SEO上位表示できるキーワード出しておいて! #デジタルマーケの現場課題

#デジタルマーケの現場課題, SEO

デジタルマーケティングの現場で生じるさまざまな課題。
現場の実際の声をもとに、その問題の原因や解決方法を一緒に考えていくのが「#デジタルマーケの現場課題」シリーズです。

課題

今回の課題は上位表示できるキーワードを出しておいてと担当者がマーケティングの部長とか社長に命令されたとこういった場合にどのように動いていくのかとねこういった課題について考えていきたいと思います

この SEO 上位表示できるキーワードというのがですねまああのキーワードを出すことで SEO の校庭から言うと記事制作を始められるわけなんですけれどもこのキーワード出していうのが実はすごくのプロの技術がいることなんですね。
ライティングよりも難しいと逆に言うとこのキーワード出しを安易にやってしまうとそれ以降の工程というのも無駄になってしまいやすいんですね。
文章は変えられますけれどもキーワード選定自体は最初に決めた通りにしか動けないので後から変更が利かないとこのためキーワード出しというの実は会いに行ってしまうとライティングそのものを無駄にしてしまうという可能性もあります。

慎重に行きたいところだと言えます。

ただ SEO のキーワード等の重要性がわかってないでなんとなくキーボード出しておいてと言われてそれに担当者が答えてしまうとですね結果的にはどんな選定基準でキーワードを選んだのかとか後からキーワードを変更したいもしくは追加したいといった場合に決め方がわからないとそのため各にかけないといったケースになってしまいます。

キーワード出しをするにあたっての思考回路選考基準というのを持っておかないといけないという風になります。

キーワードだしができない原因

キーワード出しの重要性がわかっていないことが原因です。

キーワード出しを安易に行ってしまう原因として重要なのが前水温対してキーワード出しの重要性をわかってないもしくはキーワード出し自体の難しさをわかっていないというのが原因なんですね。

また会えよく歩き私の勘違いとしてキーワードツールというのがあるんですけれども半ばねあのま聞きかじった程度でキーワードツールを使ってしまった、もしくは代理店からなんとなく候補が送られてきてそれで何とか決めてしまうと良くないわけです。

ツールとか代理店から出されたキーワードをそのまま書いてしまうともしかしたらそのサイトのドメインレートで言うんですけれどもサイトの8レベルによっては全然書いても意味がないこともあるんですね。

またキーワード状は書いた方がいいけれども実際の問題として書けるのかというところを判断しないものキーボード選んでしまうとキーワード選んだけれどもかけないといった課題にもチョクメンするんですね。

そのためキーボード出しというのは自社のサイトの状況を客観的に判断した上で自社のライティングのリソースを確認しさらにその他のキーワードよりも優先すべき理由があってこそ初めて決められるということになります。

正しいというのは実は慣れないうちは何やってはいけないですしなれた人もしくはプロの目線を入れて選定基準というのを明確にしてから決めていく必要がある。

よくあるキーワード出しの勘違い

またプロに選んだからといって必ずしもそれが正解ではないというのもSEOのルールなんですよね。
というのも外部の枚数用のプロというのはなんとなく業界でのジャンル分けしていますそしてきょうこサイトでもなんとなくその業界のジャンルに対して競合サイト選定してキーワード出しているわけですね。

それとですねあの業界に対して理解が浅いもしくは実は特殊な業界だったりとか了解また来るような業種サービスである場合にキーワード選定字体のま前提が間違ってるとケースもあるんですよね。

例えばコンサル会社だったりとか教育会社だったりとかソフトウェアサービス。
っていうのはこれまでの既存のジャンルを横断してサービスを提供する場合があるんですけれどもそこに対して外部の SEO の関係者が経てばコンサル会社だからこういうのでいいだろうとかソフトウェア会社だからこういうのでいいだろうといった形で安易にカテゴライズしてしまうと SEO キーワード選定が間違えてしまう。

後で必要なのが担当者が本当にその記事 そのキーワード候補はどのようにして出されたのかというのは会社の一員として判断する必要があるんですね。

キーワード出しを進める解決策

キーワード選定の重要性を上層部含めて共通認識にしたうえで、慎重に選定する

プロの目線を入れて、KW選定に客観性を持たせよ!

注意点

選んでもらうだけではなく選んだ基準を聞かせてもらい、思考の順序までインストールする

スキルを身につける方法

キーワードの選定基準迷わずに選べるようになるためにはどうしたらいいか。

キーワード出しになれている外部の専門家の意見を聞きながら、どのような選定プロセスで決めれば良いのかを学ぶ必要がある。

スキルを身につける方法として必要なのが入っ会話のプロがどのようにして選んでるのかっていうのを聞いて自分なりにその思考回路をインストールしていくこと。

ということが必要になりますと当然初回ねですよー会社とかにキーワード出しを依頼してまレポートで出てきてじゃこの際どいですよと言われるんですけれども何でそんなキーワードがいいのかとかこれをの判断の基準になっている数値というのはどのようにしてはじき出されたのかというのか食らいついて聞いてる人がある。

当然あのまプロが使ってるの有料ツールを使えば一応自分でもできなくはないんですよねだいぶ大変ですけどもその思考回路を身につけてどのような外部ツールを使ってやっていくのかというのを暗いついて身につけていく。

これが担当者に必要なスタンスかなという風に思います。

フィードバックをもらう環境も必要

ただ、実際には一回聞いただけでは難しいため、何度か実践でトレーニングしつつ、フィードバックをもらう環境も必要。

こういった私のキーワードなんですけど実際は S 様のプロというのはこれまで選んで書いた上でその記事が表示されるという実感を持ってですよ騎乗馬選べるわけなんです。

担当者の場合は選んだ選ぶことはできるけれどもその選んだ記事がどのようにして完成されて表示されていくのかという経験を積んだことがないわけですよね。これにはアマチュアと言うかね未経験者とプロの大きな差があるわけです。

この場合にはもう一度寝プロの目線で長期的なスパンつまりキーワード出しだけではなくて今後その記事がどのように成長していってどのような恩恵をもたらしてくれるのかというストーリーを含めてフィードバックないしは A Teaching を受ける必要があるかなという風に思います。

無料e-bookプレゼント!

無料Eブック「最高のマーケティング部署を作る方法」プレゼント!

ダウンロードする

関連記事一覧