動画でうまく話せる社員がいない #デジタルマーケの現場課題

#デジタルマーケの現場課題, YouTube, 動画制作, 動画撮影

デジタルマーケティングの現場で生じるさまざまな課題。
現場の実際の声をもとに、その問題の原因や解決方法を一緒に考えていくのが「#デジタルマーケの現場課題」シリーズです。

今回の課題は動画にとって重要な話す力これについて考えていきたいと思います。

課題

課題

YouTube やセミナーライブ配信など動画をやることになって最初に考えるのが誰が出るのかという出演者の問題です。

基本的には日頃から人前立っている部長とか責任者とかエバンジェリストがいる場合はエヴァンジェリストになると思います。
もしかしたら社長がそういう露出を担当してるケースもあると思います。

さてこうした人前に出る役割の社員もしくは社長というのがいる場合に動画こうやる場合にもうまく話せるのかと言うと実は最初はそうでもないですね。

日頃から人前に立って喋っているからといって必ずしも動画でうまく話せるとは限らないんです。

実は撮影という現場はライブ配信の場合に至っても基本的には人ではなく機材に囲まれて話すということになるんですね。

基本的にオフィスの中で撮ると思いますからライトを炊いたりして嘘のライトも眩しいわけです。

さらに、自分にマイクがついていたりあまりコース場所から動けなかったりするしカメラの方を見るとカメラマンが神妙な顔をしてこちらを睨んでいるとさらにカメラの前にはプロンプターがある場合もあるでしょう。

こういった日頃慣れない環境に囲まれて自分のベストパフォーマンスを発揮して下さいしかも限られた時間でオッケーカットを出さなければいけません。
ですから実は早く済ませようとすればするほど失敗するというケースもあります。

それぐらい動画の撮影というのはうまくいきませんし緊張するものなんですねこれは日頃から生身のお客さんの前で話していることとは関係なく緊張しますむしろうまく話せない自分にもどかしくなって帰ってうまくいかないというケースもあるでしょう。

放置すると起きる問題

撮影日を迎えて、スタジオやカメラも揃えたのに、肝心な講師が緊張してしまって全然しゃべれない・・・ということが普通に起こります。実は撮影に時間がかかる最大の理由が、この「うまくしゃべれない」なんですね。

ただ、うまく話せないからと言って自分は動画に向かないんだと思ってしまうと会社で動画に出る人がいなくなってしまいますから出来る限り早めにうまく話す訓練を積む必要があります。

ただこれ心配する必要はなくてある程度一定期間動画でしゃべる訓練を積めば上手に話せるようになります特に実際の人の前で喋るセミナーの話し方と動画収録の時に話す動画収録用の話し方というのは声の出し方が大きく変わってきますその声の出し方に慣れるまで数か月はかかりますからこれはま訓練するしかないということになります

くれぐれも避けたいのが撮影日を決めておいて撮影日まで一切トレーニングをせずに本番を迎えてしまうという事態です撮影日には外部から選んだカメラマンとか有料で借りたスタジオとか制限が多い中で絶対に失敗してはならないというプレッシャーのもと喋ることになりますから腰にかかる負担は相当なものになりますそこで緊張してしまったりそもそも一回でできると思っていたからスケジュールを短時間しか取っていなかったりといった課題の中で撮影をしなければいけません最悪取り直しになることも十分ありえますこんなに喋れないのであれば練習しておけばよかったと後悔しても遅いのが撮影です

ではこうした動画でうまく話せないといった課題をどのように解決して これについて主な解決方法を見ていきたいと思います。

原因

最初に主な原因としてはうまく話せない理由というのをもう一度整理しておく必要があると思うんですよね。

うまく話せないのは基本的には台本を覚えていない。
もう一つがカメラ機材に囲まれて緊張してしまう。
もう一つが絶対にミスしないでおこうという意識がかえって緊張を増してしまう。

こういったところが主な理由になってくるかなと思います。詳しく解説します。

台本を覚えていない

一つ目台本を覚えていないというのはこれは当たり前のことで日頃セミナーなどではスライドを見ながらある程度自由に話しているしお客さんの反応を見ながら飛ばしたりじっくり説明したりといったコントロールが利くんですねところが動画の場合は相手の反応というのをリアルタイムに伺う機会がなくせいぜいカメラマンが頷いたり拍手をしたりする程度ですからリアクションがないわけですそのリアクションがない環境で覚えたことだけを淡々と言うというのが実は慣れていないと非常に厳しいということになります
さてここで勘違いしなくっていないのが台本を完璧に覚える必要はないということです実際の動画セミナー収録ないしは YouTube 収録では大まかな流れや絶対に入れるべきキーワードを決めておいて後はある程度アドリブで入れるというのが本来のやり方ですそのため一言一句を覚える必要はありませんしどだい無理な話です
ただ動画に慣れていないとこのアドリブで話すというのもできないということになりますから最初のうちはガチガチの台本を丁寧になぞっていくような収録方法にどうしてもなってしまいますその場合には文字を入力してそのままアクリル板に移してカンニングペーパーとして使うプロンプターのようなアイテムを使うことになりますがこういったアイテムに頼らずともアドリブで話せるようになるのが本来のゴールです

カメラ機材に囲まれて緊張してしまう

ふたつめがカメラ機材に囲まれて緊張してしまうという原因ですね撮影に慣れていないと初めて撮影現場に来た時に絶対に眩しいと言うと思うんですよね基本的にカメラで撮影する場合は明るさというの確保しなければいけませんがカメラの明るさの調整には限界があり基本的には被写体の方を明るく照らすのが撮影方法ということになります特に安いカメラである場合はその文センサーの感度が低いため画質を担保するためにはとにかく明るく照らすということが必要になってきますすると講師からすればこんなにライトがある中で話さなくてはいけないのかという緊張のもとになってしまうんですね最低でも2個はライトがあります市グリーンバック合成では4つないしは六つのライトに囲まれて話すことになりますからその眩しさは相当なものですこれはもう明るさに慣れるしかありませんしえ何度もやっていれば当たり前になってきますからこれは心配する必要はないでしょう。

失敗を過度に意識しすぎてしまう

そして三つめこれが何よりよくある原因なんですが絶対に失敗しないぞうという意識を持ちすぎるせいで帰って失敗してしまうというケースです人間失敗しないぞうと思うとうまく話すということ自体に意識が向いてしまうため内容についての意識のシェアがどうしても低下してしまうんですねそれと言い間違いだったりとかそれを飛ばしてしまったり ミスが起きてきて結果的にうまくいかないというケースになってきますむしろ逆で撮影用語でテスト本番と言ったりしますが常にリハーサルのような気持ちでリラックスして取るということが必要になってきます

「これは練習の最後だ」ぐらいの気持ちで肩の力を抜いて話していくと徐々に言葉がすらすらと出てくるようになります。

これは失敗してもいいんだという気持ちの文喋る内容に対して意識が向いてくるため上手に話せるようになるというカラクリです

以上お公社がうまく話せない主な利用についてお話ししてきました。

今後の改善のために

困ったときは撮影ディレクターに頼る

実際にはこれ以外にもうまく話せない理由というのがいくつか存在します。

熟練の撮影ディレクターはこういった講師の緊張具合やうまく話せない理由というの瞬時に見抜いて、それを解決する手法を持っています。

もし社員だけでうまく解決できない場合は撮影ディレクターに依頼することも必要かと思います。

ずっと撮影ディレクターを呼ぶのではなくあくまで動画に慣れるまでには外部のプロの力を借りる慣れてきたら会社の社員の力だけでうまく撮影できるようにするもしくはもう一人でも撮影できるようになるというのがゴールです。

この頃を忘れないようにしつつもただ最初はどうしても訓練期間というのはありますからその訓練期間の間はできるだけさせられてる人の力を借りながらトレーニングを積んでいくこれが更新とって必要なポイントかなと思います。

無料e-bookプレゼント!

無料Eブック「最高のマーケティング部署を作る方法」プレゼント!

ダウンロードする

関連記事一覧