ダウンロード資料を作れと言われたが何からやればよいのか #デジタルマーケの現場課題

#デジタルマーケの現場課題, コンテンツ, ダウンロード資料・プレゼント冊子

デジタルマーケティングの現場で生じるさまざまな課題。
現場の実際の声をもとに、その問題の原因や解決方法を一緒に考えていくのが「#デジタルマーケの現場課題」シリーズです。

ダウンロード資料を作ると言われたが何からやれば良いのかデジタルマーケティングの現場で生じる様々な課題現場の実際の声をもとにその問題の原因や解決方法を一緒に考えていくのがデジタルマーケの現場課題シリーズです。

今回の課題はダウンロード資料を作ると言われたが何からやれば良いのかわからないという課題です 。

B to Bマーケティングの現場ではダウンロード資料といった形で、業界の最新知識やえすせまたサービス概要がコンパクトにまとめられたスライドなどをダウンロードしようという形で提供することが一般的にあるんですよね。

これはスライドだったり本電子書籍のような本であったりまた本当にパンフレット行ったりといろんな形があるのですが、総称してダウンロード資料と呼ぶことにします。

ホワイトペーパーと呼ぶ人もいますがニュアンスとしてはホワイトペーパーは統計データや業界のアンケートなどを中心に解説するものでダウンロード資料どちらかというと実際について喋るというやつが強いかと思います。

これはダウンロードして令という言い方でご説明していきます。

なぜダウンロード資料を作るのかを考えてみる

このダウンロード資料は、作り方こそ簡単です。ただそれよりも、そもそも何で作るのかの方がよっぽど重要なんですよね。

ではここでは大きくで作るための目的の整理と時制の作り方に分けて解説をしていきます。

最初にですね目的について整理します。

「なぜ、プレゼントするのか」というの考えてほしいんですよね。プレゼントする理由を考えてみると、一つには顧客に情報提供する代わりに顧客情報を手に入れるためというのが一般的なダウンロード治療の目的なんですよね。

顧客情報と何かと言うと具体的には資料を請求する際にフォームを記入してもらうんですけれども、そのフォームを記入してもらうためにダウンロード資料があるということなんですね。フォームを記入してもらってダウンロード資料を請求してもらうと、その記入した部分のデータが手に入るわけです。

機嫌をとってはこのダウンロードしようっていうのは非常に価値があります。

例えばダウンロード資料が欲しいと思って請求してるわけですから、製品に何かしらの興味があるわけです。

また会社名や企業規模来週は資料のうちどんな部分に興味を持ったのかなど、ダウンロード資料を提供する際に記入下らフォームって情報がたくさん生まれてるんですよね。

そのためやその資料請求の申込みフォームの内容を見ながらお話をしていくだけで十分に商談のヒントを手に入れることができます。

ではこうしたダウンロード資料の目的がわかったところで、その提供のフォームの内容をどのように手に入れて行くかについて解説します。

実際には王国と組み合わせるパターンと、SEO記事と組み合わせるパターンと大きく2種類があります。

まず広告と組み合わせる場合、例えばダウンロード資料プレゼント中という広告をうって興味を持ってページに来てくれた人にこんな資料ですという説明をした上で治療の概要が自分のイメージでいくものであったならば、資料提供してもらうにはフォームを記入してもらうというまぁこれシンプルですよね。

「資料が欲しいですか?」と聞いて「資料が欲しいです」と言ったから、それと引き換えに顧客情報を手に入れたわけです。

これが一つ目ですね。

SEO 記事から資料提供してもらうパターン

二つ目が SEO 記事から資料提供してもらうパターンです。

こちらどういうことかというとSEO記事で検索をしてもらって検索結果に出られる表示された記事の最後の方により詳しい内容を知りたい方は資料請求をご案内しますといった形で記事の最後にそう思う用意するですね。

または記事の最後に詳しい資料も用意してますと言って資料の一覧ページに飛ばすとこれが SEO 記事から資料請求してもらう流れといった形になります。

こうしたま広告ルートと SAO ルートの二種類があるんですけれどもいずれの場合も基本的にはそれを見た人のうち興味がある人がやってきているというのが前提なわけです。

そのため興味がない人をと興味がある人区別するためにはこの資料というものがタイトルもしくは表紙である程度選別しなければいけないわけです。

つまり治療のタイトルづけとしてはよりターゲットに 言い方をしなければいけない子もやっとしたぼやっとした曖昧なタイトルをつけてはならないということになりますよね。

例えば btb 業種向けの製品であったら必ず btb 業種向けと明記するべきですし、さらにビートル業種の何業種向けの資料なのかなに事業部向けの資料なのかなに業界向けの資料なのかというのも明記しなければいけない。

基本的にダウンロード資料はターゲット明記すればするほど広告も出しやすくなりますし治療整形敦賀はもう自分にとっての資料だなということが一目で判断できるようになります。

そのため最初の課題に戻ってダウンロードしの作り方について言うならば、ターゲッティングをできるだけ細くしましょうねということなんですよね。

ターゲティングを細くすることでタイトル付けができますしたい取り付けが決まると自然と内容も整理されてきます。

どれぐらいの業種のどれぐらいの会社規模のどれぐらいの売上の会社に対してどんな内容をどれぐらいのレベルでお伝えしていくのか。

というのが決まるわけですから必然的に本文の文章の内容であったりとか使うテーマの難易度であったりとかもしか文体ですよね。

どれくらいのこのわかりやすさで書くのかというのもこの人定まってくるわけで、その上で例えばじゃ何ページぐらいがいいのかというのは考えていくわけです。

基本的にはダウンロードし令和ページが多いほどお得感もありますよね例えばただでもらえるのであればもちろん12ページや24ページの方がいいですし24ページを32ページ40ページ80ページの方がいいわけです。

ただあまりに多いともらうだけで満足してもらうので作るのも大変です。

一般的には40ページ程度が限界でしょうが、この40ページの資料を作るに際してどんなデザインをしていけば良いの買ってた形でデザインが決まってくるわけです。

このようにしてダウンロードしの作り方でのが大まかに決まってくるわけなんですけれどもそのためいきなり最初から正解にたどり着くケースは少ないと思うんですよ。

実際にはこのダウンロード資料というのは一度作ってみた上で作るためにどんな素材が必要だったのかとかどんなターゲットに向けて作ればダウンロードされるのかというのが徐々に分かってくるんですよね。

そのため現実的には最初に作りやすいスライド形式で作ったスライド形式の資料を作りましょう。

ページ数は16ページ内書20ページ前後にしておいて一度行ってみるとその過程でフォームを記入してもらってどんな企業が問い合わせしてきたのかを確認することでより精緻なターゲティングができていくということになります。

から2段階最初に大まかにラウンド城作ってみる段階とより細かくよりターゲティングした家を作っていく2段階目と分けてやっていくということが必要になってくるかと思います。

ダウンロード資料というのは先ほども言ったように目的から逆算して作っていくのが正しいセオリーで既存の会社の営業資料があるからとかたまたま社長が本を出してるからといった既存の資料というのはまずは考えずにダウンロード資料がそもそも顧客のどんなリストを獲得したいのか。

目的に立ち返ってそこから逆算していくプロセスが必要だと思います。

ただ実際には作ったことがないわけですから、イメージがつかないとその場合はダウンロード資料を作ったことのあるプロというのもあります。

ダウンロード資料のターゲティングを設計するにあたっては一定のデータというのも必要になってくるんですよね。

そうした作り方やデータが必要な場合は是非お問い合わせいただければ私の方でもサポートできるかと思います。

e-book「申し込みと商談を倍増させ売り上げを3倍にする動画マーケティング戦略」
プレゼント中。

中小・ベンチャー企業では動画マーケティングが注目されています。
動画を活用し、顧客にリーチ。
ウェブから売り上げをあげるには?社内で動画を安定的につくるためには?特別e-bookを無料プレゼント中!

ダウンロード

関連記事一覧