そもそもSEOが何なのかわかっていない・・・ #デジタルマーケの現場課題

#デジタルマーケの現場課題, SEO

デジタルマーケティングの現場で生じるさまざまな課題。
現場の実際の声をもとに、その問題の原因や解決方法を一緒に考えていくのが「#デジタルマーケの現場課題」シリーズです。

課題

課題

実は SEO の意味自体がよく分かっていないというケースについてお伝えしていきますと

担当者になってSEO記事を作ろうと会社広告をやろうと行った時に実は SEO だけは独特な面があります。

と例えば広告は広告を出すことですしサイト改善サイトを作って流れをスムーズにすることだと思うんですよ。

所得水曜だけは実はあの目に見えないんですね。

そして調べようとしもなかなか正しい情報にたどり着けない。

とある人が言ってることがある人が言ってることが違うといったケースも多くある。なんだか混乱してしまう。

SEO 業者はよくわからないレポート出してくるしどうやって記事にする企業が決まっているのかも実は分かっていない。

これ、SEO最大の課題です。

コメント

SEOについて意味を調べると検索エンジン最適化などと出てきますが、おそらくそういう辞書としての意味合いを知りたいわけではないと思います。

SEOの歴史は20年前後しかありませんが、実は数年ごとにルールが変わっているため、どの時代にSEOを知ったかで少し意味がちがっていたりします。

とくに2010年ごろまでのブラックハットが横行していた時期に学んでいると、いまのSEOと大きく乖離することも。

ただこの意味を知らないまま業務が開始してしまうと日頃から SEO ディレクターとか代理店がどのような判断基準で記事を制作しているのかがわからないまま判断だけを迫られるといったケースが起きてきますと

放置しておくと

放置しておくと、ずっとSEOの意味がわからないままキーワードを調査し、ライティングを進めていくことになります。また代理店やライターとのやりとりにおいても、いつまでも知ったかぶりをして進めていくと必ず行き詰まる瞬間があります。

特にキーワード選定や記事のリライトの際に、SEOの知識がないと決断ができません。

デジタルマーケティング担当者として、最低限のSEO知識は必須です。

SEOがよくわからない原因

原因

SEOがそもそも推測からできた俗説の集合体であることを理解しましょう。

この SEO なんですけれども基本的には歴史としては20年もないわけですよ。
ただこの20年そこらの間にSEOのルールというのは実はころころと変わっているんですね。
そのため実は SEO について行っている人の中でもSEOについてわかってる人に中でも実は間違ってる人もいる。

なぜならそれはルールが変わったことを知らないからなんですね。

どの時代にSEOを知ったかで水曜の意味合いとか印象とかって実は変わってるケースもあります。マーケティング部長や社長が「SEO、わかるよ!」と言ってても実は昔の意味でのSEOだったりするわけです。

特に2010年頃には今となっては違法と言われるブラックハットという手法が通用業界席巻していた時期がありました。
その頃にSEOを学んでしまうと全く全体が違うわけです。議論できないと言ったことにもなってきます。

SEOは今のSEOというのがありましてそのルールに合わせて戦略を考えていく必要があります。
当然認識を揃えておく必要があります。
担当者も最新の SEO の基本的な考え方を学んでおく必要があると思います。

じゃあこの基本的な最新のSEOの考え方ってどこで学べるか。
別に Google の学校があるわけではありません。

簡単に言えば Google が決めているけれどもその明確な基準をはっきり教えてくれるわけではないということなんですね。Google のウェブマスターブログに一応SEO のルールというのあるんですけれども、これだけ見ればわかるものではないです。

それよりは、考え方を身につけたほうがよいです。

SEOを至極簡単に言えば Google がどのサイトのどのページを高評価して上の順位に検索表示させるかのルールです。そのルールを推測してその推測に基づいてコンテンツを作っていくことをSEOと言う。
そのため推測のバトルと言えるんですね推測のバトルですから当然推測の手法は人によって考え方が違うわけですし多くの人がおそらく正しいと思い込んでいることが間違っているかもしれないという可能性もあるわけです。

これがSEOの面白さなんですねつまりみんなが推測に基づいて動いているという世界なんですよ。

すると、SEO会社とかSEOライターとかってその推測だけで仕事やってるのかと思われるかもしれませんが実際そうなんですね。

日頃からたくさんのサイトを見ておそらくこのルールがSEOだろうと推測をした結果動いて、結果的にそれが成功している。
となると推測がおそらく正しいんだろうという思い込みの元、次も同じようにその推測を当てはめて進めていく。

この繰り返しです。

すると徐々にSEOをやってる人に中ではま推測ではあるがおそらく正しいだろうという確信のような自信が生まれてくるんですね。

これがSEO業者がよくわからない理由でもあります。

外の人から見るとそれは何を根拠に言ってるんだと思われるかもしれませんが実際と経験を根拠に言っていますうまく推測できた経験ですね

そのためSEO業者によっては言うことが違うこともありますがそれはその人たちの中では正しいので間違っていると証明することはできないですね本当に正しいSEOのルールを知ってるのはGoogleの社員だけです。

それ以外全て推測の域を出ないということを肝に銘じてください。

勘違いの例

勘違いされていた具体例を挙げます。

たとえば記事の中の太字マークアップの際にはBタグで挟んだりストロングタグで挟んだりするんです。

私がSEOの世界に入った2015年頃はこの Strong タグをできるだけ目立たせたいキーワードに使うことでSEOの評価が上がると習ったんですね。
私も本当かなと思ってそういう風に有効してたんです。けれども最近ではこうした強調文字というのは SEO 上はそれほど関係がないと言われ始めました。

これらも全部推測ではあるんです。けれどもただ実際のところ H 2 h 3見出しに比べて太の有無というのはそれほど関係ないだろうというのが私なりにも実感としてあります。とそのため記事の中で太字を入れていくかべきかという意味では別に入れなくてもいいっすよ場は変わりらない。これが見解になるわけです。
見やすさの面で入れたほうがいいというのはあるんですかSEO上は関係ない、という言い方になるんですね。

解決策

解決のヒント

知ったかぶりをやめる

とはいってもあなたが usu は推測でしょうと言ったところで記事制作が進まないわけですから実際にはより確からしい推測してそうな人からアドバイスをしてそのルールを学んでいくという推測の推測という2段階の推測になってくるわけです。
現場の担当者がSEOを理解できない理由はここにあると思います

担当者が会社の中では使えるサイトの数はひとつ、ふたつ程度しかありません。同時期に何十サイトも同時並行でSEO製作をやっているプロのSEOディレクターには当然かなわないわけです

分からない状態で仕事を進めようとすると当然そのSEOのプロ達から色々な説明を受けるわけです。
知識量としてそもそも共通の土台がないわけですから、分からないのが当然。
無理に分かったする分かったふりをする必要は全くないわけです。

だから知ったかぶりするのではなく、分からない場合は質問する。
率直に「それはどういう SEO のルールに基づいていますか」と質問すればいいわけですね。

ちゃんとしたSEO会社であれば、あくまで推測ではあるんですけれども、かなり確度の高そうな推測として理由を述べてくれる。
「なるほどそういう基準で選んでいるんですね」とか「そういうルールを元にして記事を作っていくんですね」という基準がわかることで、自分なりに納得できます。
結果、仕事を気持ちよく進めることができるということになります。

SEOの2つの側面

SEO を分けていくと個別のページに対してどんな設定をしたらいいのかという部分と他のページとの関係でどんな関係にあればいいのかと言うと二つの面があるわけです。
何も推測で拘束されていますから推測と舌が絡み合ってよくわからない空間を作り出している。

担当者レベルではこうした 域を出ないもののある程度信頼できる筋からの仮説をもとに意思決定をしていく必要があります。

ステップアップ

学び方

ただ、いくら推測とはいえ、ただ共通で知っておきたい大原則というのは大まかにあるんですね。

Google というのは検索エンジン会社ですから当然検索結果はできるだけ良いものにしたいそのためには膨大なサイトどのように機械に判定させれば良いのかという基準を作る必要があるわけです。

そのよい基準というのはどうやって作られているのか。
これを様々な情報から自分なりに推測すると大まかに水曜の大原則というのは分かってくるはずなんですね。

そしてそれを仮説として持った時に実際のサイトで上位に表示されているものはそれらのルールを満たしているかというのを照らし合わせながら確かめていくとこの訓練が SEO 感覚を養う一つの条件かなという風に思います。

こうした大原則は一度も12時間ほど SEO 業者内緒 S 様のセミナーなどに行くことで身につけることができます。

または水曜に詳しい人間から個別で聞いてもいいかもしれませんあくまで推測の域を出ないけれどもできるだけ確度の高い情報を元に自分なりにも考えて動いて試してみるこれが SEO を理解する近道だということが言えるでしょう。

無料e-bookプレゼント!

無料Eブック「最高のマーケティング部署を作る方法」プレゼント!

ダウンロードする

関連記事一覧