無料ダウンロード資料のクオリティに迷う #デジタルマーケの現場課題

#デジタルマーケの現場課題, コンテンツ, ダウンロード資料・プレゼント冊子

デジタルマーケティングの現場で生じるさまざまな課題。
現場の実際の声をもとに、その問題の原因や解決方法を一緒に考えていくのが「#デジタルマーケの現場課題」シリーズです。

様々な課題今回の課題はダウンロード資料のクオリティーをどこまで高めたらいいのかという課題です一般的にダウンロード資料やホワイトペッパーといったものは大企業の商品紹介をするためにその最初のきっかけとして顧客に情報提供をしてその見返りとして顧客情報をいただくとこのプロセスのために製作されますその場合資料のクオリティ2の実は別に治療見せてからアドレスをもらうわけではないのでどこまで治療のクオリティにこだわったらいいのかっていうのは分からないですよね担当者からすれば治療のクオリティを高めようとすると時間がかかってしまっていつまでも公開できませんから一定のクオリティを担保したのであれば後は後悔したいというのが本音ではないでしょうか一方えマーケティングの責任者としては会社の資料として提供する以上は一定のクオリティを満たしては後悔したいと言うんですけどもじゃあそれを出さないでどこまで作れるかと言うと不安だといった形で一般的な絵ダウンロード資料のクオリティーというのの LINE を揃えなければいけないと思うんですよねこの資料のクオリティの考え方についてどんなヒントがあればいいのかというのを考えてきたいと思います最初にですねダウンロード資料というのは元々目的を考えてみるとホームページに資料があります資料請求お待ちしてますといった形で広告や SEO 記事から案内があるわけですその案内を見て顧客がこれは自分にとって必要な資料だこの資料は興味があるといった考えのもとに頭も記入して資料をダウンロードしようとするわけです実際には一般的な流れとしてですね記入してすぐダウンロードできるというよりは記入された情報がメールで担当者の元に届いて担当者がその内容を記入内容を判断した上で手作業で資料を送付するといったプロセスが多いのではないでしょうかもしくはセールスフォースと連携しているのであれば自動で変身するという機能もありますし何を記入してもらってから資料を送るというのが一般的な流れですがこの場合ダウンロードする側は教師とタイトルしかわからないわけですよねするとまた後でもらえる市もらっとくかと考える人とどれぐらいのクオリティがわからないのに自分の情報渡すのは嫌だなと考えるに種類がいると思うんですよでただでもらえるか釣れずもらった後半の人に対しては資料のクオリティって何ですの問われないわけですよねもちろん期待してた以上のクオリティだったら喜ぶでしょうがおそらくもらった時点である程度満足していますから自作降りてそんなに関係ないんじゃないかと考えることもできました一方でクオリティが担保されていなければ情報渡したくないと考えている人がいるとしますよねこうした人に対してクオリティが安心できるから顧客情報を渡そうと考えるのであれば記入する際にその安心材料を与えてあげればいいわけですよねクオリティを高めのではなくダウンロード請求に対して記入が不安な人に対してその不安な材料消してあげる方がよっぽど大事だと思うんですよねこれは治療自体のクオリティを上げるのではなく方も記入する際のページを作り方を工夫する方がよっぽど重要なんじゃないかという風に考えることができるわけですよその不安材料を解消する方法短何かと言うと酒とタイトルと表タイトルと表紙しかわからないと言いましたが別にね中身を見せてしまってもいいわけですよ例えば32ページあるのであれば最も自信のあるページって多分34枚あると思うんですよねすごく頭をしっかり詰めたページとかもしくはですね何かフローチャートとか記入して使える特別なワークシートがついていたりとかですねそういうあの自信のある34枚を合わせてもう見せてしまうともしくは様子はわかるがギリギリ文字が読めない程度にモザイクをして乗せてしまう小さく文字を小さくしてギリギリ読めない程度に掲載するといった方法がありますこうすることで40ページのうちの1割以下440ページの4枚でもクオリティがなんとなくつけて見えるわけですそれとダウンロードするかは安心ですよね 自分の体顧客情報を渡してでもこの資料は価値があるなと思わせるための安心材料を一部公開してあげることで渡してあげるとしかもその一部公開するページは単に最初の4枚ではなく一番自信のあるページを渡してあげるとこうすることで顧客の不安を取り除くことができなおかつ全体のクオリティをそこまで高めるコストを払うことなく課題を解決することができるという風に言えますそのため資料のクオリティについて考えるという問題をダウンロード時の不安に不安を解消するための作業に置き換えるという考え方のシフトが重要です実際にやってみると資料をダウンロードした後の実際に全部全てのページのクオリティを見て反応が変わるということは作業フローじゃないわけですよねあくまでダウンロードしてもらえればいいわけですしダウンロードした内容が期待以上であっても期待外れであってもちょっとあんまりその後の風呂には関係ないわけですよもしくはクオリティを求めすぎた結果あまりに情報を与えすぎてしまうとかえってき顧客はそれで満足をしてしまってそれ以降の実際のディスカッションとかお問い合わせに繋がらないという悪影響も出てくるわけですよダウンロード資料はクオリティー高めすぎるとかえって悪影響にすらなってしまう時間がかかる上に顧客と距離ができてしまうのはもったいないですよねこうした観点からエアタイト来ないか2ダウンロードしませんを取り除くというバランスのもとどんな資料を作りそのうちどの部分を公開していくのかを考える必要があるといえますここまで考え方お話ししてきましたが実際に自分の会社の資料がどれくらいのクオリティで初めての人から見てどういう不安材料があってなおかつえどこを公開すればスの不安を取り除くことはできるのかこれについては客観的な視点が必要だと思うんですよね白作り慣れていないとやっぱりクオリティはどうしても下がり気味ですし上手く無料公開部分を決めたりもできないと思いますから経験したことのあるて専門家の意見を聞くのがいいかなと思います電車でもダウンロード資料を一から作りその導線設計までは行ってきましたそのぶんうまい資料の作り方というのはいくつかノウハウがありますので必要であれば是非お問い合わせくださいダウンロード資料はクオリティを追求すれば良いというわけではないと非常に難しいバランスのもとに成り立っていますその意識のバランスを学びながらうまく活用していってください

無料e-bookプレゼント!

無料Eブック「最高のマーケティング部署を作る方法」プレゼント!

ダウンロードする

関連記事一覧