業っていうのがいるんですね。

もちろん社員でうまくライティングできればライティング費用は浮きますし SEO 記事を社内で作ることができれば事業の成長段階に合わせて記事を増やしていくことができますから会社としても強いでしょうとまたライティングの修正とかちょっとしたコンテンツの整理なども車内にかける人間がいるとスピードをアップしますとこうした点から社員が SEO ライティングするメリットも一定はあるわけですと

ただデメリットの方が大きいのではないでしょうかというのも SEO 記事をこれからやっていくような会社でライティングに専念できるだけの社員がいるかというと実際にはいないと思うんですよねライター専用で雇っているならまだしも基本的にはマーケティング担当者とかマーケティングの仕事を全般的に任せられている人間が SEO の担当になっていると思うんですよねこれがまさに現場課題というところで他の仕事で忙しいよということなんですよ

放置しておくと

担当者がSEOライティングをしだすと他の業務は完全にストップします。これだと、お金をケチったばっかりに施策全体が進まず、SEOは時間がかかるため、成果につながらないということになります。

原因

原因

SEOライティングにかかる労力を上層部が把握していないことが原因です。
製品に詳しいから、空き時間で書けるだろうという期待がよくありません。

簡単に言うと前ですよ気がつけば一口5万円でそれを29時で100万円と言われましたとこいた場合なかなかマーケティング部の丹念の予算では捻出できないと一緒にも降りないとねこういった場合に水を全くやらないこともできないしまた数本だけやるというのもなかなか難しいとなるとまったくやらないか赤字覚悟でやるかと熱のどちらも選べない場合に出てくるのが社員でどうにか書けないかという案なんですね

ただ前水曜の初心者だとなんとなく空き時間で描けそうな感じがするしなんならちょっと文章を書いてみたいな僕もライターになってみたいなみたいな憧れからあじゃあ自分で書きますと言って受けてしまうとこれが地獄の始まりなわけですね SEO ライティングというのは簡単にできそうに見えて実はすごく時間がかかる上に行っても成果が出ない場合もあるわけです。

勘違い

SEO ライティングをやるからには成果の出し方を叩き込んだ上でその時間かけてライティングをしていかなくてはいけないと
また S 様来店に必要な客観性を担保するためには実は一人だけではダメなんですね必ず構成を考えるとライティングする人が別になるなどをチェック体制を複数人で行うことが必要になってくるんですね

解決策

SEOは負担が大きく、専門性も求められるため、片手間で行う業務ではないということを共通認識させる。
SEOのプロセスを整理して図解し、一度社内プレゼンしてから進めることが必要です。

こういった SEO ライティングの特性ない子は SEO の特性を考えると担当者が一人で抱え込んでしまうというのは実は非常に危険性があるともう一度問題を整理するとまず他の仕事が忙しいのにライティングを受けてしまうと単純時間がないと
もう一つが水曜ライティングとしては競合の記事内氏はこのサイトを見ながらライティングすることになるので生地のマ模倣とか氷雪の危険性が出てくると

こうした観点から社員が一人で SEO ライティングするというのは非常に危険であるということがいえますただこの危険性をおそらく上層部は認識できていないために安易に社員に書かせてしまうといったことが起きてきますと実際にですね。

まあ原因を考えると社員に書かせるしか方法がないといった考え方なってしまうんですけれどもまずそもそもこの日用事代をケチる原因って何だろうというの考えるわけですよね

あくまでSEOというのは一つの政策としてマーケティングの政策として蒸気で自社サイトにコンテンツを掲載することでアクセスがアップして問い合わせが増えると言ったことを予期してるわけですこの場合に目の前のライティングと仕事として SE を取られてしまうと認識が間違ってるわけですよライティングの仕事としてではなく会社全体のマーケティング戦略の一つであると 数年かけて行われるマーケティング施策であるとそしてそれを成功させるためには作業すればいいわけではなくて成功するための条件を満たさなくてはいけない。

こうした考えに基づくと今何年の予算がないから目の前の社員にライティング仕事を押し付けるという発想は出てこないと思うんですよね会社として今後マーケティング政策をちゃんと行って新規顧客獲得を行っていくのであれば当然お金をかけるところ出しちゃえに無理をさせることではないわけです 。

SEO 広告サイトそれぞれの体制というのはちゃんと時間とお金をかけて作っていくものであって調理するものではないということなんですねでこうした重要性というのがなかなか上層部は認識できていないと暗いひとえに前水をなめてかかっているのが原因なんですけれども重要性を認識していないからこそやっつけ仕事になってしまうと言うことが言えます

こうした認識のあまさを払拭するためにはSEOのプロないしはSEO経験者に部長と担当者が一緒に話を聞く機会を設けることが必要です。

解決のために

SEO記事の選定から入稿までのすべてのプロセスを書き出したうえで、どこで迷うか、どこでつまずくかを整理する。必要あれば外部の専門家の意見を聞いて、スムーズにする方法を模索する。

SEOの認識抑え間違ってませんかとでやるのであれば本気でやる必要があります。また、本気でやらないとそもそも行った意味がないですよとこういった話を外部から内部のプロからガツンと言ってもらう機会を設けることが必要です。

担当者に負荷を押し付けるのではなく SEO ライティングの工程を分解してどこを頼むのかどこを外注ライター頼むの顔ちゃんと分担して計画的に進めていくその体制を作っていくことが必要ですと担当者もお人よしとし

担当者もお人好しになる必要全くないですね自分が安請け合いしてしまったから結果的に自分の仕事が止まり会社全体に迷惑をかけて上にそうやって作った椅子用生地も成果が出ないこれはマイナスですよね。

自分が安けれしたばっかりに全体を無駄になってしまうということは避けなければいけませんそのため社員も毅然とした態度で自分がライティングするのではなく自分はあくまでそのライティング全体を進めていく担当者なのだという心持でいることが必要ですと

そのための時間よ三大成人員は会社に確保してもらうんだこれはマーケ担当者にとって必要な巻貝という花ですね気持ちの持ち方だという風に言えますと

ただ実際にはなかなか言い出せないこともありますし自分ができることはライティングぐらいだろうみたいな形で安請け合いしてしまうこともあると思うんですよ言いにくいことは外部のプロを呼んで行ってもらった方がいいわけなのでもしエース用についてこいった外部の意見を取り入れて社内の考え方を変えたい認識を変えたいと言った場合は外部のプロに頼るということが必要になってくると思います

無料e-bookプレゼント!

無料Eブック「最高のマーケティング部署を作る方法」プレゼント!

ダウンロードする

関連記事一覧