SEO記事の執筆が終わらない・・・ #デジタルマーケの現場課題

#デジタルマーケの現場課題, SEO

デジタルマーケティングの現場で生じるさまざまな課題。 現場の実際の声をもとに、その問題の原因や解決方法を一緒に考えていくのが「#デジタルマーケの現場課題」シリーズです。

課題

課題

SEO記事の執筆が終わらない・・・
今回のテーマは SEO 記事の執筆が終わらないという課題です。
実際には主要記事というのはライターに外注するが一般的なんですけれども、マーケティングの現場では担当者が最後仕上げとしてライティングを担当するというのも珍しくありません。
ライターから来た原稿を最後入稿するときに直すと言ったかたちですね。

こういった場合には生地に直すだけだしすぐ終わるだろうと思って安請け合いしてしまうと意外にも時間がかかってしまう。また、社内承認もなかなかおりない。SEO記事の執筆や入稿が終わらないといったケースもあります。

もしくは別のケース。ライターに外注することを決められ、認められずに自分で書かなくてはいけない。もしくは、若手社員だから勉強のために書いてみろといった形でえ社員自らが書かなければいけないケースというのもあります。

こうしたSEO記事の執筆について以外にも時間がかかってしまう原因とその解決方法について見ていきたいと思います。

コメント

SEOというと単に記事を書けばあがるだろうと思ってしまいがちです。ところが、通常のライティングと比べてSEOライティングはちょっとした癖があり、たとえその業界に長くいて詳しくても書けないことがあります。独特の書きにくさに慣れずに変に時間がかかることもしばしば。

まあのSEOと言うとですね単にブログ記事を書けばいいんだろうという甘い考えがあるとどうしてもねあの安請け合いしてしまいがちなんですよ。「空き時間に書いておきますよ」といった形ですね。

ところが、通常のライティングと比べ、SEOライティングというちょっとした癖があるんですね。
その業界に詳しいとか、日頃からお客さんに対していろんな説明をしてるから文章も楽だろうと思ってしまうんです。

しかし実は、詳しいこととSEOライティングが得意なこととは別なんですよね。

SEO ライティングの独特の書きにくさというのがありましてそれ慣れないうちはどうしても時間がかかってしまうということも珍しくありません

放置しておくと

しかし、書けないなと思ってだらだらしておくと徐々にも他の仕事も溜まっていきますし生地もね1日でも早く up した方がいいわけですから出来る限りですよ記事はスムーズに書いてアップしたいととなるとできるだけ早くライティングを進める方法というのを身につけて実践したいということになりますと

原因

原因

SEOライティングを安請け合いしてしまったことが原因ですが、一度やるといったからにはやらなくてはいけません。
でまずなぜこの SEO ライティングおま社員がねプロのライターではない社員が担当することになって結果的に時間かかっているのかとこれで読みていくと

一つ目があのその日は SEO ライティングというものの特殊性を双方が認識していなかったと上司も担当者も認識していなかったともし認識していたら時間かかるとこだ分かっていたので何かしら対応さんが取れたはずなんですけれどもまなめていたということですよねでも一つが業務の中で執筆に集中できる時間をなかなか取れていないというのも原因だと思うんですよね

やっぱりあのマーケティングの担当者というのは日頃からねえ SEO 以外にも広告とか SNS とか再度分析とかいろんな仕事があるわけでその中で集中して文章を書くという時間を確保するのはなかなか難しいと思うんですよね

また文章ができたとしてもそれをすぐアップできるわけじゃなくて車内チェックとか入稿した後にデザインとかも含めて意外と OK が出るまでに時間がかかるんですねこうした SEO ライティングに時間がかかる理由というのはいくつも様子があるわけですよ

これはもう1回やったからこそわかるわけで次回からはこんなにね簡単に書けると思わないでおこうといった形で反省をしなくてはいけないとますのためにもう1回書いてみるのは必要な経験かなとも思いますね

ただ何度も自分で書きますと言って時間をかけてね他の行求めてやることではなくて実際にワイス用ライティングというのは上手にプロのフリーライターもしくは SEO ディレクターというの活用して進めていくものだということを認識して下さい

勘違い

このテーマに詳しいから自分でささっと書いてしまおうという油断。また、いきなり自分で書きはじめるという進め方。いずれも勘違いです。

一方でえっと全部外注だと費用がかかりすぎてしまうので担当者としてどこを塗ればスピードもコストも担保できるのかとこの LINE を見極めたうえで自分が担当する範囲固定を把握することが大事だという風に思います

解決策

解決のヒント

じゃあその SEO ライティングの工程の中でどこを重視すれば良かったのかとどこを外注すればよかったかなこれを知っておく必要があると思うんですよね。

工程を簡単に言うと SEO ライティングというのは最初にキーワードを決めるんですねこのキーワードを決めるためには当然今のそのキーワード対してどんなサイトが出てくるのか分析しなくてはいけませんのでまたそのサイトがどれくらいの評価を受けているのかとどれぐらい強いのかと強いサイトに強いキーワード挑むと勝てませんね。

SEOのパワーバランスのがあるんですけれどもこれらを分析した上で書きたくて勝てそうなテーマを選んで執筆していく。これが一つ目になりますので二つ目がそのキーワードに対して光線を考えていくエクセルでこういうの作るんですけれどもその光線を作っていく際にどんな見出しをどれぐらい入れて全体でどれぐらいの分量にするのかと何を参考記事にして何が書いてはいけないのかとこうした作りというのも大事な工程になります。

着いて辛いって言うで構成を見ながらバランスよく書いていくこれは地道な作業なので根気もいりますしどっちかと言うと出費が集中できる環境の形の方が向いていると言えるでしょうと。

四つ目が原稿のチェック読んでみて変な所ってのがあったら直すべきですし記事を書いた上で自社の商品サービスに誘導することも必要ですからその誘導の文言も適切かどうかを考えるとそして一爪がそれをサイトに入港するとサイト入港すると執筆した時とまた絵文字のサイズと紙だしの大きさとか色と関わりますから印象がだいぶ変わる訳するとその印象に合わせて最後に調整していくと言ったことになりました

そして後悔したら最後前Google のクローラーがインデックス依頼をするんですけれどもインデックス依頼をしてまあ検索にヒットするようにする。

そして7つ目のステップは半年以上後になるんですけれどもその記事が無事にインデックスされて自分のサイトにどれくらいのお客さんを連れてきているのかというのを定期的に観測して行く。

これら7つのステップがSEOというわけですよ。

ポイント

ただこの真夏の中でいくつかは外注したほうがはるかに早く進んのポイントってもあるわけですよねこれは会社のリソースと自分が稼働状況を見ながら床を外注するのかじゃあその外注するときには誰に外注したらいいのかどうやって解除すればいいのかというのも一つ一つ身につけていく必要があります。

注意点

SEO記事制作においては、骨子など、担当者がやったほうがベターな工程もある
この場合小夏の中でどこを担当者が把握するべきなのかと床は外注してしまって問題ないのかとねこれら全部を外注すると車内の方が残りませんから全部がいつするのはお勧めしません。

ステップアップ

学び方

一度自分でやってみて、どこを外注してどこを自分でおこなえばもっとも効率がいいか、そのラインを探る。ライターにもどうすればスムーズに執筆が進むか、意見を聞く。

改善課題

ただ実際にはマネやったこともないのでどれを外注すればいいのかわからないというケースもあると思うんですよねその場合は SEO 制作会社ではなくてもう少し会社の立場になって話してくれる SEO ディレクターとかまあ出たらマーケティング全体のコンサルタントに工程を分解した結果はどこを会社で良いハウスでやるべきなのかというの意見をもらうということも大事になってくると思います

無料e-bookプレゼント!

無料Eブック「最高のマーケティング部署を作る方法」プレゼント!

ダウンロードする

関連記事一覧