製品が変わり、SEO記事が無駄になった・・・ #デジタルマーケの現場課題

#デジタルマーケの現場課題, SEO

デジタルマーケティングの現場で生じるさまざまな課題。
現場の実際の声をもとに、その問題の原因や解決方法を一緒に考えていくのが「#デジタルマーケの現場課題」シリーズです。

課題

課題

製品が変わり、SEO記事が無駄になった・・・

コメント

SEOは長期スパンで取り組むのですが、ベンチャー企業と相性が悪い面があります。それが、商品自体が変わってしまうと、長期で取り組んでいたSEOが中途半端で終わってしまうこと。特にコンサルティングやスクーリングなど、無形商材を扱う場合には、扱う商品のジャンルが変わることでSEO記事が無意味になります。

放置しておくと

書いた記事が無駄になることが常態化すると、書いた側としても労力が報われませんし、なによりSEOの目的である長期的なコンテンツ資産化ができません。会社に、コンテンツを長期でつくって流入を確保していくこと自体のノウハウがたまらなくなるため、防ぎたいものです。

原因

原因

事業が変化しても通底する、会社の大テーマを抑えておく必要があります。

勘違い

製品と直接関係がある記事だけを掲載すべき

解決策

解決のヒント

製品に直接関係なくても会社全体のテーマに関係するならOKという発想もあり

ポイント

近いジャンルのSEOを進めておけ

注意点

既存の記事も、製品がでたら全て確認して文言や誘導の微調整をすること

ステップアップ

学び方

多少、製品がかわっても、会社全体に通底するテーマを見つけてあらかじめSEOコンテンツを仕込んでおく。仮説立証とその実行経験を積んでおくこと

改善課題

ただここで難しいのが、

無料e-bookプレゼント!

無料Eブック「最高のマーケティング部署を作る方法」プレゼント!

ダウンロードする

関連記事一覧