社内でダウンロード資料がうまく作れない #デジタルマーケの現場課題

#デジタルマーケの現場課題, コンテンツ, ダウンロード資料・プレゼント冊子

デジタルマーケティングの現場で生じるさまざまな課題。
現場の実際の声をもとに、その問題の原因や解決方法を一緒に考えていくのが「#デジタルマーケの現場課題」シリーズです。

今回の課題はダウンロード資料を社内で作りたいがうまく作れないという課題ですなぜダウンロードしを作るのか分かっているけれどもさ実際に作ろうとなるとなかなか進まないなとこういった課題について見ていきたいと思います始めにダウンロード資料もしくは PDF プレゼント資料ホワイトペーパーなどと言いますがこれらは社内で制作してページにプレゼントコーナーを設けてフォームを記入した人にその個人アドレスや現場の様々な課題をもとにその解決方法を見ていきます今回の課題はダウンロード資料が社内でうまく作れないという課題です PDF 資料やダウンロード資料ホワイトペーパーなどという言い方をしますが一般的に資料請求した顧客に対して商品情報以外の情報を提供することで顧客と関係を作りまた資料請求時に顧客情報記入してもらうことでその顧客情報をもとにしたセールスを可能にするというのがねダウンロード資料の役割ですとこの場合に当然顧客は期待して資料請求するわけですから良い内容良いデザインのものを提供したいというのが自然な考え方だと思いますもちろん無料で立ち上げるわけですからある程度のクオリティがあればクレームにはなりにくいわけですがとはいっても会社の営業資料として一定のクオリティを保ちたいというのも本心だと思いますただこれと保ちたいと言いつつもうで実際にそんなクオリティを高める方法は分からないし自分でちょっと作ってみたけれども全然いいのができない他者の資料はどうやって作ってるんだろう外部にまるまる依頼するほどの予算は出せないというのが現場の課題だと思います私自身もダウンロード資料を自社でも他社のケースでも作ったことがありますが意外にも時間がかかるんですよね無料で提供するからといって手は抜けないですし単なる商品紹介でも良くないわけです上手に顧客が興味のあるテーマを自社の商品に落とし込んでいくというのは実は構成力やコピーライティング力も非常に重要ですから実は一定のスキルが必要になるのがダウンロードし令和という風に言えますではこの社内でダウンロード資料がうまく作れないという問題についてどのように解決の糸口を見つけていけば良いのかこれについてお話をしていきます最初にですねうまく作れない原因というのを見ていきたいと思いますうまく作れない原因はダウンロード資料を作るための要素が分解できていない分解できていないということが原因ですダウンロード資料を作るための様子と何かというと三つありますと一つがないようです二つ目が定時終わりです三つメカデザインですと内容ページ割りデザインの要素で分解してアプローチしていくことが必要ですよことが言えません内容はもちろんどんな内容にするかなんですけれどもこれもですね慣れていないと単なる商品紹介になってしまうわけですよね顧客は別に商品紹介の他のセットを自分のメールアドレスを渡してまで欲しいわけではなくて欲しいものは別にあるわけです欲しいもの何かと言うのですね簡単に言えば業務の中で生じる課題をどのように解決するかという人なんですよ BTOB マーケティングは大抵の場合何かしらの業務の課題を解決するための物やサービスやコンサルティングを行っているわけですからこの課題解決というのがひとつのキーワードになるわけですよするとですね内容に困ったらシンプルにあなたの授業は何の課題を解決するのかに立ち返ってみてほしいんですよ例えば会採用に関する課題を解決するのか例えば業務フローに関する課題を解決するのかもしくは既存のソフトウェアの使いにくい点を解決するのかなど何かしら解決できるポイントというのがあるはずなんですよねそこに向かうわけですとしてタイトル迷ったらその解決する課題をそのままタイトルにしてしまいましょう採用の課題を解決する方法とかストレートで構わないわけですよではその課題解決をテーマにした内容の冊子をどのように作っていくかというので二つ目ページ割なんですね体地割ページ悪いは何かと言うとですねこれらの資料にするわけですから当然な するか決めなければいけないわけですよでこの何ページにするかっていうの実は結構腕の見せ所だったりするんですよね先ほど決めたタイトルに対して8ページで表現するのが16ページで表現するのかもしくは32ページ42ページで表現するのかこれですねまず最初にチョンダウンロード資料を紙で印刷することがあるかないかを最初にチェックしなければいけませんもし紙にも印刷可能性があるのであれば8の倍数なければいけませんし紙で印刷する予定が全くないのであれば何でも構わないわけですただていくらデジタルデータだからといってあまりに量が多いとどうしてもクオリティーは下がりますから負けんどとしても40ページぐらいが限度ではないでしょうかとの初めての家は16ページ程度でいいと思うんですけれどもこのページ割を決めていくにあたっては各ページにタイトルがつけられますかっていうの基準に昇進ですよねスライドにする偽を足しにするにせよ各ページに見出しないしはページタイトルが入れられる入れられるレベルでページ割をしていくとタイトル書き出し行ったら8個以上にはならないなとなったら8ページにするべきですし16ページぐらい来そうだな20時まで来そうだなと思ったら20ページにするべきですとページのタイトルが出せるかどうかは初めに Excel で考えてみてからページを決めるというのが必要なステップです工場で内容とページ俺が決まってきたら後は各ページごとのデザインを決めていくという形になります初めての場合はパワーポイント面白機能とで作ればいいのですけれどもここで重要なのがダサくならないデザインということになりますねページのデザインページのデザインとはなにかと言うとどんな本当にするかどんな色を使うのか色は何食まで使うのかページタイトルのフォントのサイズはどうするのかそしてダウンロードしろで重要なクラブですよね円グラフ棒グラフ折れ線グラフ色々あると思いますけれどもそのグラフをどれくらい入れるのかグラフだけのページにするのかグラフに資料の解説を入れるのかこうした観点がデザインになってきましたデザインの場合やはりあの慣れていないとどうしてもダサくなりがちですよね例えばデザイン情報かっこいいフォントとかっこよくない本気でもやっぱりあるわけですし余白の付け方も含めて一定のデザインのルールというのあるわけですよただこれはあの内容を作ってから最後してあげればいいだけなので初めはとにかく酒と決めた掲示板に従ってとにかく素材を入れていくとでデザインを再後で構いません家デザインだけ作れる人というのはいますからまずは内容を徹底的に仕上げていくとでデザインしてみてどうしても1ページに入らないのであればページを増やしたりもしくは逆に1ページもならなかったらページをまとめたりといった作業でページするが確定していきますねデザインを作ってみて言ってんのデザインセンスがある人に最後渡せば基本的には問題ないかなと思うんですねそれと仕上げるだけの仕事はクラウドソーシングでもありますし車内にもデザイナーに近い人がいると思いますのでそし誰か他にお渡しして最後仕上げてもらえばオッケーですそして崩れないように PDF に書き出しをしてダウンロード資料の完成ということになります以上が内容ページ尾張デザインの3ステップでダウンロード資料を作る方法というの解説してきました特にマーケティング部の担当者がやるべきことはこの内容決めとページ終わりですとデザインは最悪センスがなくても誰かに任せられるという観点でいうと定時終わりまでを頑張って行いましょうということになりますまたデザイン自体は後から変更することもできますし一応作っておけば他の資料を作るときにも役に立ちますから多少費用をかけてでもいいかなという風に思っています以上ダウンロード資料がさないで作れないという課題に対して社内で上手く作るための三つのステップを解説してきました。
実際にはどんな課題を解決するかというテーマに対して即座に内容が用意できる状態というのが理想です B ゼミマーケティングの現場で必要なダウンロード資料とその作り方について抑えながらうまく活用していってください

無料e-bookプレゼント!

無料Eブック「最高のマーケティング部署を作る方法」プレゼント!

ダウンロードする

関連記事一覧