動画とってて、OKなのか撮り直しなのか決められない。 #デジタルマーケの現場課題

#デジタルマーケの現場課題, YouTube, 動画制作, 動画撮影

デジタルマーケティングの現場で生じるさまざまな課題。
現場の実際の声をもとに、その問題の原因や解決方法を一緒に考えていくのが「#デジタルマーケの現場課題」シリーズです。

YouTube でもセミナー撮影でも社内で動画撮影をする場合には何回かとってみることが普通だと思うんですよね一回しかとらないということはなくて基本的には何て行くかを重ねてその中で一番良かったものを採用するといった形式が一般的かなと思うんです。
この場合、「監督」にあたる人間が不足します。

明らかに噛んでいたり止まっていれば撮り直すでしょうが、判断が難しい場所も。さらに、講師と担当者の2名だけで撮影している場合、講師からすると「いまのどうだった?」と聞いて答えがわからないのはストレスです。

とりあえずOKと思って撮影を進めていたが、終わってからデータを確認してみると、音がわるかったり講師が噛んでいたりして、使えるデータではなかった!結局撮り直しになるが、問題は解決されていない。

じゃあこの何回かとった中でオッケーを出すのか、リテイクとするのかというのって実は判断基準があるわけですよねところが慣れないうちに撮影をしているとなんとなく撮影はね進んでいくんですけれども絶対今の撮影でオッケーってなる判断って難しいと思うんですよだって今ので監督とか行ったこともないわけですし良い間違いとかはしていなかったから大丈夫だろうと思っていても本当に大丈夫なのか不安ですよね。

コメント

この、社内で撮る時に監督いない問題。これは実は、カメラマンがいてもいなくても同様なんですよ。

フリーのカメラマンを雇った場合撮影はちゃんとしてくれるんですけれども、実は一般的な流れとしては担当者が現場に入る場合は担当者が OK を出すというのが通例なんですよ。
と言われる現場ディレクターとしてオッケーを出す人が社員の場合は社員になってしまうというケースなんですけれどもこの場合にもやはり判断基準を知っておかなければいけないと。
くれぐれもあなたがカメラマンなんだからあなたが OK 出してくださいというのは通らないわけです。
これは撮影のルールとして覚えてください。

放置すると起きる問題

監督不在だとどうなるかというと、撮り直しになる危険性が出てきます。

とりあえずOKと思って撮影を進めていたが、終わってからデータを確認してみると、音がわるかったり講師が噛んでいたりして、使えるデータではなかった!結局撮り直しになるが、問題は解決されていない。

「撮影オッケー!」って言ったらもう撮影終わってしまうのでそれ以上はできなくなるわけですよ後から足りないとか間違いが発覚した場合には修正が効きませんから担当者からすると OK を出すのが怖いというのが本音だと思います

原因

まずこうしたわからないという課題について実はそもそも何を基準に OK を判断すればいいのかがわからないというのが主な原因だと思うんですよね何を満たせば撮影データとして OK なのかとこれを知っておけばそのチェックをするだけでお金が出せるわけです

撮影基準を明確に知っておかなければ OK を出したのに編集してみたらデータが不備があったとか3本取ったからどれか一歩ぐらい使えるだろうと思って撮影を終了したらとれも使えなかったとかですね
編集していく上でいろんな弊害があって編集に時間かけてしまう要因になるんですよあの時気づいて取っていたらこんなに時間がかからなかったのにというケースが多々あるわけです

ではこうした撮影にOK を出す基準についてどのように考えれば良いのかこれについて見ていきます。

解決策

解決方法

動画素材として何を満たせばOKなのか、共通の基準を知っておくことが必要です。

オッケー出すポイントは何か。

言い間違いがないか

一つ目は言い間違いがないかどうか基本的にセミナー撮影では大きく噛んだりとか激しく言い間違えてしまったり順番が前後してしまったりといった場合は取り直した方がいいわけですよただちょっと言葉が出てこなかったり詰まったりとかてにをはが少しだけおかしかった程度であればさして問題はない

すると多少いい間違えても OK だけれども一定以上言い間違えたら取り直す米というのがひとつの一つ目の基準になります

緊張していないか

二つ目はそもそも緊張していないかという問題ですね。

講師というのはその日の調子とか撮影の順序によってうまく話せたりうまく話せなかったりするわけです。
これは緊張していたりとか喉の調子が悪かったりとか台本を覚えられていなかったりとかいろんな要因があるんです。
やっぱりこれは撮影終わった後になって全然喋れてないなと気づくと修正できませんから、本番であまりうまく話せていないなと思ったらこうしようねリラックスさせてから再度取り直すということが必要になってきます。

実際には声が出ていない声が枯れている声が大きすぎる話し方のスピードが早すぎる話のスピードが遅すぎるこれらはチェックしておく必要があります声の声量と店舗ですね。

音自体が悪くないか

三つ目が音自体が悪くないかという判断です例えば撮影しているとオフィスの外で救急車が通ったりしますよねえこの救急車の音というのは後から編集ソフトで消そうとしても消せないわけですそのため救急車が通ったりとか近くで道路工事の音がしていてそのドリルの音が入ってしまったりするとやり直さなければいけないわけですこうした雑音が入っていないかまた会社で撮影しているとどうしても部屋の中に人が入ってきたりとかドアの音とか足音とかが入ってしまうケースが結構あるわけですよねこうして部屋の中の雑音というのも合わせて気を配っておかなければいけないと私ようであればね編集でどうにかできる部分もありますが救急車とかドリルの音のように長い時間入ってくるものは編集で消せませんからこの場合は取り直すしかないということになります。

以上を主に三つの観点から撮影データに OK を出す基準というのがお分かりになったかなと思います。

注意点

勘違いしやすいポイントとしては後から編集でどうにかなるだろうとは基本的に考えないことです。

あなたが編集ソフトに非常に長けていてどんな雑音であれば修正できるかというのがわかっているならばいいんですけれども編集ソフトの機能をよく分かっていない段階でなんとなく後から編集でどうにかなるだろうと考えてしまうのは期待淡い期待です。編集でもどうにもならないケースもよくあります。特に救急車ですね。
もし今の大丈夫かなと撮影しように少しでも不安になったことがあれば念のため取り直しておくことをお勧めします。エネルギー配分としててもう一度撮り直しておくから後から編集で無理やり直すかで言うと10倍ぐらいの労力の差がありますから。

くれぐれもあとから編集でどうにかしようと考えるのはやめておこうとこれが注意点になります。

今後の改善のために

社内体制の作り方

さて実際に車内で撮影体制を作っていくにあたっては演者講師と撮影ディレクターである担当者の2名体制でやっていくことが多いと思うんですよね YouTube を毎週取るといった場合には特にこの2名体制で正確な撮影データを撮影するそしてそれを毎週テンポよく編集者に納品していくというのが一般的な流れになると思います。

社内体制を作っていくという意味では毎週の中で動画の撮影データに対して NG になりやすい項目と言うのを担当者が把握しておく必要があります。
例えばこの講師は撮影1回目ではだいたい言い間違いが多いから必ず毎回3回取るようにしようとか例えばこの講師は朝から喉の調子が悪くなりやすいからのど飴喉のケア用品を用意しておいてできるだけ早く OK カットが取れるようにしようといった形で、出来る限り OK テイクお早めに確保するためにできる限り努力をするべきです。

これは講師側も撮影ディレクターがアーモンドを様ですし双方の努力があってこそミスのない撮影データを用意できるようになるといえます。

担当者もある程度撮影経験立会い経験があれば目の前の撮影に対して問題ないか撮り直した方がいいかが判断できるようになります。
車内でテンポ良く撮影を進めていくために自信を持って撮影に OK を出せる状態を目指して頑張っていてください。

無料e-bookプレゼント!

無料Eブック「最高のマーケティング部署を作る方法」プレゼント!

ダウンロードする

関連記事一覧