SEOキーワードが決められない・・・ #デジタルマーケの現場課題

#デジタルマーケの現場課題, SEO

デジタルマーケティングの現場で生じるさまざまな課題。
現場の実際の声をもとに、その問題の原因や解決方法を一緒に考えていくのが「#デジタルマーケの現場課題」シリーズです。

今回のテーマはキーワード候補の決定です

課題

課題

SEOの現場では、キーワードボリュームを選んだり、SEO会社からキーワードレポートを受け取ったりして、最終的に担当者がキーワードを確定させなくてはいけません。SEO 担当者は基本的にデジタルマーケティング部の担当者だと思うんですけれども。

SEO のキーワードが来た時にそれを決定するのって担当者なんですよね。

その場合担当者が決めるための基準というの持っておかなければいけないんですけれども SEO の経験がない状態だとこの中から選んでと言われてもなかなか決められないというケースが多いと思うんです。

そこで今回は SEO のキーワードを決めて欲しいと言った場合に担当者がどのような選定基準を持てば良いのかその考え方についてお伝えしていきます。

コメント

はじめにですねキーワードボリュームを選んだり SEO 会社からキーワードレポート削ったりすることって結構あるんですよ SEO のキーワードというのは調べ方がありまして専用のツールを使って競合分析をしてキーワード出した上でそのキーワードについて自社の生地を作るかどうかという判定をしていくんですね

その場合に単純に SEO 記事の中でキーワードボリュームとして月刊の検索数が多いものを並べるだけだったらいいんですけれども実際はキーワードボリュームが多いだけではなくて様々な選定基準があるんですね

放置しておくと

こうした選定基準を知っておかないと担当者がキーワード群を見て決めていくもしくはなぜその SEO 会社の人がこのキーワード出してきたのかもしくはキーワード候補決定したのかというのは分からないまま記事制作に進んでいくというケースが送ってくるんですよね
これは防ぎたいものです。

解決策

解決のヒント


担当者が、キーワードの決定方法を知らないことが原因です。最初にお伝えしたいのが重要なキーワードを決定する基準を持つことが必須です。

キーワードを決定するにあたっては検索ボリュームだけではないということなんです。

もちろん検索ボリューム実際には一か月間で Google でどれぐらい検索されているかという基準は大事なんですけれどもただこれだけでは実はキーワードは決められないんですね。

よく検索されているからといって必ずしもそれが必要かどうかというのも分かりません。

例えば引っ越し。「引越し」でSEO 記事を検索しようとすると引っ越しというキーワードでは生地がなかなか出てこないんですねこれは引っ越しのシュミレーションとか問い合わせのページが幼女を記事よりも先に来てしまうということが起きているためなんですけれどもこのように実は記事じゃないものがたくさんヒットするケースが多々あるんですよね

記事を検索しようとすると引っ越しというキーワードでは生地がなかなか出てこないんですねこれは引っ越しのシュミレーションとか問い合わせのページが幼女を記事よりも先に来てしまうということが起きているためなんですけれどもこのように実は記事じゃないものがたくさんヒットするケースが多々あるんですよねその 記事を検索しようとすると引っ越しというキーワードでは生地がなかなか出てこないんですね

これは引っ越しのシュミレーションとか問い合わせのページが幼女を記事よりも先に来てしまうということが起きているためなんですけれどもこのように実は記事じゃないものがたくさんヒットするケースが多々あるんですよね

そのため単純にキーワード車が多いからといってそのキーワードで書けば上位に表示されるだろうと考えるのは甘いということになります

競合記事に勝てるか

では検索ボリューム以外にキーワードを決める基準として何があるかとまず一つが競合記事に勝てるかどうかなんですよね当然ほとんどの業界ですでに先に記事を書いているケースが多いと思うんですよその場合に既にあるサイトよりも上位に出していくとそのため競合記事が書いているキーワード分析下にまだ書いていないキーワードを分析したりといった強豪前提として分析を進めていくんです

ドメインの差

そもそもですねあのサイトというのは出来た時期が違うわけですそれとサイトの評価というものも違ってくるわけですね同じページ数同じ内容でも例えばドメインが古いものの方が評価が高かったりとかよりリンクされているサイトの方が高かったりといった形で実はサイトの戦闘力サイトのレベルというのも違うわけなんですよ特にベンチャー企業が既に大手企業が出しているジャンルに挑んでいく場合はこのサイトの競合記事に勝てるかという観点で非常に大事になってくるんですよね無謀な戦いをしないためには戦いにならないためにはどうしたらいいのかというのを考えなくてはいけないということになります

検索クエリの見極め

検索クエリの種類ですクエリというのは簡単に言えば検索する人がどんな気持ちで検索しているのかというのを検索国から推測するということになります

例えば同じ検索語句でもその人は単純に知識として調べているのかそれとももうすでに業者をいくつか調べている中で比較検討しているのかはたまたもどこの業者でもいいからとにかく早く決めたいのかとこういったえ検索意図というのが必ずあるわけですね実はこの検索意図というのは大まかに検索語句の種類で判別できるわけです例えば検索 同士だったらすぐ行動したいんだろうなという風にクエリから判定していくということが大事になってくるんですね。

まさにこれも化キーワードボリュームだけでは判定できない書類の一つで例えば知識として調べたい場合に検索しているのであれば知識を与えるだけのページを用意したところで売り上げにはつながらないわけですね

これはマーケティングとして実はあまり優先することではないと一方で検索ボリュームが少ないけれどもすぐに業者を探したいもしくはすぐに相談したいといったケースの場合は売上に直結するとこうしてくれるの見極めというのも重要になってくるんですね

これは実はえと SEO 会社だけでは実は判定できなくて長年その業界にいる会社の担当者じゃないと判別がつかないというケースもあるんですよ・

こうして担当者側でもクエリを元に検索ボリュームをそんな多くないけれども売上となる可能性が高いものを見極めていく必要があるということになります。

他にも SEO キーワードの選定候補の中からどれをピックアップするかという決め方というのはいくつかの観点があるんですよねでこれらは必ず身につけていく必要があるという風に言えます。

サイトの成長段階に合わせたキーワードの選び方も

またSEO 記事というのは何回かに時期を分けてやっていくことが多いと思うんですよね。

例えば会第一陣は主に検索ボリュームが大きいものからやって言ったけれども第2陣はね検索ボリューム少ないけれども角度が高いものを選んでいこうといった形では時期によって S 用生地の観点を決めていくといった視点のずらし方も大事になってきますとまた A サイトの評価ならびにサイトの成長段階に合わせたキーワードの選び方というのもありますからこれも合わせて担当者が身につけていく必要があるという風に言えますただ実際には

上達のために

プロから思考回路を学ぶ

ただ実際にはこうしたサイトの評価とかサイトの成長段階というのは自分のサイトしか見ていないとなかなか判別つかないところがあるんですよね SEO のプロというのは日頃から何十個ものサイトを見て S 様の評価をして記事のランクを決めて行っているわけですから当然へトップロードが扱っているサイトの数にはかなわないわけですよすると SEO の知識がない場合もしくは経験が浅い場合は出来る限りプロの意見を聞いた方がはるかに成果に近づくと言ったことが言えると思います

そのため慣れないうちはプロが出してきたキーワードの中で実際に決まったものがあるとしてですねそんなぜそのキーワードに決めたのかという思考回路を学ぶことが必要になってきますキーワード候補で調整された時になぜこのキーワードにしたんですかとなぜこの20個から10個を交互絞ったんですかといった形で担当者が SEO ディレクターに聞いていくとこうすることで学びの機会が開かれますしちょっとずつその思考回路自分の中に近づけることができるという風に言えるでしょう

以上 SEO キーワードが決められない担当者の悩みについてその解決方法をお伝えしました SEO というのはいくつかのルールがあって何か一つのルールを守ればいいというものでもなく常に変わるものでもありますから外部の人の意見を参考にしながら決定していくと決定したならばそれの決定の理由というのを明確にした上で記事制作に取り掛かっていくということが必要になってくると思います

無料e-bookプレゼント!

無料Eブック「最高のマーケティング部署を作る方法」プレゼント!

ダウンロードする

関連記事一覧