社員にライティングを任せたら、いつまでも書いてくれない・・・ #デジタルマーケの現場課題

#デジタルマーケの現場課題, SEO

デジタルマーケティングの現場で生じるさまざまな課題。
現場の実際の声をもとに、その問題の原因や解決方法を一緒に考えていくのが「#デジタルマーケの現場課題」シリーズです。

課題

課題

BtoB業種でSEO記事をつくっていると、調べても情報が出てこないことがよくあります。この場合、社内のセールスや開発部長など、業界に長くいて解説できる人にライティングを頼むこともあるでしょう。

SEO 記事の担当者がライティングを進めていく場合にどうしてもこれ会社の人に聞かないとわからないなというテーマが出てきたとしますとここでいきなりじゃあライティングを頼んでいいかというところが大きな分かれ道なんですよねこれいきなり S 用生地を作ることになった

例えばセールスの音トップセールスの人とかねセールスでよくセミナーをやってる人に対して依頼をするとでなんだかんだ話が盛り上がってじゃあ俺が書いとくよみたいになったとしますと業界に長くいるし人前で説明も甘いからこの人に任せていればまコンテンツ出てくるだろうとこ言っても待たせるんです

しかし、原稿が帰ってこない。催促もできないし、いつまでもアップできない。

コメント

これ、よくある課題です。

オリジナリティを追求するために会社の中でコンテンツを作っていくという発想は非常に良いものであると思うんですよただコンテンツを社内で作るって実は結構大変です

放置しておくと

頼んだものの、忙しそうであるために気をつかって催促できず、結果的にいつまでも記事があがらないことが常態化します。

原因

原因

製品に詳しいから、空き時間で書けるだろうという認識の甘さが原因です。

実は業界に詳しいとか製品に詳しいとか喋りが上手いとかって SEO ライティングとは全く関係ないんですよむしろ喋るのが得意な人は文章が上手いとは限らないので
結果的に頼んだのに書けない書いてくれない書いたけどよくわからないというケースが起きてきますと

せっかく車内出かけると思ったのに頼んでみたらできなかったとこれって残念ですよね

またセールスとか部長と負け担当者の関係性からして依頼もしにくいし依頼した後の催促もしにくいといったケースがありましたこれも現場課題とはだと思うんですけれどもマーケティング部が発足して間もないベンチャー企業の場合だとセールス部の方が立場が上でどうしてもマーケティング部からするといろんな依頼とかスケジュールをコントロールしたりというのがやりにくいといったケースが生まれてきますとこうした口から関係の中で依頼してしまうと催促がそもそもできないとなので頼んだだけになっていていつまでも待っているといったケースもあります

勘違い

ジャンルや専門知識に詳しいことと、SEOライティングができることの区別がついていないことが原因です。ライターはライターのスキルが別個に存在します。

ここで覚えておきたいのが SEO ライティングのスキルというのはそれ自体で別個に存在するプロのスキルだということなんですねそれを会社の別の部署の人来週は日頃からセールスで忙しい人に頼むというのはそもそも間違っているわけですよ餅は餅屋ではないですがライターはライターに依頼するべきなんです

といっても最初の課題でそもそも専門的すぎて知識が必要だから協力してもらっているのであってこうした専門性とライティングスキルが同時に成り立たないといった課題をどのように解決すれば良いのかとこれをマーケティング担当者が解決する必要があると思います

簡単に言うと SEO ライティングの家こうした専門的な記事について水曜ライティングを行う場合は SEO ライティングの工程を分けてライターに任せるフェーズとカレラ専門の人に頼むフェーズを細かく分ける必要があると思います

解決策

解決のヒント

解決するためには、各工程において三者の役割を分担していくことで専門的な SEO ライティングも進めることです。

一連の SEO 記事ライティングの流れを再度おさらいしてください。

最初にキーワード調査をしてキーワードを決定して一つ一つのキーワードについて競合を調査して構成案を作成します。構成案の確認が取れたらライティングに進み、出来上がった原稿チェックしながらサイトに入港します。サイトに入港したらマークアップをしてデザインを確認して公開する公開したら3ヶ月後ないしは半年後にアクセスを確認してのびそうであればさらに記事内容をコンテンツ追加していく

これら一連の SEO 記事ライティングの流れです

じゃあ専門カットライターがいるとしてどのフェイズにどっちを当てればいいのかというのを考えるべきなんですよ

適切な行程に適切な役割をつけることでこの課題を解決できます

さらにはマーケティング担当者自身もこの中に入ってくるわけですから工程工程を分けてどこに誰を配置すれば最適にテンポよく進むのか記事の内容としても十分なコンテンツが確保できるのかこれらを考えていく必要があるということです

例えばキーワード調査は専門家がやることはありませんし担当者がやるべきですと

構成案作りは誰がやるのかと光線作りに必要なアイテムは何かというのも考えていくと競合がどんなキーワードをどんな構成で解説しているのかを分析する必要がありますし分析した結果要素が足りないということも分かってくるんですよねこの足りないかどうかが分かるのが専門家だと思うんですよ

するとこの段階で担当者と専門家の間で構成案を確認していくフェーズが必要になってくると思うんですよね

光線を確認した結果たりな要素があるからじゃあ専門家にその足りない要素を補完してもらうと

こうすることでオリジナリティがありかつ専門家の知見が入った良い構成案ができるということになります

また幸世庵に入れた要素として既存の情報がない場合はライティングができないわけですからじゃあ幸世庵に入れたそうしたま初見の項目をどのようにコンテンツ化していくかというの考えるべきなんですね必ずしも原稿に専門家が書く必要はないということなんですよではライターと専門家との間でどのようなやり取りをすればこのコンテンツが埋められるのかと

これを考えていく必要があると思います

例えば取材をすればいいのかとか例えばね電話で都度聞いていけばいいのかとかもしくはも時間を設けてライトが聴きながら埋めていく時間を取ればいいのかとこれらは会社によって千差万別だと思うんですけれども必ずしもここでは専門家が自らのパソコンで原稿をライティングする必要がないということなんですよ

ポイント

あくまで専門家の役割は調べても出てこない用語について解説をする新しい知識を授けることが必要なのですからライティングスキルとは分けるべきなんです

このように各工程において三者の役割を分担していくことで専門的な SEO ライティングも進めることができるということになります

まとめ

以上大まかな解決方法についてお伝えしてきました担当者が社内の専門家に原稿依頼するのではなくそれぞれの役割に応じて無理なくスムーズにできる役割分担をしていくこれの設計をしていくことが必要です。

と言っても社内の関係やリソースもあるでしょうから実際にはコンテンツ制作のプロないしはコンテンツ制作に慣れてる人の意見も聞きながらこうした体制をつくっていくことが必要です。

ライターがこうした進行してくれる場合は数少なく実際の担当者がイニシアチブを取っていく必要がありますこれらを維持 作り方を身につけると会社としてもプラスが大きいので担当者としても是非身につけたいところだと思います迷った場合はコンテンツ制作のプロの力も借りながら文旦体制をつくっていくことが必要ではないでしょうか

無料e-bookプレゼント!

無料Eブック「最高のマーケティング部署を作る方法」プレゼント!

ダウンロードする

関連記事一覧