顧客事例インタビューの準備がわからない #デジタルマーケの現場課題

#デジタルマーケの現場課題, コンテンツ, 顧客インタビュー

デジタルマーケティングに関する様々な課題を解決していくデジタルマーケの現場課題シリーズ今回の課題は顧客事例のインタビューすることになったがどのように準備をしていいのかがわからないという課題です。

実際にデジタルマーケティング部署ではサイトの顧客事例や導入事例といったコーナーに実際の導入してくれた起業家社長の声を掲載するという場合がよくあるんですよね。

この場合にこうしたインタビューコンテンツを作る担当者というのは必然的にデジタルマーケティングの管轄ということになりますから、デジタルマーケティング部の担当者はインタビューの準備方法も身につけておかなければいけないということになります。

実際どうやってとなるのが自然ですよね。また相手方の会社に行くことになったら準備もわからないまま入ってしまうのは不安だと思うんですよ。

最悪トラブルになってしまったりとか相手方を怒らせてしまって元々あった関係が崩れてしまうというのも避けなければいけません。

こうした問題なくインタビューを行うためには担当者側がどんな準備をすればいいのか初心者であることを前提としてお話ししていきます。

最初にですね注意したいのがインタビューというのはただ話を聞きに行くことではないということなんですよね。

インタビューと言うと、なんだか仲の良いお二人とかもしくは会芸能人に芸能記者が話を聞いて使いそうなところをピックアップするようなイメージがあるかもしれません。

しかし、マーケティングの顧客事例インタビューの場合は引き出し部分というのは実は決まっています。その引き出したい部分を取りに行くための作業ということを頭に入れておかなくてはいけません。

ただ雑談をしてなんとなく使えそうなところを編集して残す作業ではないということを覚えておいてください。

こうした観点から、どんな準備が必要になるかを解説します。

インタビューの目的を整理しておく

最初になぜインタビューするのかというのを自分の中で整理しておく必要があると思うんですよね。

インタビューの掲載場所は決まっているわけですから、その掲載場所の文字数や写真の有無、また Q & A 形式なのかどうかというものも含め、どんな状態で形成されるのかを事前に明らかにしておかなければいけないわけです。

良くないのが今後インタビューを増やしていきたいからとりあえずインタビューしておいてというのが一番良くないですね。

インタビューと言ってもいろんな形がありますし会社の中で曖昧な状態のまま相手方企業に依頼してしまうとトラブルの元になってしまうわけです。

そのためできれば掲載するサイトのページの中で、

・どれくらいのサイズで
・どれくらいの分量で
・どんな絵載せ方で載るのか

これらが明らかになった状態で初めて依頼を検討するというのが正しい順序になります。

これが依頼前の準備です。

取材方式を決める

続いては、取材方式の決定です。対面かZOOMか、ですね。

依頼することになったら、掲載する状態に合わせて、質問を考えたり、写真が必要であれば写真を依頼したりといった細かい準備が必要になります。

さらに昨今では対面でのインタビューが難しい場合にズームなどのリモートビデオ会議システムを使ったインタビューというのは増えてきたんですよね。

ただリモートだとどうしても写真の撮影が難しいケースが多くて、加えてインタビューの書き起こしに必要な音声というのもなかなかクリアな状態録音するのが難しいという現状もあります。

せっかく双方が時間をかけてインタビュー取材をするのであれば、できるだけベストな取材の状態を作った上で取材を進めていきたいですよね。

この場合もどれぐらいのクオリティのものをどこに乗せるのかということが明らかになっていないと、取材方式というのも決められないわけです。

最初の認識を合わせておくことが重要だということが言えると思います。

取材方針が決まったら、実際に取材日程を決めていきます。

相手方企業に訪問する場合は大抵1時間から90分程度のお時間を頂いてお伺いすることになります。

リモートの場合は予め時間を決めておいてエルモを設定するんだと準備が必要ですね。

質問項目を整理しておく

日程が決まったら、質問項目をもう一度整理して特にどの質問項目を忘れずに聞いておきたいのかを整理しておく必要があります。

取材の時間が決まっていたからといって当日その予定通りに滞りなく行われるかどうかは保障がありません。相手方が忙しくて時間が短くなってしまったり、冒頭のアイスブレイク程度の話が盛り上がってしまったりして、肝心な内容を聞く時間が短くなってしまったり……と実にいろんなトラブルのケースがあります。

当日の焦りを防ぐ意味でも、質問の中で特にどんな質問したいのかは明らかにしておきそれを重点的に効くような質問構成に変えておく必要があるでしょう。

内容が決まったら、録音と写真撮影の準備をおこないます。

録音はボイスレコーダーを一つ用意しておきさらにバックアップ用として予備でスマートフォンの録音アプリなどで二重に録音するのが安心するやり方です。録音機が一つだけだと電池切れだったりメモリ数はいっぱいだったりして取れていないことがあります。
必ず2台、同時に録音するようにしましょう。

続いて写真についてスマートフォンでも一定の写真を撮れますが会議室で取材する場合会議室の光の具合によってはスマートフォンで上手く取れない場合もあります。

また相手によってはせっかく取材に来たのになんでスマホで撮って帰るのかと幻滅されてしまうケースもあります。インタビューのクオリティや相手方の企業との関係によっては撮影についてもきちんとクオリティを保つ必要があります。

フリーランスのカメラマンを連れて行ったり自社の良いカメラをライトと一緒に持っていくなどの工夫が必要です。

質問を印刷してもっていく

取材陣にはあらかじめ送っておいた質問項目を再度人数文印刷して持参します。

この質問項目を印刷していないと当日質問が分からなかったり相手方が今どこを話しているのかわからないまま雑談になってしまったりというケースがありますから、気をつけましょう。

参加する人数より多めに印刷しておけば安心です。

取材開始時にこの質問項目を配布して読み合わせる形で取材を進めていくのがベターです。

取材の話が盛り上がると予定していないような内容も出てきますが、基本的には予定していた内容を正確に録音することに意識を集中してください。

インタビュー相手とすれば会話が盛り上がって楽しくなってしまい色々話してしまうのですが、実際に後から文字起こしを見てみるとそうした余計な話は素材としては使えないケースがほとんどです。

あくまでこちらがコンテンツの素材として必要な星を取りに行く作業だということを忘れないようにしましょう。

取材が終わったら直後にデータチェックをします音声と写真のデータをバックアップして紛失して紛失した際にも復活できるようにしておきます。
ライターに依頼する場合は音声を確認していつまでに原稿ができそうかを確認します。カメラマンも同様です。

以上がインタビューの当日までの流れということになります。

掲載までの流れを確認する

ここまでくればあとは原稿を作るだけという状態になりますが余裕が出てきたらさらにインタビュー終了時に今後の進め方を確認できる習慣をつけるとなお良いと言えます。

今後の進め方というのは現行いついつまでに出すのでえGoogle ドキュメント上でチェックをして欲しいといった依頼を最後に 確認してインタビューを終えるということです。

話を盛り上がったまま場を離れるのではなくあくまでインタビューの一環として行なった会話を閉めた上で事務的な確認をするという習慣をつけてください。

ここで相手方のチェックの担当者が誰なのか、どういったことに意識して原稿チェックしているのかを確認します。確認することで、「原稿がイメージ通りではなかった」のようなトラブルを防ぐことができます。

インタビュースキルは積極的に身につける

以上一般的なインタビューの準備や心構えについてお話ししてきました。

インタビューは座学で学ぶことが難しく実地で何回もやりながら失敗を重ねながら身につけていくものです。

デジタルマーケティング担当者としては相手方の企業の都合も入るぶん、ストレスの多い業務ではあります。しかし一度インタビューができるようになればコンテンツとしては非常に使い勝手の良いものですから、インタビュースキルは積極的に身につけていきたいところです。

インタビューのスムーズな進め方を理解しデジタルマーケティング部の担当者として自身の持ったインタビュー依頼進行ができるように心がけて行ってください。

無料e-bookプレゼント!

無料Eブック「最高のマーケティング部署を作る方法」プレゼント!

ダウンロードする

関連記事一覧