インタビュー作成費用がかかりすぎる #デジタルマーケの現場課題

#デジタルマーケの現場課題, コンテンツ, 顧客インタビュー

デジタルマーケティングの現場で生じる様々な課題現場の実際の声の元にその問題の原因や解決方法を一緒にさぐっていくデジタルマーケの現場課題シリーズ

今回の課題は顧客インタビューのコストがかかりすぎる問題です。

マーケティングでは、サイトや資料に利用するコンテンツの素材として顧客事例や導入事例といった実際に使用した人の声というものを用意するのですが、このコンテンツを用意するためにはインタビューをしなくてはいけません。

このインタビューというのが、慣れてないと時間もコストもかかってしまうという特性があります。

軽い気持ちで「インタビューが必要だからインタビューしよう」と思って進めるんですけれども、よくその準備を進めていくと、いろんなところで費用がかかってきたり時間を取られてしまったりします。徐々に課題が浮き彫りになってきます。

そこで今回はインタビューに対してどのようなコストがかかるのかそしてそのコストをできるだけかからないにするためはどうしたらいいのかこの方法について見ていきたいと思います

インタビュー制作費用が高くなる原因

インタビューのコストがかかる原因として、主にライティング費用と写真撮影費用の2種類があります。

マーケティングの一つのコンテンツとして使用する場合、一定の分量が必要ですから、ライティング費用というのもそれなりにかかってきます。

会社同士の信用を担保するために写真もちゃんと撮ってほしいというのが要望として上がるかもしれません。

それぞれフリーランスに依頼することはできますが、インタビューライターは SEO ライターより3、4倍ほど費用が高いもの。ライター費用は5000円ぐらいだろうと思っていたら3万円請求されてしまったというケースがあります。

インタビューは1本だけやって終わりというケースはほとんどなく実際には3本〜5本まとめて進めることが多いでしょうから、思いのほか痛い出費ができてしまったというケースがあるでしょう。

ライティングではなく写真の撮影についても同様です。写真撮影も出張撮影であれば2万円から5万円程度の費用がかかってきますし、特に企業向けのインタビューの場合だとたくさんの枚数の中から先方の担当者主に広報 IR 部が選定してさらに色味やライティングしてさらにはロゴを使った写真の使用許可なども含めて結構な手間がかかるものです。

写真については気にする人は非常に気にするという特性がありますし、後から撮り直しがきかないというケースもほとんどです。インタビュー当日に双方が納得できるクオリティのものを確実に 。こちらも単発の撮影で一回2万円としても本数をまとめると相当な費用になってきます。

かといって写真を使わない場合にも行けませんからライティングと同様に必要な費用と考えるしかありません。

そのように考えると雑誌を作っているわけではないのに、インタビューをするだけで20万円程度の費用がかかってしまうという計算になります。

企業のメインのホームページであればその額だと思いますが、特定の商品や何かしらのキャンペーンに合わせて作っているウェブサイトの場合に、素材として20万円というのはいささか赤字を生み出してしまう要因となります。

こうしたインタビュー費用がかかりすぎるという問題なのですが実際にはどのように解決する方法があるでしょうか。

インタビュー制作費用を節約する方法

一つ目はフリーランスに依頼しないという方法ですが、担当者が一人でライティングから写真撮影まで行なってそれをミスなく先方の OK を取るというのは至難の技です。

現実的ではありません。

過剰なないせいかは帰ってトラブルを引き起こし会社間の関係を悪化させてしまいますから避けたいところです。

ではどうすればいいか二つ目の解決策は、フリーランスの費用がかかるポイントお尻取材の方をまとめてしまうというやり方です。

具体的には同じ日に取材を集中させてしまうという方法があります。

フリーランスの費用というのは基本的に作業費だけではなく、出張費やデータ管理費など様々な要因がかか重なり合ってできています。

そのため、三者のインタビューを三日間に分けて行う場合と同じ日に三者まとめて行う場合では費用が変わってきます。

フリーランス側としても、1日で3社まとめてくれればそれだけ作業に関連する管理作業や事務作業も省略ができますし、まとめて作業できる部分スケジュールも見えやすくなります。そのため価格交渉もしやすいということになります。

3日に分けると9万円だけれども1日でやっていいなら6万円にできるといった交渉も可能になります。

特にカメラマンは実は撮影自体にはそれほどコストはかかりません。カメラマンの出張費用のかかるほとんどの理由は、事前の準備や運搬そしてデータ管理はやり取りの手間です。

カメラマンからすると、同じ日に1人撮ろうが2人撮ろうが、大して手間は変わりません。そう考えると撮影費用を圧縮するヒントも見えてくるかと思います。

このように考えていくと、インタビューの制作費用を抑える方法は担当者が自分で作業するのではなく取材日程をコントロールする事だということが見えてくると思います。

子役インタビューに応じてくれる会社を選ぶ際に、先に日付を決めてしまってこの日ならどうですかと交渉する。

インタビュー日程決めのポイント

ポイントは、1ヶ月以上先の日時にしてしまうということです。できるだけ早くインタビューを終わらせたい気持ちをグッとこらえて、1ヶ月後に日程を決めてオファーを進めてしまうというわけです。

1ヶ月あれば大抵の依頼は調整可能ですし、依頼された企業側も準備する時間ができます。

日時を決めてしまうことで向こうもその日に行けるかどうかという判断基準になるので返事もしやすくなります。

フリーランスのライターやカメラマンも、先に日程を提示された上でこの日来れるかどうかをという依頼の仕方をすれば、大抵の場合は調整が可能です。

また1日に何件もまとめるので、そのぶん料金を安くしてくださいというオファーも同時に行うことが必要です。こうしたオファーの仕方はフリーランスの動き方を理解した上で進めているためフリーランスも心よく返事をしてくれるでしょう。
大抵のフリーランスは一か月前に日程が決まっていればほとんど調整可能です。

インタビューというと、相手のご機嫌を伺って相手の日程に合わせて全てを調整するようなイメージがあります。

しかし B to B の顧客事例インタビューの場合は、関係性の深い会社とのやり取りになりますから、ある程度こちらの日程に合わせてくれるケースも十分にあります。

担当者の言い方ひとつで日程をスムーズに決めることができ、結果的に時間的金銭的コストを節約できるわけです。

そのため、オファーの仕方がいかに重要かということも分かってくるかと思います。

ツボを探りながら経験を積む

以上インタビューの製作コストを抑えるコツについてお話ししてきました。

デジタルマーケティングの担当者として企業コンテンツをフリーランスと協業して作って行く場合に最初に何を意図すれば上手く物事が進んでいくのか。

そのツボを探りながら経験を積んでいくことが大事です。

日程を決めて同じ日に集中させるだけで作業の効率がぐっと上がりますし、金銭的なコストはぐっと減ります。

この押し引きのような感覚をつかみつつスムーズなコンテンツ制作ができるようにレベルを上げて行ってください。

無料e-bookプレゼント!

無料Eブック「最高のマーケティング部署を作る方法」プレゼント!

ダウンロードする

関連記事一覧