SEO記事、高くない? #デジタルマーケの現場課題

#デジタルマーケの現場課題, SEO

デジタルマーケティングの現場で生じるさまざまな課題。 現場の実際の声をもとに、その問題の原因や解決方法を一緒に考えていくのが「#デジタルマーケの現場課題」シリーズです。

今回のテーマは、SEO記事の制作費用。 SEO記事を外注することは一般的なのですが、これを制作会社に依頼しようとすると、思ったより高額な見積もりがきます。

私もこれまで数々のSEO記事を制作してきたのですが、プロの知見やライターの手配などでコストがかかるため、費用も妥当な面もあるのですが、SEO記事がどういうものか認識がずれていると高額に感じることもしばしば。 そこで今回は、SEO記事の費用についての考え方、捉え方について解説します。

SEO記事を外注することは一般的なのですがこれを制作会社に依頼しようとすると思ったより高額な費用がかかるんですね私もこれまで数々 SEO 記事を外注してきたんですけれどもやっぱりこうライターの依頼仕様だったりとか骨子作成の費用だったりとかあとをまとめて発注するのでそういった事務手数料とかねそういったのも含めると結構費用ってかかるんですよね。

またの一本だけっていうのなかなかなくて実際には5本10本まとめてとかも遠いと23って言って無料でくれるのでトータルの金額が500万円とか150万円になるのが普通なんですよねただこれ制作費用として考えるとやっぱり高額なのでじゃあ何として考える勝手について考えていきたいと思います。

SEO費用が高額に感じる

まず費用の相場なんですけれども一日あたり4万円から6万円っていうのはそばなんですねこれは一般的に家の SEO で大事なキーワードの選定から執筆の前に Excel でも大まかな構成を作るんですけれども構成案を作ってそれをそこで確認してからライティングを進めるとこの校正起こしてと言うんですけれどもこの香辛作成も費用が入ってくるとで腰を見ながらライティングをして行くと。

ライターは基本的にはの害虫で行うのが一般的ですからそうした外注費用というのも買ってきますとそのできた原稿チェックしてさらにあの入庫まで行ってくれるところもありますからこれらを含めて大体も4万円から6万円といったイメージになりますと。

ただこれ一本まとめて一本だけ単体でやるとよなかなかなくて実際には5本とか10本とかもしくは1年間で100本とかねそういったのまとめて発注というのが多いんですね。

すると、初年度20本で単価5万円で合計100万円ですという請求が普通に来るとねこれ初めてだとなかなか高額に感じるとそのためなかなか決心ができないというのが課題だと思います。

単年のマーケティング予算では計算があわない

ただこの SEO というのが単発で一本だけというのがなかなかなくて実際にはこうした数字前単位で依頼するのが普通なのでまやるならこの高額な費用をもとに予算を立てていくのが必要ということになります この場合企業によっては丹念のマーケティング予算をはるかにオーバーしてしまうということが起きてくるんですね。

SEO記事というのは2年後3年後に聞いてくるのでできれば3年分の予算として計上したいすると3年文の予算がね治ると思うんですけれどもなかなかこの3年度の予算お金使わせてくれっていうのが言いにくいというケースもあると思うんです。

そのため、記事の見積もりを見てなかなか53が出せないというのが現場の課題だと思います。

やらないと時間を損することになる!

ただこれ成果が出るまで2年後3年後かかるということはそれだけあの早めに始めた方がいいということも意味しているんですね成果が出るまでに1日でも早くスタートすれば当然成果が出るのも1日早くなるわけですから迷っている時間ももったいないと2ヶ月迷っていたら咳が出るのにヶ月遅くなるということは迷ってる時間ももったいないとやるなら早めにやったほうがいいしやらないならスパッと諦めた方がいいということになります。

予算で引っかかっていつまでも手がつけられないということになると結果的に時間を損するということになりますなので後から時間というのは買えませんからもしやるのであれば時間を買うという意味でも早めに決断した方がいいかなという風に思います。

SEO費用が高額に感じる理由

高額に感じるのは制作費だと思っているから?

こうした SEO 費用の捉え方なんですけれども実際に降格に感じるのはやっぱ捉え方の問題だと思うんですよね単純にえ20生地作るだけで100万円もかかるのというのが率直な感想だと思うんですよ文章なら誰でも描けそうな気がするしたかたかえ会社のサイトのブログコーナーに乗せるだけでしょそれが20本で100万円もするのかとなんなら高社員で書かせた方がいいんじゃないかというふうに思うかもしれませんけれども

SEO の技術でのがあってなかなかの文章書くだけというものじゃないんですねプロの技術プロのリサーチ力というのをふんだんに盛り込まれたうえで原稿ができてくるというところで単純に執筆費用だと思わない方がいいです。

また また SEO がうまくいくと当然自然検索から流入があるわけですからあまり広告費がかからなくなるわけです結果的に未来の広告費を今代用しているという考え方に基づくならば制作費用としてではなくてマーケティング費用広告費用として捉えるといった考え方が大事になってきます。

その考え方に基づいて社内の予算承認の際にも社内を説得していく必要があると思います。

SEO費用の捉え方の勘違い

ここで確認したいのが、SEO費用の捉え方です。 「ライティング費用」としてとらえているのであれば、それは間違いかもしれません。

SEO記事の制作コストの考え方

新規顧客獲得施策としてとらえる

さてこうした SEO 費用の捉え方というのはなかなかの初めてですよ記事を外部に頼む場合になれない考え方だと思うんですよねこのライティング費用としてではなくてマーケティング費用将来の広告票の代用として捉えるという考え方が大事ですまた結果的に SEO というのは1回やって終わりではないですねやっぱりあの1回やって次のキーワードも選んでとなると実はあの結構何度もやり直したりするんですよねただそのたびにイニシャルコストで迷っているとスピードが遅くなってしまいますとやるのであれば早く行っていくとそのために必要なのが予算の捉え方そしてやるという決断力ですねこれらが S 4とって必要になってきます

解決策

SEO記事の制作コストについては、イニシャルコストが高いことを社内で合意をとることが必須。 SEOコンテンツが徐々に評価されて検索順位があがっていくプロセスを体感することが大事になるでしょう。

ただここで難しいのが、とただ実際にはま記事を書いたところで本当に検索順位上がるのかという経験がないわけですからこれを決断しろというのもなかなか酷な話かもしれません実際には SEO のプロとか経験者にはこれまでね記事を書いて上位に上がった経験を持ってる人っていうのがいるわけでそした方々に自社のジャンルについて意見を伺いして成功するイメージというのを持っておかないと決断難しいかなと思うんですね本当に書いて大丈夫でしょうかということですねそのために S 様の経験 プロの意見を聞いて上で決断をするというのも必要になってくるかなと思います

無料e-bookプレゼント!

無料Eブック「最高のマーケティング部署を作る方法」プレゼント!

ダウンロードする

関連記事一覧