SEO記事にうちの会社らしさがないと言われた・・・ #デジタルマーケの現場課題

#デジタルマーケの現場課題, SEO

デジタルマーケティングの現場で生じるさまざまな課題。
現場の実際の声をもとに、その問題の原因や解決方法を一緒に考えていくのが「#デジタルマーケの現場課題」シリーズです。

課題

課題

SEO記事にうちの会社らしさがないと言われた・・・

今回の課題は SEO 記事を提出して上司ない社長のチェックを受けるとこの場合にSEO記事としては十分要件を満たしているけれども会社のオッケーとしてオリジナリティがないとまた他者の記事に似すぎている印象がするからこれでは出せないと言われましたこうした場合に担当者がどのようにこの社内承認をとっていくかとこの課題について考えていきたいと思います。

コメント

SEO記事は基本的にGoogleの評価基準を推定し、それにあわせて無機質にコンテンツを詰めていく作業です。そのため、個性が出にくい面があります。元来、コンテンツSEOはそういうもなのですが、ブランディングにこだわるタイプの部長や社長がみると、個性がない文章が許せないこともしばしば。

まずですねあの SEO 記事というのは基本的に今キーワードが決まってライティングをしていて競合分析をした上でライティングをしていて見出しもある程度 H 2と H 3見出しで整理していくわけですとで分量も大体ま3000文字から5000文字ぐらいでまいやば正解というのはひとつ決まってるわけですよ

今の SEO のルールに基づいて SEO ライティングをしていくとだいたい同じような成果に向かってどの会社も書くことになるとでこれはどのプロに頼んでも同じですイドのライターに頼んでも同じですと言い換えれば正解はほぼひとつしかないとでその正解をいかにたくさんの生地で出すかというのが椅子用のルールなんです。

原因

原因

上層部が、SEO記事の特性を理解していないことが原因です。これはもちろん SEO のルールを知らないもしくはSEOがどういうものかを知らないといった形で生まれる誤解が原因なんですけれどもただ担当者レベルとしては上がってきた生地を今更作り直すわけにはいきません。

けれどもところがあの子の SEO のルールというのは一部の人しか知らないわけであってなかなかこの社長とかマーケティング部長とかでSEOの経験がない人からすると親と外部のプロに書いてもらったらいいけれどもなんだか見たことがあるような記事が出てきたなという違和感を感じてしまうと。

その記事で OK をもらって掲載して入稿して上位表示させていくということが必要になってくるわけですではこうした岩場にオリジナリティを求められる問題に対して担当者はどのようにすればいいのかとこの解決方法について考えてきたいと思います

解決策

認識のすり合わせを行う場を設ける

一つ目の解決方法は SEO のルールというものがありますからそれをもし外部のディレクターがいるのであればその外部のディレクターと担当者と決裁書と3名で完成した記事についてどのような意図で書いたのかまたえ似ていると感じる箇所に問題はないのかといった形で認識のすり合わせを行う場を設けることが必要ですとあくまで記事はまこのままで大丈夫ですとただ家の心配があるのであれば SEO の専門家の方から説明をしますよといった形で場を設けて納得をしてもらうとこれが最良の方法だと思います生地を作り直すことよりも社内承認を通すことが重要だという風に言えますね

会社の人にリライトしてもらう

二つ目の解決方法は一度完成したいっすよ記事を再度会社の人にリライトしてもらうという方法ですリライトと言っても SEO 記事のルールに基づいて見出しの数などはある程度固定されているわけですからあまり見出しの数は変えたくないとその場合はオリジナリティーを出したいと考えている人からしてどうしても独自性を出したい言い回しとか単語とかもしくは自社ならではの用語追加したいと言った箇所があると思いますから原稿を見せてみた子は変えないでくださいとただ見出しを変えない範囲では自由に追加いただいて構いませんといった形で原稿投げるわけです。

こうすることで使用上のメリットを失わずにオリジナリティを追求するそしてオリジナリティを出したい派の人が納得した形で記事を公開できるとこれって解決方法になりますと。

ただしこの解決方法二つ目の方はと全部ちょうだい社社長のように忙しい人が原稿チェックするわけですから一番よくあるのが原稿が帰ってこないというケースなんですね。

これはもう、期限を決めて、期限をすぎたら公開してしまいましょう。原稿チェックするとは言ったものの SEO ライティングとような独特の癖がありますからチェックしようと思ってもなかなかすぐにできることではありませんし構成を変えないで追加するというのは文章に慣れている人でも難しいとこの場合会マーケティング部長がチェックしてるのに全然返ってこないで担当者からも催促するに催促できないといったケースが生まれてきます。

これを防ぐためにもし解決方法に 梅出ねえ追記してもらう道を選んだ場合は締め切りを決めることが必要です。
入港していますと一の入港しているけれどもリライトは自由に CMS 城で行っていただいて構いませんとただし一週間過ぎたらもうこのまま公開してしまいますよ
と下書き公開が公開変わりますよという国をしておくわけです。

この場合 SEO記事は1日でも早く公開した方が良いのでこういった会締め切りを設けることに理解をしてもらう納得してもらうというのも必要です一週間あればリライトできますよねぐらいの形で動画を撮っておくことが必要になります

ステップアップ

以上 SEO ライティングにオリジナリティを求められた場合の解決策について二つほどご紹介しましたただ実際にはマーケティング部長もマーケティング担当者も共に SEO ライティングの記事をアップした経験がなかなか足りていないで双方まあ不安だよねと言った場合には記事をそのまま公開できるのかってとなかなか難しいわけですよねりさに排水用長年やってきた人がこういう理由で大丈夫ですとまたえオリジナリティだしてもあまりこうせいかには関係ないですよと言った経験に基づくロジックというのを用意して説得する必要があるでしょうとこうした場合に外部の S 様のプロない子はイエス様の経験者を活用するということが大事になってくるかなと思いますくれぐれも

SEO 記事を SEO 目的とした生地についてオリジナリティがないからと言って構成から尾浜に帰るようなことは絶対にしないと S 様は村木待っていますからオリジナリティを追求した結果そのルールから外れて意味のないせいかの前成果の出ない記事を作ってしまうことだけは避けましょうということをもう一度強調しておきます SEO という一つのルールの中で出来るだけオリジナリティを出したい人に対してある程度解決策が見えてきたでしょうかより詳しい話はこちらでもご案内しておりますので興味がある方は見てみてください

無料e-bookプレゼント!

無料Eブック「最高のマーケティング部署を作る方法」プレゼント!

ダウンロードする

関連記事一覧