冊子をダウンロード!

さて昨今、様々なマーケティング手法があります。
動画マーケティングは、Webマーケティング手法の一環ですが、様々なマーケティング手法がある中で今回「動画」をテーマにしていきます。
では、なぜ動画なのか。例えば日頃目にするYouTube、SNS広告、Yahoo!の広告など、動画を見る機会があると思います。

一つ言えるのが、今後動画が観られる機会が増えていく、ということです。スマホの通信環境が良くなったり、電波状況が改善されると、日本全国で動画をストレスなく視聴できるようになります。すると、これまで通信の問題とかデータ量の問題でできなかったことが、徐々にできるようになっていきます。動画を使える環境が整うことで、動画を使ったマーケティングの土壌が整うわけです。

「動画で伝える、動画で学ぶ、動画で知る」ということがより習慣化していく。これは予想できる未来です。動画が伸びるという意味でいうと、まさにチャンスが来ている。
これから動画が伸びるのであれば、動画を使ったマーケティングを実践して、他社に先行してその成功を勝ち取っていくべきだといえます。

最初の一歩が踏み出せない?

とはいっても、動画マーケティングは他のWebマーケティング手法と比べて、最初の一歩が踏みだしにくい面もあります。

動画をやろう!と思ったとき、何から始めればよいのでしょうか。

例えば動画といえば、YouTubeチャンネルを運営するのはなんとなくイメージできるかもしれません。「YouTubeに、PRムービーとかセミナー動画を投稿すればいいんだろう」というイメージですね。

もちろん、これも正しいんですけれども、実際作ろうとなるとすぐにはできません。

「あれ?動画っていうけど、何をどうやって作ったらいいんだ??」と、最初でいきなり行き詰まってしまうんです。
動画そのものは分かるけれども、その動画がどうやって作られて、どうやって見られていくのか。そして、それがどうやって売上につながっていくのか。これが、さっぱりわからないわけです。

では、自分の会社でもできる範囲で、自分の専門分野でもできる動画において、どうやって売上につなげていくのか。それを最初に整理していく必要があると思います。

動画マーケティング実践に向けてすぐに踏み出す

動画マーケティングは、難易度でいうとイージーではありません。しかしながら、今回この冊子で解説するような「最初の一歩のヒント」があれば、攻略可能です。

この冊子で紹介する成功法則を知ることで、動画マーケティング実践に向けてすぐに踏み出すことができます。
あなたの会社が動画マーケティングに向いているのであれば、すぐに実践すべきです。動けずに時間を無駄にしないために、この冊子が役に立つと思います。

では、動画マーケティングの課題をクリアしていくために、なぜそもそも最初につまずいてしまうのか。
そして、その課題はどうやってクリアすればいいのか。
本書では、この課題について解説していきます。

本書を読んで欲しい対象者

マーケティング部署を新設したが、社内にノウハウがない
担当者の育成ができずに困っている
代理店任せをやめて、社内で内製化したい!
弊社はこれまで、"デジタルマーケティングパートナー"として、企業のマーケティング活動をサポートしてきました。
昨今高まっているのは、インハウス化によるマーケティングの内製化です。
これまで広告代理店だけが独占していた情報を、企業が自ら得ることで、ノウハウを社内に蓄積していくことが必須になりつつあります。

そのインハウス化に必要なのが、担当者の育成です。
担当者を育成しなければ、表面的に業務をこなしても成果は上がらず、ノウハウになりません。
担当者育成のためには、マーケティングの全体像をつかんだうえで、個々の実践的なノウハウを実地で身につけていくトレーニングが必要です。
正しいトレーニングを経ることで、マーケティング部署を完成させることができます。
今回はそうした「最高の」マーケティング部署を構築するために必要なステップと注意点について、小冊子にまとめました。
コンパクトに要点をまとめたこの冊子を読むことで、インハウス化の成功に大きく近づきます。
本書は3つのパートに分けて、動画マーケティングを実践するための条件を解説しています。 市販されているマーケティングの本ではわからない「リアルな動画マーケティング」について徹底的に解説しており、有料の書籍以上の価値があります。

本書を読むと起こるこんな変化!

動画マーケティングに必要な要件がわかる!
自社に必要な動画の種類がわかる!
動画をつかったマーケティングプロセスがわかる!
短期で黒字化するノウハウがわかる!

冊子をダウンロード!

本冊子は、執筆者が企業の動画マーケ現場で直面した「課題」をもとにして執筆されました。

動画マーケティングは用語として注目されているわりに、成功例が少ないのも事実。
「もし、動画を活用して問い合わせを倍増できたら・・・」
きっと、売り上げという成果もついてくるでしょう。

もし、動画マーケティングに本気で挑戦したいとお考えであれば、この冊子が全力でサポートいたします。

ぜひ本書を手に取り、可能性を切り拓いてください。