ダウンロード資料を渡すまでの導線の意味がわかっていない #デジタルマーケの現場課題

#デジタルマーケの現場課題, コンテンツ, ダウンロード資料・プレゼント冊子

デジタルマーケティングの現場で生じるさまざまな課題。
現場の実際の声をもとに、その問題の原因や解決方法を一緒に考えていくのが「#デジタルマーケの現場課題」シリーズです。
今回の課題は大友ダウンロード資料が設計が分かっていないという課題なんですね別のマーケティングの現場では他社がやってるダウンロード資料や無料プレゼント PDF ホワイトペーパーなどの施策を自社でも真似してみるということがあると思うんですよね一般的には広告で資料プレゼント中というような広告を出稿してメールアドレスを記入した人に治療を提供するもしくは SEO 記事の最後の方に資料をプレゼント中ですと案内をして記事から資料申し込みページに飛ばしてこちらも4も記入してもらうとこういった形が一般的なんですけれどもそもそもなぜこの資料ダウンロードというものをやるのかもしくは絵なぜそのただプレゼントするのではなくて必ずフォームを記入してもらうのかこの根本的ななぜか分かっていないと担当者のレベルではいくつか分からない点が出てくるんですよねではこうしたそもそも何故ダウンロード資料というものがあるのかについて基本的な知識を解説していきたいと思います最初にですねなぜ今ダウンロード資料プレゼント PDF ホワイトペーパーという政策があるのかと言うと答えは簡単でメールアドレスを獲得するためなんですよ子まで分かると思うですよねなぜメールアドレスを獲得するかと言うとですねそれはメールマガジンニュースレターステップメールを送るためなんですよメロディープがあれば自社のメールしても登録されて一定の量は自動でメールが行くようになってると思うんですけれどもじゃあメールアドレスを獲得できるのであればいろんな方法があるじゃないですか名刺交換すればいいかもしれないしそっちの方がよっぽど早いですよねじゃあ何故このダウンロード資料と引き換えにメールアドレスを手に入れる方法があるのかと言うとですね実はメールアドレスを獲得するのが目的と言ってもですねえメールアドレスなら何でもいいわけじゃないんですよつもりですねメールアドレスの中でもそれがどんなメールアドレスなのかを知りたいからダウンロード資料があると考えると分かりやすいかもしれませんつまりですねそのメールアドレスだけではわからないその先にあるメールアドレスの持ち主顧客がどんな情報知りたいのかどこに課題を感じているのかというのを探るためにダウンロード資料があるわけですよ一般的な名刺交換だと雑談した後に名刺交換をしてその名刺交換をした持ち帰って社内のメールアドレス登録すると思うんですけれどもこれだと実はどんなことに興味があるのかってあんまり分からないんですよね一方でダウンロード資料の情報と引き換えにアドレスを獲得するとどんなメリットがあるかと言うとそのアドレスは少なくともそのダウンロード資料の内容には興味があるという情報があるわけですよ例えば採用の業務を効率化するツールに興味があるのであればその内容が書かれた資料をダウンロードするそして対応や業務効率化に関する情報には興味があるだろうと推測されるわけですよねそれとメールを送る際にもその分野にひっかけた内容を送った方がいいわけですよここでどんなメールを送るかと相手がどんなことに興味があるのかが一致してるわけですよねそのヒントをつなぐのがダウンロード資料のテーマということになるんですよどんなニーズのあるアドレスなのかを事前に知ってから登録することでその後送る情報というものも必然的に定まってくるということなんですよこれがないと自社の商品の中でどの部分に興味があるのかわからないアドレスに大まかな水だけ把握して送ってる状態というのが生まれてきちゃうんですよね心がメールアドレスで興味のない体も送ると一定の確率で登録解除されてしまうわけですよどうか せっかく獲得したメールアドレスとは失わないためには相手が興味ある情報を見極めて興味のある情報だけ送りたいというのがメールアドレスの管理なわけですよでまたもうちょっと忘れてはいけないのがそもそもメールを送ることが目的ではないんですよね最終的には個別相談をしてヒアリングをして最後に顧客になってもらうのが目的なわけですよそれとですねただメールをアドレスを送るフォームに登録すればいいわけじゃなくてメールを送った後に最終的にお客さんになってもらわなければいけないわけですよするとダウンロード資料の内容というのも実は一定の制限ができてくるわけですよね例えば答えを与えすぎていませんかというのも重要なポイントなんですよダウンロード資料ですべての答えが入ってる資料をタダで渡してしまったらどうなると思いますか例えば渾身の220ページの資料渡しても読むだけでも精一杯だって読むとかなりの方が手に入るとこんな白渡してしまったらおそらくもう本人は満足しちゃうわけですよこの資料さえあれば問題解決行けると思ってねそれとあのその後やってくるメールアドレスからの案内っていらなくなっちゃうんですよねつまりいくら情報を与えることが大事だといっても与えすぎてしまっては大衆的な目的を果たせなくなってしまうわけなんですよ相手が興味のある課題に対してダウンロード資料を提供してそれで全ての問題が解決されてしまっては意味がないわけですよするとどんなダウンロード資料を作るべきかっての見えてきますよねつまり相手の悩みに誘っているけれども課題を100%解決してはならないということが見えてきますよね内容はほどほどにしなければいけないわけですまた村ダウンロード資料をダウンロードした結果どうなればいいのかっていうの考えるともっと話してみたいもっと知りたいもしくは個別で相談してみたいとなるのが理想なわけです個別相談すれば必然的に関係ちが捕まりますし最終的に顧客になってくれる可能性も高まるわけですよこのような条件を満たすのがダウンロード資料であり必然的にどんな情報をどの段階でどれぐらい与えればいいかってのも分かってくるわけなんですよね翻ってダウンロード資料がなぜまあこういう方式なのかっていうのをもう一度考えてみると資料の要件としてはターゲットを明確化してその頃メルマガの案内をしやすくするメルマガのセグメント分けやすくするのと同時に直近の課題を解決するけれどもより深い興味やより深い相談のニーズを喚起するそのことによって最終的に情報与えた相手がもう一度ネジ車に興味を持ってくれるという2段階の設計をしていかなければならないということになりますそれを作るのがメールアドレスというきっかけなんですよねメールアドレスによって初回の案内を送り次回の案内を送り歯医者的には個別相談会とか合同セミナーのような案内を送らなければいけない送った時にそれがより高い反応のできるような状態にしなければいけないそのためにはメールもただ案内ではなくて例えば用語を解説したりとかよくある Q & A を解説したりといった内容になってくるわけですメールで送るのであれば女子寮の内容はどこまで書いておくべきか資料で足りないところをメールでどのように保管するべきか見えてくるということがいえます以上ダウンロード資料の考え方や重要なポイントなぜメールアドレスを取得するのかというポイントについてお話ししてきました今日話したのはここまで話してきたのは便利ですが実際にはこの原理を元に実際にどんなダウンロード資料にするのかどんなタイトルにするのかどんなランディングページにするのかどんな広告設定にするのかそしてメールアドレスを取得 どんなメールアドレスどんなメールを配信するのかメールをどれくらい配信するのかといった様々なポイントがありますここはまさにデジタルマーケティングの真髄とも言えるところでなかなか未経験者が一人でたどり着くには難しい領域です是非一緒に設計をしながらやっていけますように弊社でもこのダウンロード資料とそれ以降の設計についてサポートが可能です是非お問い合わせいただければと思います。

無料e-bookプレゼント!

無料Eブック「最高のマーケティング部署を作る方法」プレゼント!

ダウンロードする

関連記事一覧