↓いますぐ冊子を受け取る↓

本書は、こんな疑問を解決します。

Q:マーケティング部署を新設したが、何から始めたらいいかわからない。

マーケ責任者のA部長

A:立ち上げ時のポイントを押さえないと失敗します。
マーケティング部をつくったときの最初は、代理店に依頼したり、本やネットで調べながら進めていくのが一般的です。
しかし!代理店はノウハウを教えてくれるわけではなく、社内の担当者はいつまでもそだちません。
また、初心者だと本を読んでも基礎がないため、定着しません。
では、ノウハウがたまらず、いつまでも成長しない状態を避けるにはどうすればいいでしょうか? 本書にそのヒントがあります。

Q:代理店のコストがかかりすぎていて、内製化して抑えたい。

ベンチャー経営者のB社長

A:社員を育成し、代理店に依頼する業務を半減させてください。
マーケティングは難しそうですが、全体像を理解したうえで個々の施策を実行する進め方を身につければ内製化が可能です。
社員にOJTさせるのではなく、育成期間を確保したうえで、徐々に内製化を実現させましょう。本書にそのヒントがあります。

Q:マーケティング担当になったので、自分で学習したい。

マーケ担当社員のC君

A:やみくもに調べようとすると、混乱します。
デジタルマーケティングは内容が広く、用語の定義もさまざまな上、理論と実践が大きく離れていることも。
最初に全体像をつかんだうえで、会社の商品を実例として身につけていくのが近道です。
本書ではこうした「担当者の学び方」についてヒントを記載しました。

弊社はこれまで、"デジタルマーケティングパートナー"として、企業のマーケティング活動をサポートしてきました。
昨今高まっているのは、インハウス化によるマーケティングの内製化です。
これまで広告代理店だけが独占していた情報を、企業が自ら得ることで、ノウハウを社内に蓄積していくことが必須になりつつあります。

そのインハウス化に必要なのが、担当者の育成です。
担当者を育成しなければ、表面的に業務をこなしても成果は上がらず、ノウハウになりません。
担当者育成のためには、マーケティングの全体像をつかんだうえで、個々の実践的なノウハウを実地で身につけていくトレーニングが必要です。
正しいトレーニングを経ることで、マーケティング部署を完成させることができます。
今回はそうした「最高の」マーケティング部署を構築するために必要なステップと注意点について、小冊子にまとめました。
コンパクトに要点をまとめたこの冊子を読むことで、インハウス化の成功に大きく近づきます。

本書を読んで欲しい対象者

マーケティング部署を新設したが、社内にノウハウがない
担当者の育成ができずに困っている
代理店任せをやめて、社内で内製化したい!
本書は3つのステップに分けて、マーケティングをインハウス化する手順を解説しています。 市販されているマーケティングの本ではわからない「リアル」について徹底的に解説しており、有料の書籍以上の価値があります。 特に、インハウス化が「失敗する理由」とその解決策について書かれたパートは必見です。

本書を読むと起こるこんな変化!

マーケティング部に必要な要件がわかる!
マーケティング部に必要な要件がわかる!
担当者育成のポイントがわかる!
外注コストがカットできる!
社内にノウハウが蓄積される!
最終的に、インハウス化が成功する!

↓いますぐ冊子を受け取る↓

本冊子は、執筆者がベンチャー企業のマーケ現場で直面した「課題」をもとにして執筆されました。

インハウス化に伴うマーケ人材の育成は難しく、独力で一人前になることが困難な業種です。
「もし、基本的な内容を最短で学び、すぐに実務に生かせたら・・・」
きっと仕事は何倍も楽しくなるでしょうし、売り上げという成果もついてくるでしょう。
社員、マーケ部長、経営者いずれも幸せになる未来はすぐそこです。

ただ実際には数多くの企業で、一人で悩んでいる若い担当者が存在するのが現状。
知識のなさを痛感するどころか、どのように学べばいいかすらわからない。成長している実感がない。
ビジネスパーソンにとってこれほど辛いことはありません。
こうした、困った担当者を一人でも多く救うために。
今の私にできることのすべてを、この冊子に込めました。

ぜひ本書を手に取り、可能性を切り拓いてください。