インタビュー依頼しておいて! #デジタルマーケの現場課題

#デジタルマーケの現場課題, コンテンツ, 顧客インタビュー

デジタルマーケティングの現場で生じるさまざまな課題。
現場の実際の声をもとに、その問題の原因や解決方法を一緒に考えていくのが「#デジタルマーケの現場課題」シリーズです。

課題

インタビュー依頼しておいて!
顧客事例集めたいから、最近のお客さんにインタビュー依頼しておいて!と言われた。具体的に何をすればいいのかわからない。

コメント

インタビューをやりなれていないと、なんとなく考えてしまいがちなんですよねえ。たど
時間がかかることもあるので早めに依頼はしたいけど、イメージがわかなくて時間がかかる。

原因

動けない原因は、依頼先の選び方と、そもそも記事を何に使うのかがわかっていないことなんですよね。

よくある勘違い

勘違いしやすいのが、そんなにすぐできるわけじゃないってこと。受ける方も嬉しくて受けちゃうんですが、実際にやるとなるとすごく時間がかかるんです。

解決方法

依頼から掲載まで全てのフローを書き出して、それぞれで誰がどれくらい手間がかかるのかの合計を、目にみえる形で表現しましょう。
安易なインタビューはやるな。

注意点

インタビューをやるなってことではないです。あくまで、やるなら甘く見るなよ、ってことなんですよ。

改善策

本らしい本はありません。ユーザーインタビューは業種によって千差万別なので実地でやるしかないです。
文体をまとめたサイトはみておきましょ。

落とし穴

ただ、実際どれぐらい手間がかかるのかってわからないですわね。
みなさんはどうですか?? しっかり解決したい人は、相談会もやっています!

今回の課題は顧客のインタビューを取ろうということになりましてそのインタビューの依頼先というの考えなければいけないとこれを上司から担当者に依頼されたというケースですねこうしたインタビュー依頼の係数のよくありまして特に営業しては導入のイメージがわかないといった場合に導入した実際のお客さんの声をもとにそのイメージができるだけリアルに身近に感じられるようにしていくという手法がよく見られますと顧客事例というのはインタビューをしてその様子を記事にするだけじゃなくてダウンロード冊子にしたりとかランニングページの顧客の声のところに短く要約したりするなどへ実はすごく使い勝手がいいんですねそのため一つのインタビューを色んな所にコンテンツとして使い回していけるというメリットがありますし非常に効率が良いとうまく使うと一度に何度も美味しいというようなのが特性がありましてこれは顧客インタビューの特性だということになりますそのぶんインタビュー選びの相手というのは実は非常に重要なんですけれどもこれを重要性を分かっていないでなんとなくインタビューやろうということになってしまっと肝心なインタビュー相手の選び方というのがわからなくなるんですね特に担当者が依頼先を決めなくてはいけないケースというのがありましてこの場合直接自分が担当したお客さんではないケースが多いですからいやば直接的には関係のない顧客に対してインタビュー依頼していくとこの際にどういった進め方をすれば良いのかどうやって決め方をすれば良いのかこれについてお話をしていきます

最初に考えたいのがあのインタビューというものがええやろうっていうのは分かるんですけれどもどうやって進めたらいいんだろうっていうのが実はあのはっきり分からないんですよね行ったことがないとどうやって依頼すればいいのかも分からないしどうやって進めればいいのかもわからないわけですさらに言うと喋った内容を文字をこするななんとなくイメージが湧くんだけれどもおそらくですけどただ話気に入ってもうまく話を引き出せないんじゃないかと別に私はインタビューのプロじゃないからというところでわからないポイントはたくさん詰まってるわけですよ担当者は準備すればするほどその分からないというとこに気づいて不安になっていくというたところですそこでまずは分からないっていうところの原因というのを整理してきます

原因
やることになって第一歩を踏み出せない原因というのはインタビューというものをプロセスを分解できていないというのが原因だと思うんですよね簡単に言えば インタビュー自体の目的の整理をした後に依頼先の剪定をしていくのが最初の部分ですか特に顧客事例を集めたい場合は自分自社の過去の客様の中から選んで行かなければいけませんよねこれが第一ステップ
二つ目が依頼する際の準備としてどんな依頼の仕方をすれば良いのか質問はどんな質問を用意すれば良いのか当日はどこで取材をすれば良いのかまたお礼とか名前の表記ならどのようにしたら良いのかまたスケジュールとして取材日を終わったとしてどれぐらいのスケジュールで監視させれば良いのかこれが進め方とスケジュールの問題です
そしてもう一つありまして実はよくあるの替え過去の導入実績を聞くわけなんですけれども実は今最新で最も訴求したい商品やサービスの内容と微妙にずれているケースがあるんですよねつまり過去,まだサービスとか 商品パッケージが固まる前まだ前のままだった時のお客さんだったケースがよくあるわけです特に関係性が深いお客さんに依頼してるわけですから当然あのサービスの初期にお客さんになってもらった可能性が高いわけですよそれとも大サービスが固まる前にサービスを受けているのでそのままインタビューすると商品のイメージが違うままインタビューをしてしまうというケースになってきます。

さらに言うと勘違いとして起きがちなのか、誰しもインタビューに協力してくれるという勘違いなんですよ。
もちろんね関係性が深くてお互いの商品の発展のために是非とも協力したいとまたインタビューで自分の会社の名前と自分の顔が出るなら僅かでも宣伝になるかもしれないといった形でインタビューに答えてくれるケースもあると思うんですよ。
ただそうは言っても取材で1時間営原稿チェックに2時間程度頂いてしまうとなるとそれなりに相手の時間を奪ってしまうことになるわけですよね、。
こちらとしてはホームページ掲載用に軽くお客さんの声というのをいただきたいと思ってはいるんですけれどもただ実際にはちょっと使うだけでもしっかり使う場合でもそれの時間ってなんかかるわけですよ生半可な気持ちで依頼してしまうと逆に帰って取材のチェックとか文章の直しとか写真のチェックとかで時間がかかってしまってかえって相手の迷惑になってしまうと。
ちょっと乗せるだけだから軽い気持ちでいいだろうというのは大きな勘違いです。別にいくら関係があるからと言って仕事の時間を割いてまでインタビューに答えてくれるのは向こうにとっては別に得にはならないということなんですね。これは注意してください。

以上は主に三つの観点から分からないことが原因であるといった形で説明をしてきましたと当然それぞれの進め方や解決方法というのはあるわけですただ実際には大学でまとめて学んだところで相手は実際のお客さんなので想定外の事が多々怒るわけですから担当者としては最初のうちは失敗しながら怒られながらでもインタビューの術というのを身につけていく必要があるかという風に思います。

顧客事例インタビューというのは社内でのトレーニングや座学での学習が非常に難しい分野になります必要な準備っていうの習った上で実際にやってみても大きく失敗したり大きく怒られたりしながら成長していくものだと考えております

ただそうは言ってもトレーニングとしていくつか身につけた上で本番望むケースもありますして依頼人にただこの人この日に食べさせてくださいではうまくいかないですからどんな文章を書けばよいのかどんな依頼文どんなスケジュールの提示をすれば問題なく進められるのかまた予想外のトラブルに対してある程度ブロックしておくことができるのかこういったインタビューの技術というのはうちの方でも一定のノウハウがあります。

私自身も顧客事例インタビュー含め数々のインタビューを経験してきましたがやはり難しい面はあると思いますしえち***が直接仕事に悪影響を出してしまうことも起こり得ますそのぶんうまく行けばメリットも大きいわけですからぜひインタビューの技術を身につけてほしいという風に思いますもし興味がある方は顧客事例インタビューの進め方をまとめてお伝えすることもできますのでお問い合わせください

無料e-bookプレゼント!

無料Eブック「最高のマーケティング部署を作る方法」プレゼント!

ダウンロードする

関連記事一覧