顧客向けダウンロード資料のデザインが作れない #デジタルマーケの現場課題

#デジタルマーケの現場課題, コンテンツ, ダウンロード資料・プレゼント冊子

デジタルマーケティングの現場で生じるさまざまな課題。
現場の実際の声をもとに、その問題の原因や解決方法を一緒に考えていくのが「#デジタルマーケの現場課題」シリーズです。

ではダウンロード資料のデザインがえークオリティがあげられないという課題です。
デザインがダサいという課題です。
別のマーケティングでは資料ダウンロードページや無料プレゼント PDF ホワイトペーパーなどで自社で資料を作ってそれをダウンロードしてもらうという機会があるんですよね。
無料でプレゼントするためただだからクオリティはほどほどでいいだろうと考える人もいるかもしれません。
一方で無料とはいえども企業の名前を出して4も記入して渡すのだから一定のクオリティがなくてはいけないと考える人もいると思います。
また自分では資料のデザインは出来たと思っても社内回覧をした結果もう少しデザインをくれてあげてほしいと言われた。
こうした場合に白のデザインのクオリティの開け方がわからないという課題が出てくるんですよね。
特にレジ巻担当者の場合デザイナーではありませんから治療のデザインのクオリティをどのように高めたらいいのかわからないという課題が出てきます。
クラウドソーシングで依頼するには費用や時間が間に合わないし目の前のこのデザインのデータをぱっと改善できる方法を知りたい。
こうした場合にどのような解決の糸口があるのかこれについて見ていきたいと思います。
そもそもダウンロード資料と言いますけれども実際にはパワーポイント Keynote などのスライドデータであることがほとんどだと思うんですよね。
スライドデータの場合はデザインの要素というのは限られてきますからこの要素を分解してそれぞれを高めるコツを知っておくことで解決することができます。
購入とクオリティが高まらない件やこの様子の分解ができていないということになるんですよね。
ではこの要因について見ていきたいと思います。
最初の要因はデザインの要素として分解できていないことと言いましたがデザインの要素として何があるかというとですねまずは文字フォントです。
この文字フォントが中心のテーマになりますがそれ以外に何があるかというとは全て色があります。
これも一色ではなく驚異的な3色で考えることが必要です。
そして余白スライドデザインのクオリティを決める大きなポイントがこの余白なんですよね。
実は S Trade 下手な人ほどこの余白を信頼してしまっている枠をはみ出してしまっているからダサく見えてしまうということが起きてきます。
四つ目がジャンプ立これは見出しと本文のフォントのサイズのこのフォントサイズ差がないと文字だらけに見えてしまう上にパッと見何が重要なのかわからないという課題が出てきます。
そして最後に柱と言われる内容以外の部分をどれだけつけられているかこれだが資料のデザインに関わってきました。
では一つ一つ見ていきましょう。
最初に文字なんですけれどもえー PowerPoint や昨日とまた Google スライドで作ってるケースもあるかもしれませんが使いやすいフォントというのは決まってるんです。
一般的にはゴシック体で作ると言ってのクオリティは出せるんですけれどもただ腰の中にもいくつか使うとダサくなる腰来た池があるんですよね。
例えば Microsoft に入ってる MSP ゴシックはどうしてもダサくなるから使用を避けたいですよね。
またこのフォントも本当に選べばいいというわけではなくて本当の絵文字の詰め方というのも決まってくるんですねと言われるものでこれが文字と文字の間が開きすぎているとダサく見えてしまうというケースもあります。
この場合は PowerPoint Keynote で字間を調整していく必要があります。字の間ですね。

続いては色です。
これが一番高くなる原因なんですけれども赤や黄色などの原色を使いすぎてしまってて遅くなってしまっていうケースですね。
この場合はあらかじめからチェッカーのようなサイトで色の組み合わせというのを決めてからデザインする必要があると思います。
具体的にはメインカラーそして京町から京町のサブカラーを決めてそれが色のバランスとして正しいものにした上でそれを最初のスライドのマスターデザインに入れていくという作業が必要です。
をすることで色全体が来ることがなくなりますし3色+黒と白の5色で構成されるだけでかなりデザインの内容としては なくなりました。

三つ目が余白です。
これは簡単に言うとは最初に決めたよ博は絶対にはみ出すなということですね。
例えば1枚だけグラフではみ出してしまったりとか文字が多くなる箇所でどうしても下にはみ出ししまったりというケースがありデザインが分かっていない人だとついついはみ出してしまいがちなんです。
これが実はスライドのクオリティを大きく下げている原因であるということを知っておかなければいけません余白を決めたのであればその余白にはみ出す場合は絵文字の方を小さくする必要があります。
もしくは文字を削ってしまうということですね余白を守ることがそれのデザインのクオリティを保つ大きなルールだと覚えておいてください寄っ詰め替え柱です。
柱とは何かと言うとったそういえば明日のストライドを見ればわかりますが下の方に丸し会社名といった形で権利表記があります。
権利表記は必ずそれのマスターデザインに入れるわけなんですけれども権利表記は本文と内容と距離を置いてかなければいけません。
文字も小さくなりますし薄くする必要があるでしょう。
またすべてのスライドに企業のロゴを入れるケースもあります。
この場合も本部の内容とロゴは距離を離さなければいけません。
他に柱として要素が勝負を分けた場合二章の始まりは1ページまるまる文字のないショータイトルだけのページを作るというのも手です。
こうすることで全体にメリハリが生まれ特に16ページ以上の資料は講師大正琴のまとめというのを入れる必要があります。
最後にジャンプ立高野何かと言うと見出しと本文のフォントのサイズの差を4以上ない小6以上にするということです。
パッと見でこれはみだしなのか本部なのかがわかる状態にするということですね。
実際にはページタイトルは最初の一番上に入れることが多いでしょうからページタイトル本当に10としたならば日本文の本当は16もしくは14以下にするというジャンプ率の設定が必要です。
こうするだけでかなりデザインは良くなると思います。

またプラスワンポイントとして黒い色を使うのではなく苦労の塩少しグレーに寄せてみたり少し整備に寄せてみたりといった黒の調整もいいデザインの様子を決める上での重要なポイントです。
実は100%の黒だとねデザイン所あまり綺麗に見えないケースがあります。
この場合は黒基本の黒の色を変えてみるというのも手です。

以上自社でスライドんで前を作る場合にそのデザインのクオリティを上げるための方法についてそのヒントをお伝えしてきました。

異常な五つの観点をもとに確認してみるだけでクオリティはかなり変わってきます。
といってもソフト別の設定の方法や色の決め方は自転テクニックがありますし色を決める場合にもやはり先生ので出来てしまいますから実際には一度作ったものをデザイン経験者に見てもらうか体も必要だと思います。
弊社でも腰配布資料のチェックを可能ですので必要であればお問い合わせください。
それと資料を社内で行って残りに持っていけるデザインのルールを守った上でスライド資料をうまく使いこなしていきましょう。

無料e-bookプレゼント!

無料Eブック「最高のマーケティング部署を作る方法」プレゼント!

ダウンロードする

関連記事一覧