SEO記事の入稿とマークアップがおわらない #デジタルマーケの現場課題

#デジタルマーケの現場課題, SEO

デジタルマーケティングの現場で生じるさまざまな課題。
現場の実際の声をもとに、その問題の原因や解決方法を一緒に考えていくのが「#デジタルマーケの現場課題」シリーズです。

SEO 記事のマークアップが終わらないというケースですねマークアップということについてお話をしていきたいと思います

課題

課題

この SEO ライティングの原稿が上がってくるとですね最初に行うのが現行のチェックなんですよね見出しに従って書かれているかまたえ誤字脱字はないかとか変な言い回しはないかというのをチェックするわけです。
そしてチェックが終わったらサイトに入稿をします。

入稿とは

入稿とは、ワードからワードプレスに入れることを指します。ワードプレス以外のCMSを使ってる場合も同様です。

入稿したものは基本的にサイト上でね閲覧することができますし、限定公開状態で閲覧すれば実際の公開時の状態と同じ文字の大きさで見ることができます。

これが入稿なんですけれども受け取った原稿をそのままコピー&ペーストすれば良いかと言うとそうではありません。

入稿してみてワードの時と印象が変わってくるということが起きてくるんですねではどん時計読みやすいように関したけれどもサイト現物に入れてみるとちょっと文字が小さいなとかちょっと文章が長いなとかもう少し一行理由を入れた方がいいなといった形で見え方が変わってくるわけですよそれとサイト入庫してからちょっと編集をしたりちょっと書き直したりといったことが起きてくるんですね

この入稿作業を行うのは担当者ですから当然自分なりにサイト見やすく整える基準とかその指定の方法というの知っておかなければいけないと基本的には H 2見出し13見出しは基本で入れるんですけれどもそれ以外に例えば14の見出しとか箇条書きとかテーブル表とかですねあと引用物とか写真のキャプションの入れ方とかもし来対話形式にするのであればそのアイコンと吹き出しのデザインも合わせていなければいけないと

このように入港時にいくつかデザイン的な要素が必要になってくるケースというのがありましてですねそれを原稿ができてから考えていると結構時間かかっちゃうものなんですよね。

「これは Q & A 形式に近いからアイコンに分けて会話帳にしよう」
と入稿時に考えてしまうと現行また書き直してね入港して行って見え方をチェックして見え方が悪いからまた開業して修正してというのを繰り返していくわけです。

それとどうしても入稿から公開までに時間がかかってしまいます。

この入稿作業を何記事もやる場合に店舗が落ちてしまうということが起きてくるんですね。

コメント

もちろんせっかく書いた原稿ですから出来るだけ綺麗に見せたいし読みやすくしたいという気持ちも分かるんですけれども SEO 記事の場合はスピードも命ですからあまり入庫2時間かけてられないと1日でも早く公開したいですよねということになります

SEOライティングの原稿を受け取って入稿していれば、h2とh3見出しを入れていくなどで時間はかからないものです。しかし、これが見出し以外の要素が入ってくると入稿に時間をくうようになります。

放置しておくと

放置しておくと、せっかく書いた記事が読みにくいままになります。シンプルにh2、H3見出しだけで構成される記事だけならよいのですが、記事の見栄えをよくするためにそれ以外のマークアップをしていくことも増えます。綺麗に入稿する技を持っておくと、記事自体の読みやすさが格段にアップするため、早く綺麗に入稿するわざを身につけたいところです。

原因

原因

入稿を意識せずに、ライターに自由に書かせたことが原因です。h2とh3以外は使うなということでライティング依頼していれば入稿は大変になりません。

勘違い

ライターが自由に書いた原稿を見て、それにあわせたマークアップを考えるという進め方は適切ではないです。

くれぐれもライターが自由に書いた原稿を見ながら後から修正して入稿していくというのをできるだけ防ぐという視点が大事になってきますとライティング依頼前にマークアップの種類を確認した上でどんな記事になるのかというの送付をイメージを共有した上でライティングを行ってもらうといった形になります

解決策

解決のヒント

こうした入稿時に時間がかかることを防ぐためにはあらかじめライティング人にそうした入稿意識したライティングを行っておくことが必要なんですね。

SEOライティングでは基本的に H 2見出しと H 3見出しを整えることがライティングの手段として置かれるんですけれどもここで例えばH2とH3以外の要素を入れるとわかっているのであればライターにあらかじめ伝えておく必要があるんですね

具体的に言えば例えば会話帳のテキストを用意する場合はあらかじめ会話帳の文章を必ず原稿の冒頭部分に用意することとか箇条書きの場合は改行して wordファイルの時点で様子が分かるようにしておくことのように入港の状態にできるだけ近づくようなライティングの依頼をしておくということが必要になってきます。

ポイント

ここで一つ学びたいのがそもそも H さん以外の見出しはどうやって決めたらいいのかということなんですよねこれは答えとしては のサイトを見て読みやすいなとかこのデザインいいなとかこういう見せ方があるんだと思ったものは積極的に真似しましょうということなんですよね特に Q & A 形式だったりとかアイコンが喋ってる様子だったりとか表の説明の仕方と言ったのは各デザイナーの技術が生きているところでありますから文章だけの生地を作る以外の方法もあるんだよというところでこれらはぜひ参考にしたいなということなんですよ

注意点

入稿の手間を減らしすぎて、記事が地味になりすぎなように。

特に B to B だと目に見えない課題を整理してその解決方法を示すといった形の水をコンテンツの作り方をする場合がありましてその場合に課題を見やすくするもしくは世の中の趨勢とか統計データをもとにして議論を始めると言った見せ方が必要になってくるんですよねすると文章以外にもこういった記事の中でのさまざまな要素というのをできるだけ流れよく見せるという技術も必要になってきますこれらは競合他社ない子はよく見てるサイトの中から学べるもので絶対あると思うんですよね

ステップアップ

以上、入稿をスムーズにするための準備をお伝えしました。

原稿が来てからこうした図表とかを考えるのではなく現行の統一ルールとして必ず Q & A 要素を入れるとか図表の解説様子を入れるのような指定をしておくことで入庫時も条件にあった原稿が来ますから入稿が楽ということになります

改善課題

以上ニュー公楽にするヒントとしてライティングの前にこうした有効に時間がかかる様子をあらかじめ同意してイメージをすり合わせておくことの重要性をお伝えしました。

慣れてくればライターに依頼する時も記事イメージをあらかじめ用意して打ち合わせできるようになるので時間ある様子をできるだけ排除できるかなという風に思います

無料e-bookプレゼント!

無料Eブック「最高のマーケティング部署を作る方法」プレゼント!

ダウンロードする

関連記事一覧