インタビューを依頼できる相手がいない #デジタルマーケの現場課題

#デジタルマーケの現場課題, コンテンツ, 顧客インタビュー

デジタルマーケティングの現場で生じるさまざまな課題。
現場の実際の声をもとに、その問題の原因や解決方法を一緒に考えていくのが「#デジタルマーケの現場課題」シリーズです。

課題

インタビューを依頼できる相手がいない
インタビューを掲載することになり、関係の深い取引先にインタビューを依頼することにしたが、よく考えてみると関係性的にすぐに依頼できそうな人がいない。

コメント

依頼できそうと思っていたら意外と理想のインタビュー先がいないってことがよくあります。
ただ、やらないわけにはいかないので、関係が遠ざかっていてもお願いする必要があります。

原因

原因としては、リストアップせずにインタビューを決めてしまったことにあります。

よくある勘違い

勘違いしやすいのが、インタビューを依頼される側にとってはあまりメリットがあるわけではないということです。

解決方法

インタビュー施策を考える前に、リストアップすることが大事です。くれぐれも、相手もきまっていないのにインタビュー日程を決めたりする事は避けましょう。したうえで関係性を構築し、
一つやってみてから考えるです。トライアルですね。いきなり何社もインタビューしようとするとわからないことだらけです。

注意点

注意点としては、関係性の深いところに依頼するということです。

改善策

今回の課題はインタビューを依頼できる相手がいないという課題ですホームページの顧客の声やダウンロード資料での顧客の導入事例などを作るにあたり必要になってくるのが顧客事例のもとになる相手のインタビュー原稿なんですけれども 肝心な相手が決まらないとなると進めようにも勧められませんよねところができそうでできないもしくは最初あてにしていた人から来とられてしまったこうした場合にインタビュー相手はどのように剪定していけば良いのかこれについてお話ししていきます

よくある課題としてケースにあげられるのが三者インタビュー俺が必要だということになって三者候補を出すんですけれども三者は見つからないといったケースが多いです全く見つからないケースというよりは3社必要だとなって例えばあの会社に行けるから他もいけるだろうと思って三者やることに決まってしまったとそれでもホームページのデザインなども進んでしまっているといったケースですねこのように絵美切れ端をしてしまってなんとなく三者と決めてしまったがに写メさん写メが見つからないといったケースが多いです。
特に B to B 業種だと提供しているサービスやパッケージの内容が時期ごとに変わっていたりするため関係性はあるけれども過去に実施したサービスが違うというケースもあります。

ソフトウェア企業の例で言えば確かに導入はしてくれているけれども開発初期に導入してくると客さんで今家だしたい今インタビューの中で打ち出し大瓜の機能については乾燥がいただけないというケースもあるでしょう。

しかもそれが担当者からするとインタビュー当日になって発覚するケースというのも起きてきます担当者からすれば会社の中で顧客としてリストがあってその中で依頼をしてインタビューを勧めているわけですけれども同じ商品名であっても実は導入時期が違うと感じてる乾燥や導入事例として紹介できるポイントが異なってくると言うことに取材当日に気づくとすると聞きたい内容が聞けないということが当日になって発覚してしまいますからこれは大問題ですよね。

このように単にお話を聞くといっても実は色々な落とし穴があるわけです。

ただし基本的にはこうしたトラブルを乗り越えてでも顧客インタビューは絶対にやってほしいなという風に思うんですよね9月インタビューというのは実に使い道が広い理由です一回頑張って取っておけばホームページはもちろんのことをダウンロードし令ランニングページのちょっとした一部分、また as 用生地の導入部分やまとめ部分にも使えたりします。
原稿として使うのはもちろんのことお客からいただいた声をもとにすればランニングページの新しいキャッチコピーの切り口が見つかったりもしますし何より担当者自身もあまりセールスよりも直接お客さんと会う機会が少ないマーケティング部の担当者としても発見が多いわけです。
以上のようにインタビューというのは非常にメリットが大きく多少無理してでもぜひ実現させて欲しいなという風に思うんですよねそのためにはインタビュー相手がいないという子の目下の課題を解決していかなければならないわけです。 

原因
インタビュー相手が見つからない原因として再度課題を整理しておきます。
一つ目はそもそも導入者数が少ないという課題です少ない中から2社3社と見つけようとするとどうしても無理が生じてきます。製品リニューアル後だけに限るとはほとんど導入実績がないけれどもリニューアル後の内容でホームページを作らなければいけないと言ったフェイズで非常に苦労しますこれが一つ目です。

原因の二つ目は、担当者から見て関係性がわからないという点です。
既存の導入者リストを見れば一定の顧客数はあるのですからそこに全員依頼をすればいいわけですけれどもとはいってもいきなり同時多発的に全員にメールを送ることは現実的にありえませんから誰から依頼をして言ってじゃあダメなら次はどのリストというのを決めていかなければいけないんですね担当者からすると直接会ったことはないわけですしあくまでリスト上の存在ですから本当に依頼してしまっていいのか心配になってなんとなく候補から外れてしまう結果的に大丈夫そうな依頼先リストもないといったケースになってきます。

三つ目は依頼できると思ったらできなかったというケースでこれが最も手を焼く原因となります簡単に言えば話を聞いてみた結果導入をしているけれどもリニューアル前の商品だったとか現在の商品を導入しているけれどもこちらが求めている使い方をしてくれていないケースもあります特に高機能なソフトウェアサービスの場合だと顕著ですね。

このように結果的にインタビュー相手として適さなかったというケースがいくつかの要因をもとに発覚するわけですね。
 BTOB 業者にとってはインタビュー自体の価値が高い上に製品のリニューアルが大きいためできる限り最近のお客さんの中で関係性が深い人から依頼をしていく必要があるのですがなかなか理想どうにも進まないと。

以上がインタビュー相手が見つからない主な原因かと。

異常原因を整理してきましたがでは実際にどのような解決方法があるのか解決方法について見ていきたいと思います

主な方向性としては無理してでもインタビューするか新しい導入実績が出るまでインタビューを見送るかになってくると思うんですね。
無理してでもインタビューするというのは、古い付き合いのお客さんに商品のイメージとか会社の印象などを聞いていく最新のサービス概要についてあまり詳しくない文昨日よりも関係性や印象についてのインタビューを重点的に行うこれだと古いお客さんでもどうにかインタビュー相手にできそうですよね。

二つ目は現在進んでいるお客さんに対してインタビューを依頼するということです当然すぐには顧客の声にはなりませんからある程度タイムラグが生じてくるのですが最新のサービス概要に応じた一番欲しい乾燥ないしわ会評判というのが得られますからこれは待つ価値があるのではないかと思います。すぐにホームページに使いたいという気持ちを抑えつつホームページの日程を調整しながら最新の導入事例が得られるまで辛抱するという方法ですね。

以上が主な解決の方向性かと思われますが実はもう一つ方法があるんですね

それはインタビューように製品を体験してもらうというやり方です。

物を売る BTV 業種では少し難しいかもしれませんがエビと美容師のうちソフトウェアサービスやコンサルティング教育サービスなどを提供している場合はその体験版といった位置づけで実際のサービスを提供しその対価として金銭ではなく感想をいただくと言ったやり方ですこの場合は新規に募集をしてさらに短期間で感想を得るために日程も抑えなくてはいけませんこの方法であれば時間的な制約をできるだけ解決しなおかつ乾燥確実に確保することができますこの場合の体験版は通常の体験版とは異なりインタビュー用の体験版であることに注意して下さいつまり通常の体験版よりもより濃いものを提供してできるだけ良い感想を引き出すという方法が必要になります

この場合色々テストモニター募集という方法になるのですがテストモニターの募集方法というのはまた別途方法論がありましてこれも身に付ける必要があるかと思いますただしインタビュー自体の素材集めという観点からコンテストモニターを募集してその場で感想を取ってしまうというのも実に有効な方法かと思われます。

以上インタビュー相手が見つからない課題について原因と解決方法をいくつか考えてきましたデジタルマーケティング担当者としてはこれらの解決方法というのは常に必要になりますからぜひ身につけて行ってください

無料e-bookプレゼント!

無料Eブック「最高のマーケティング部署を作る方法」プレゼント!

ダウンロードする

関連記事一覧