SEO記事、これ似てるな・・・ #デジタルマーケの現場課題

#デジタルマーケの現場課題, SEO

デジタルマーケティングの現場で生じるさまざまな課題。 現場の実際の声をもとに、その問題の原因や解決方法を一緒に考えていくのが「#デジタルマーケの現場課題」シリーズです。

今回のテーマはライターから上がってきた SEO 記事がどうしてもこの他社の記事と似ているんじゃないかとこれをそのまま入稿してしまって大丈夫なんだろうかとこんな風に心配をしている担当者に向けてえーその悩みをズバリ解決するようなヒントをお伝えしていきたいと思います

課題

課題

SEO記事、これ似てるな・・・
最初に課題としてよくあるケースが据え置き塩ライターに外注していては参考記事としていろんなサイトを与えてで書いてもらったとで実際に来た原稿がどうやらあの参考記事をそのまま真似したんじゃないかというように言い回しが似ていたりとか構成が似ているといった形なんですね。

というのは基本的に双方で執筆の前に構成案を作っこの構成で問題ないということってから執筆を始めるんですけれども、その構成を作る時に3個消しの入れるんですね。
参考記事が書いてあったからといってライターがそれをそのまま真似してしまうという可能性もないと言えば嘘になるんです。

ライターねもちろんコピペの内容にしますとかオリジナリティを出しますとか言うんですけれども、本当にそうやって書いたのかは担当者側からは確認できない。
こうした場合にどうやってチェックするのかとまたどこを強要 LINE にするのか。
これが担当者の判断に迫られるところがあります。

判断した結果どうしても煮てるから書き直したりといった場合はライターに戻さなくてはいけませんし逆にこれは問題ないだろうと判断できたのであれば原稿を査収する必要がありますから担当者講師た Ok LINE というのを持っておく必要があると言えます。

コメント

SEOというのはある程度正解があるため、上位表示を狙おうとするとどうしても似てくることがあります。 これはライターをかえても同様ですから、仕方のないこと。ただし、初見で「似てるな」と思ったらその感触=違和感は大事にしたほうがいいかも。

Google が今ベストとしている記事というのをなんとなく過程しましてそこに対して自社の持っているテーマの中でその成果に近づけるものを選んだその上で今同じキーワードで上位表示されているサイトに負けないように書いていくとこれがますよライティングということになるんですねつまりSEOのある程度正解があるわけです。
上位表示を狙おうとするとどうしても構成とか見出しの言い方というのは似てくるという面は否めませんとこれはある程度 SEO ライティングをやるとどのライターも一緒になるんですね。

ライターとしてレベルが上がったからオリジナリティがある記事を書けるわけじゃなくてむしろ逆ですよライターの場合はライターとしてくれを積めば積むほど前にてきますとそれぐらい SEO ライティングというのはルールが明確なんです。

そのぶんオリジナリティがないわけですから、いわゆる SEO ライティングっぽい記事というのができてきます。

私担当者も慣れてないとこれどっかで見たような記事だなと思ってしまうのも仕方がないことかなという風に思いますと SEOに慣れてくるとあんま気にならなくなるんですけれどもただ初見で似てるなあと思ったらその感触とか違和感というのはやっぱ大事にしたほうがいいですしその違和感とか完食を払拭するためにも担当者が持っておくべき判断のラインというのは確保しておかなきゃいけないという風に思います。

放置しておくと

ライターがパクリをしていないなら問題ありませんが、他社から指摘されたときに担当者がうまく答えられない事態は避けたいところです。「大丈夫だ、問題ない」という確信のもと、記事をアップ公開できるような状態にしたほうが気持ちよく仕事ができます。

記事を迷いなくアップして公開できるような状態にするために担当者が毅然としたラインを持っておくということが必要です。

じゃあこうした 全員に入っていくんですけれどもこのSEO記事として言ってることが許容される LINE っていうのがあるわけですよもしくはこれ超えたらだめだよねって LINE っていうのがあるわけです。

原因

原因

SEO記事として、似ていることが許容される範囲と、許容されないラインの区別がないことが原因です。

勘違い

記事は構成もタイトルも文章も、オリジナリティがなければいけない
よくあるSEOの勘違いとして記事はそのタイトルも縫製も全てオリジナリティがなければいけないと考えてる人もいるかもしれませんとま ねあのパクリをやめようと言うからもちろん大事ですしそういった権利意識というのはもちろん大事なんですけれども一方で SEO という一つの競技においてはこうした強いこだわりというのが必ずしもうまくいかないケースもあるんですね SEO というルールにおいてはある程度似てくるのはしょうがないと強要することも大事ですか

もしくは担当者がある程度 SEO の正解に近いもしくは他者にちょっと似てるけれどもしかしパクったわけではない記事をアップした時にそれが結果的には大丈夫だったという経験ですよねこれはあげても大丈夫だったんだなっていう経験をしてないからこそ不安なわけですよ。

徐々に元の LINE というのは分かってくるんですけれどもこりゃやっぱりあの大丈夫だったっていう経験がないと難しいですよねこれがこうした経験がない事が一つ原因なのかもしれないなという風に思うんですよではこうした では腰たまに行ってるかもしれない記事の対処法について担当者がどのようなスキルを身につけておけばいいのか。

解決策

解決のヒント

コンテンツSEO記事において、オリジナリティが必要な箇所と、求められない箇所を区別しよう

ポイント

構成は似ていても問題ない。言い回しは変える
ポイントとしてはコンテンツ SEO の記事においてはオリジナリティが必要な箇所とそうではない箇所を明確に区別しましょうよということなんですよ。

例えばタイトルは他の記事と全く同じだったら駄目だわけですよねあと例えばそうですね使ってる画像とかも明らかに行こう同じだったらやっぱりパクったんだろうなと思われますよね。

もしくは例えば導入とかまとめとかこういったブログの作法として必要なアイテム部分は出来る限り変えたいとこれらが真にてはいけない部分といえますよね。

一方で、似ていい部分ってのもあるわけですよねブログだと思市に見出しとか、H3見出しとかで見たし終わっていくんですけれども大見出し中見出しと言われる所は捨て場テーマがあったとして、デジタルマーケティングの方法とかデジタルマーケティングの理論みたいなま一般的な用語を入れるわけですよ。

するとこのページに見出しというのは誰が書いてもだいたいこういったの何とかの方法とかなんとかの理由を見たいな真央歳の文言に落ち着くわけですよねこれは似ててもいいわけです H 2見出しの何とかの方法とかなんとかの理由って何ててもいいというのがひとつ LINE としてあるかなと同様に H 2見出しが決まったのであればそれをさらに細かく分解した H 3見出しもある程度にてくるところはしょうがないですよね。

例えばCRMでおすすめの業者という見出しがあったとしてこれは別に入れてもいいわけですけども業者を並べるときに例えばじゃあセールスフォースとかもあるけどとか出てくる時はねこれが H 3見出しで出てくる時は別にこれに言ってもしょうがないわけですまだいては誰が考えても CRM って言えば業者が出てくるわけですからこれも良いでしょうとどんな業者かっていうところも説明文ももホームページから見るでしょうからこれもあると似て来てもしょうがないといった形でこれらが似ていても仕方がない部分ですね当然他社のサイトをそのまま見て書いたんじゃなくてあくまでその情報源を元を辿って書きましたよっという証拠があれば大丈夫です

これらがまあ LINE としてあるかなと思います

注意点

言い回しが似ている場合は修正する。
ただあの注意点として内容は同じだけれども言い回しを変えなきゃいけませんよということがあります例えば何とかがお勧めですとかいう文言があった場合は何とかの方が望ましいですと言った形で明らかにあの同じ意味だけれどもいいましょう変えても問題がない場合は変えた方がいいかなという風に思います

これやライターが意識して書くことなんですけれども今かかってるのであればそれほど問題はないかなという LINE がいいよ LINE かなと思います。

ステップアップ

学び方

まただこうした SEO ライティングの OK LINE NG ラインというのはやっぱり実地で学ぶところもありますとこれらの企業ごとにねあの競合他社ってのは変わってきますし競合他社がどれくらいと下の記事を見てるかというの変わってくるわけです。

例えばデジタルマーケティングの業界だともうこれは似て来てもしょうがないのであんまり言われないわけですよ文字をパクったりしないですけれどもやっぱどうして アン真理子コンテンツイエス様が住んでない了解ですとあの調べたらね当然上位記事というのが目に付くわけですから他社からチェックされる可能性も増えてくるとこの場合に自分のね生地がどれぐらい来たしたから疑いの目を向けられるのかっていうのは実地で学んでいくしかないかなという風に思います

結果的には大丈夫でしょうと担当者が判定をしてアップしてね無事にもアイス用インデックスが進んでも何事もなかったなと特に他社から何も言われなかったなということを何回かツムとああの LINE なら大丈夫なんだなというのが徐々にわかってきますし、また進め方としてもどこを確認すればアップして Ok なのかという LINE が分かってきますとパクろうとして行ったわけではなくて結果的に入っているかもしれないが大丈夫だろうかという不安を払拭するためにはこうした大丈夫だった経験というのを積んでいきましょうというのが答えです

改善課題

ただここで難しいのが、
ただ当然SEO記事というのは費用がかかることです施工したえーアップしても大丈夫だった経験というの何度もね短期間で住めるわけではないんですよ実際には SEO 記事を初めてやる時には例えば S 4 Pro とか経験者とかに原稿を見てもらってこの他者のこのサイトと似てる気がするんですけど大丈夫でしょうかって判断を仰ぐことも大事かなという風に思います

無料e-bookプレゼント!

無料Eブック「最高のマーケティング部署を作る方法」プレゼント!

ダウンロードする

関連記事一覧