インタビュー記事の活かし方がわからない #デジタルマーケの現場課題

#デジタルマーケの現場課題, コンテンツ, 顧客インタビュー

デジタルマーケティングの現場で生じるさまざまな課題。
現場の実際の声をもとに、その問題の原因や解決方法を一緒に考えていくのが「#デジタルマーケの現場課題」シリーズです。

今回の課題はへインタビューをすることになったけれどもそのインタビューコンテンツをどのように活用すれば良いのか粉の活用方法がわからないという課題について見ていきます

デジタルマーケティング特に BTOB マーケティングにおいては顧客事例や導入事例などのインタビューコンテンツが非常に重要になります。

提供している商品やサービスの概要がつかみにくいぶん、導入した実際にどんなメリットがあるのかどんな変化があるのかをインタビュー形式によって伝えます。
インタビューした内容をコンテンツ化しそのコンテンツを読んだ人がイメージできる状態を作っていくことが必要です。

顧客インタビューはマーケ部管轄

こうしたインタビューは実際の顧客に関わるためカスタマーサクセスの管轄かと思いきやえマーケティング素材として活用するためこれはデジタルマーケティングのぶ署の管轄となります。
デジタルマーケティング部署の担当者はこうした顧客インタビューや顧客の声あつめというものを日常的に行う必要があります。

ただしいくらインタビューが大事でやる必要があるとわかっていても、プロの記者やライターではないわけです。
「インタビューをやってくれ」と言われても、担当者はポカンとしてしまいますよね。
また実際にやることになって日程は決まったけれども一体何をすればいいのかさっぱり分からないといった担当者もいると思います。

顧客インタビューの勘違い

最初に注意しておきたいのが、顧客インタビューというものはただ相手に話を聞いてそれをそのまま載せるものではないということです。
顧客インタビューというのはホームページなどに使う素材を取りに行く作業です。これは、ホームページ上で打ち出したい製品の強みや導入のメリットを意味します。このうちだしたいメリットを開いての言葉で言ってもらうのがインタビューです。

インタビューと言うと話を聞きに行ってそれを文字起こしして乗せればいいだけと思いがちなんですが、これは勘違い。
あくまでマーケティング目的であるということを忘れてはいけません。
相手から感想をいただいた中で使える場合と使えない場合があるわけですからインタビューを依頼するのであれば使える部分だけを取ってきたいわけですよ。

この使える部分というのは知らない人が読んでも製品の魅力やメリットがイメージできる言葉をさすのですが、インタビュー相手がこうした使いやすい言葉を必ずしも言ってくれるわけではありません。
せっかくインタビューしたのに意図しない感想や、こちら側があまり打ち出したくない部分に着目して感想を頂いてしまうと、「使えない」ということになってしまいます。
「インタビュー依頼する時間を取ってもらったのに一個も使えるところがありませんでした・・・。」
これでは相手に大変失礼ですよね。特に BTOB マーケティングでは関係性の深い企業に依頼をすることが多いですからインタビューしたのに使えるところがなかったので載せませんという事態は絶対に防がなくてはいけません。

同様にせっかくインタビューしたから乗せをとしても意味の無いことダラダラ喋っているインタビュー原稿を載せることも防ぎたいですよね。これだとインタビュー相手はいいかもしれませんが肝心の絵読者サイト閲覧者にとって望ましくありません。結局何が言いたいのかわからないんだけど原稿は最悪です。

インタビュー原稿の活用方法

さてここからはインタビュー原稿の活用方法について見ていきます。

先ほど例としてホームページに掲載したりランディングページに掲載したり、ダウンロード資料の中に顧客の声として紹介させてもらうといった使い方があるという説明をしてきました。

ただ実際にはホームページに載せると言ってもどこにどのようにどれくらいの分量で載せるのかというのはイメージがつきにくいですよね。

一方ランディングページに載せる顧客の声はイメージしやすいかもしれませんね。縦長ランディングページだとすればページの後半に導入企業からも喜びの声といった形で23社紹介する、アレです。

ダウンロード資料というのもイメージしにくいかもしれません。
ダウンロードしろっていうのは B to B 企業によく見られるマーケティングの手法で製品の機能や解決する課題などをプレゼンテーションにまとめてそれを PDF のファイルにして配布する手法を言います。ホームページに無料公開しているケースもあればメールアドレスを教えないと見られないものもあります。 

これらが主なインタビュー原稿の活用場所なのですが、マーケティング担当者が初心者の場合そもそもこの場所に使うということを意識せずにやってしまうケースがあるんですよね。

あなたがこれからインタビューするとしてどこにどのように使うか。それをイメージした上でインタビューを勧められていますかということなんですよ。

とりあえずインタビューして使えそうな所だけを切り貼りして使えそうな所に使おうと考えるのは素人の発想です。

それではおそらく使えない インタビューコンテンツだけが蓄積されていきます。インタビューは時間も費用もかかるものですからせっかく作ったのに使えないという事態は避けたいですよね。

正しい進め方としてはどこにインタビューコンテンツを使うのかを整理したうえでその要件を定義してからインタビューの準備を進めるというのが正しい進め方です。

ホームページだけなのかダウンロード資料にも使うのかまたどれぐらいの分量なのかも変わってきますよね一言二言でいいのならば最悪電話でもいいのですが記事にして3000時や5000文字のように長い文章でインタビューする場合は記事の文章の見せ方というのも考えなくてはいけません。

インタビューコンテンツを生かす、リード文と誘導文

リード文

インタビュー原稿をサイトにただ公開しても、誰にも届きません。検索のしようがないわけですから当然です。
「インタビューを掲載しました」と書いても弱いですよね。
・誰向けの
・どんな事例の
・何の具体例として
導入企業紹介しているのか。その説明が必要です。

これはインタビューコンテンツにおいてはリードという呼び方をします。マーケティング用語のリードではなく文章のリード部分という意味でのリードです。そのコンテンツが誰向けに書かれているのか誰のどんな知りたいを満たすのかを要約してインタビュー本日のボートに入れたものをリード文と言えます。

このリード文が決まった上で初めて相手にインタビューするのが理想的なインタビューだと言えるでしょう。

慣れていないといきなりインタビューを始めてしまうのですが実はリード文がないと初めて読む人は何がなんだかさっぱりわかりません。
リード文は最低でも200文字 BtoB業種のインタビューの場合は400文字は500文字5ぐらいの分量になることもあります。

このリード文がしっかりしていればインタビューの内容の見方というものがはっきりしますからなんとなくホームページを見ていた人も見方がわかって読みやすくなるわけです。

リード文は他社のインタビューなどを見ながらどんな順番でどういったことを書けばよいのかを勉強した上でマーケティング担当者が書けるようになる必要があります。

リード文が決まっていれば内容も自然と取捨選択できるようになりますからインタビューコンテンツにおいてリード文というのがいかに重要かということがおわかりになるかと思います。

誘導

リード文と同様に重要なのが、誘導です。
インタビューを読み終わったら、何をして欲しいのか。
デジタルマーケティングですからホームページを読んだ人から問い合わせを得るのが最終目標です。

とはいってもインタビューの最後の文の後にいきなり問い合わせフォームが来ていたら変ですよね。

インタビューを示す2インタビューの内容の中で出てきたキーワードをピックアップしながら関連する内容として資料があることを伝えたり直接相談もできますといった文言が必要になってきます。

こうした誘導というのもインタビューの後というのはうまく流れを作らないと不自然になりがちです。

リード文と合わせて他者のインタビュー原稿を見ながらどのように誘導を行っているかそれを研究する必要があるでしょう。

リード文インタビュー本文の役割誘導の文言コレラを完成させることで使い方がよく分からなかったインタビューコンテンツが徐々に活用されるようになります。
必然的にどんな相手にインタビューして行くかも定まってくるでしょう。

こうしたリード分野誘導の方法というのはデジタルマーケティングの担当者が身につけていきたいスキルのひとつです。基本を押さえることで特別な扇子屋文章能力がなくても書けるようになります。
リード文と誘導文の作り方を押さえてインタビューコンテンツを活用していきましょう。

無料e-bookプレゼント!

無料Eブック「最高のマーケティング部署を作る方法」プレゼント!

ダウンロードする

関連記事一覧