動画セミナー配信するからカメラとか買っておいて! #デジタルマーケの現場課題

#デジタルマーケの現場課題, YouTube, マーケティング, 動画企画, 動画制作, 動画撮影, 動画編集

デジタルマーケティングの現場で生じるさまざまな課題。
現場の実際の声をもとに、その問題の原因や解決方法を一緒に考えていくのが「#デジタルマーケの現場課題」シリーズです。

課題

課題

今回の課題は社内でセミナー動画を配信することになって、その機材を担当者が集めることになったと予想した場合に、どの機材を買っていいかも分からないしどういう使い方をすればいいのかもわからない。
ただ日程だけ決まっているので、早めに準備はしなくてはいけない。こういった課題です。

世の中にライブ配信している例というのあるんですけれども、動画だけ見ると分からない部分がたくさんあるんですよね。

どんなカメラを使っている中もそうですし、どんな配信機材を使っているのかもわかりません。裏側の部分というのはなかなか道がわからんでは見ることができないわけです。

特にライブ配信と言うとなんだか混む編集で1回やればいいから普通の動画投稿より簡単だろうというイメージを持っている人もいるかもしれません。

うまく話せれば膳所1時間動画を撮るだけでいいんだからそんなに大変じゃないだろうと考える人が多いですね。

実は私もそうでした。

私も2020年に初めて2時間程度の YouTube 生配信をしっかりとやることになったんですけれども、パソコンでYouTube で生配信やればいいだろうとぐらいの認識だったんです。

ところがね全くそんなことはなくてですね、大失敗してしまったです。

なぜ失敗したのかと実は生配信に必要な物ってのが無数にアイテムがあるわけです。加えて、トレーニングも必要だったわけですよ.

必要なアイテムとか経験というものを一切やらずにいきなり本番を迎えてしまった。そのため、大失敗してしまったんです。

そこから何度も何度も繰り返してどうにか今トラブルなく配信できるようになったというわけです。

担当者というのはおそらく残された期間というのは一週間とか2週間程度しかないと思うんですよね。

その短い期間でこの機材とか撮影の準備というのしなければいけない。

こういった場合には何から手をつけて行ったらいいのか、ということについてお話ししていきたいと思います

放置すると起きる問題

スマホだけでいいのか、良いカメラを買ったほうがいいのかは判断ができないため、ずるずると先延ばしにしがちです。撮影日が決まってあせって適当にカメラを買って失敗する人もいます。

原因

主な原因

撮影に必要な「スキル」と「アイテム」を整理できていないことが原因です。まるで家族のホームビデオを撮るような印象で、社内の動画撮影を決めてしまう人がいます。

ここで、ライブ配信自体を甘く見てしまう原因というのをもう1回振り返っていきます。

皆さんが日頃 YouTube とかで見てるライブ配信というのは、基本的にはタレントだったりとかユーチューバーだったりとかが多いと思うんですよね。

そういう生配信を見てあうちはセミナーがあるからセミの生配信しようと考えたという人も多いんじゃないでしょうか。

さて、日頃セミナーは100枚でしゃべっているし、スライドもあるし、なんならそれとなくても喋れるぐらいいつもの話だからまあライブ配信も別に大丈夫だよと思って毎日考えてしまう。

こうやってライブ配信の企画というのが進んでいってしまうんです。

けれどもいざやろうとすると、実は様々な問題に直面してしまうんですね。

しかもそれがおそらくお客さん呼んだ後の本番で発覚してしまう。

これは避けるべき事ですよね。

せっかくお客さんの時間を取って配信しているのに、配信トラブルで配信できなかったりとか音が悪かったりといったトラブルが無数に紛失するわけです

一番よくある勘違いが「カメラさえ用意すればいいだろう」という間違いなんですね。

実はカメラの良いものを買えば良いわけではなくて、むしろ逆です。

カメラは悪いものと言うとあれですけども、画質が低いまましなければいけないわけです。

また画質が低いぶん、データ量が軽いんですけれども、そのデータ量を軽くし多分配信機材というのも軽量にする必要がある。

この配信機材というのが実は曲者です。
YouTube で「ライブ」というボタンがあるから簡単に出来ると思いかもしれません。しかし実はアカウントごとに制限があったりとか YouTube で配信できるカメラがパソコンのインカメだけだったりといった、「生配信しないとわからない制限」がたくさんあるんです。

実はまだまだ配信機材と配信ソフトって非常に高額なんですね。

特に負荷なくスムーズに配信できる機材というのは安くてもし始めましますし、ちょっといいものだと20万円程度が相場とでさらにそれは使えるだけのパソコンもないといけません。

実は慣れてない人にとっては初期費用が膨大にかかるというのが生配信の機材だということがいえます。

勘違いしやすいポイント

カメラだけ買って社内で撮ればいいだろう、という勘違いです。さらにいうと、動画における撮影はほんの一つのステップに過ぎないということです。

解決策

解決方法

動画の全プロセスを整理して、必要なスキルとアイテムを列挙したうえで、部長と担当者が確認をとる

注意点

一方でじゃあ十分に下調べをして企画ができるかというと、実は生配信のに限って言うとそうでもないんですね。

なぜなら生配信はしようと思ってやらないと準備しないからなんです。

やる予定もないのに業者を呼んでトレーニングするというのが生配信では存在しないわけですよ。

となると実際にどうすれば良いかと言うと単純で「初めてやる時は慣れた人呼びましょう」ということなんですよ。実際にやってみて「こんなに準備がいるのか!」というのをガツンと痛感してください。
これしか方法はないです。

ま実際の準備としては台本とか企画麺そして場所とか座り方のセッティングそして撮影機材とカメラのセッティングそして配信自体の目的は当然お客さんを呼ぶことですから、お客さん呼ぶための流れとか所有格とか誘導方法を言った面がライブ配信になるんです。

これらをすべて一人でしようとするのは不可能です業者でも外行ってないと難しいとこうした必要なスキルとアイテムを列挙することが最初に必要です。
それに対して実は揃えるだけでできなくて相応のスキルを習熟する必要があると。

これをですね担当者ももちろんのことマーケティング部長とかなんなら社長も知っておいてほしいんですね。
「こんなに大変なのか」とこれ簡単にはできないなと。

ただ編集しなくていいというのは実際そうなので慣れると結構楽だったりするんですねとても毎月1回やるのだったら初回は頑張って機材も買ってしっかりトレーニングをして2回目以降割と楽にできるというのも生足の特徴ですから最初頑張ってみてもいいんじゃないかなと思います。

今後の改善のために

社内体制の作り方

何度も繰り返しますが特に注意したいのが配信の機材ですカメラではありませんライブストリーミング機材という形で今はですね ATM ミニプロというのがここ1年で急激にね試合を拡大しておりまどの現場でもあるんですけれどもこれがも8万円ぐらいですねこの8万円ぐらいの機材を扱えると大分楽になる。

逆に言うとカメラはまぁ5万円前後の中古のものでもいいですし配信機材にまずお金をかけましょうと言ったことになります。

扱い方もう1回は実際の流れを体感しながら慣れてるプロから教えてもらうのがいいかなという風に思いますから紹介は撮影会社とか配信会社に依頼してやり方を教えてもらうという流れが必要なってくると思いますただこの配信技術というのは虎の子の技術なのでもしか教えてくれないこともあるかもしれませんとこの場合は初めて行った後に自分なりに何度かテストでトレーニングをしていてやり方を盗むということが必要になってきます。

困ったときは

以上動画セミナー配信を準備することになった場合のコツと注意すべきポイントについてお話ししてきました。
薪材慣れてないとね さらに実際にお客さんがいるわけですから失敗もできないとおいて緊張感の中でうまくやれば最良の結果が得られるライブ配信機材の扱いと言うことになりますからも興味がある方もしくは急ぎで準備しなければいけないという人はい経験豊かな人もないしは私もできますから困ったことがあれば聞いてくださいということになります

e-book「申し込みと商談を倍増させ売り上げを3倍にする動画マーケティング戦略」
プレゼント中。

中小・ベンチャー企業では動画マーケティングが注目されています。
動画を活用し、顧客にリーチ。
ウェブから売り上げをあげるには?社内で動画を安定的につくるためには?特別e-bookを無料プレゼント中!

ダウンロード

関連記事一覧