SEO代理店に頼むのと、SEOツールを契約するのと、どっちがいいかわからない #デジタルマーケの現場課題

#デジタルマーケの現場課題, SEO, 代理店

デジタルマーケティングの現場で生じるさまざまな課題。
現場の実際の声をもとに、その問題の原因や解決方法を一緒に考えていくのが「#デジタルマーケの現場課題」シリーズです。

今回の課題は、SEO代理店に頼むのと、SEOツールを契約するのと、どっちがいいかわからないという課題です。

SEOの仕事をしていると、記事をまるごと制作代行する会社や、キーワード候補を出すツールを月額制で販売している会社などから売り込みがあります。

SEO(コンテンツSEO)という意味で、最終的なゴールは同じですが、どのような手段と費用感をもって考えていくかということになると思います。

そこで今回は、こうした代理店に頼むかツールを契約するかという問題について考えていきます。

時間をとるか、コストをとるか

一般的によくあるケースとしては、担当者がこれからSEOを進めるにあたり、どちらの選択肢をとるべきかを決められないということになります。その選択肢とは

・代理店に初期の設計からキーワード決定、記事制作まで一括で任せる
・代理店にキーワード決定まで依頼し、執筆は自社で行う
・有料ツールを用いて自らキーワードを決定し、執筆も自社で行う

この三つです。

SEOの難しさとして、正しいやり方をしたとしても成果が出るのは1〜2年後であるため、今の進め方が合っているか途中で確認できないということがあります。

特にベンチャー企業のマーケティング部が出来たばかりの時は、担当者が正解を確信することは難しいでしょう。「このまま任せちゃっていいんだろうか?」と不安になるかもしれないし、「有料ツールだけでなく、代理店に意見を聞いたほうがいいのかな?」と不安になるかもしれません。

SEOツールを使いこなせる人というのは一般的な SEO知識はもちろんのこと、自社以外にもSEOに親しんでいないとほぼ難しい面があります。

そのSEOツール前提が間違っているかも!?

さて、「SEOツール」と言っていても、盲信してはだめです。このSEO対策ツールというのが曲者でして、全ての会社の SEO ツールが絶対に役に立つとは限らないんですね。

どういうことかというと、SEOって結局Google が作ってルールを外から”推測”して対策をしているものなんですよね。その「推測」に基づいて、外部ツールというのは作られているわけです。

するとその推測がそもそも間違っている場合があるんです。間違った推測に基づいて作られたツールを使っても、成果が出ないわけです。

とある会社のツールを見たことがあるのですが、そのツールはキーワードの「引用率」をもとにSEO対策をする、という設計だったのですね。

記事の中でどれだけ特定のキーワードが含まれているか、キーワード含有率によってSEO評価をあげよう、という思想が元になったツールなわけです。

ツールとしては使いやすいかもしれませんが、ちょっと待って考えるべきです。「本文の中でキーワード含有率が高いと、評価が高まる」というのは、憶測でしかないわけです。SEOのプロからすると、「含有率はあまり関係ない」とも言われていますが、いずれにせよ憶測をもとにツールが作られて販売されているわけですよね。

すると結局、そのツールは「正しいかどうかもわからない前提に基づいて作られている」ということになるわけです。それを信じて、記事作成をしてしまって本当に大丈夫なのか、立ち止まって考えなくてはいけません。

代理店が自信満々に売りつけてくるツールも、そもそも絶対の正解ではない。

これを担当者は知っておかなければいけないわけです。

代理店に頼むか、ツールを契約するか

さて、本題に戻って、代理店に丸ごと任せるのかそれとも安上がりで済むためにツールを契約し自分でやるのか。

目安として、バランスを取りましょう、ということをお伝えします。そもそも「やり方を知らない」ことと「時間を短縮する方法を知らない」が混ざっています。

マーケティング初期は代理店に頼るのも手

まず、マーケティング初期。SEOのやり方がそもそもわからない場合は SEO ツールではなく、SEO代理店に最初から依頼したほうが結果的にミスなくできます。

特に最初の、SEOの組み立てというのは間違えてしまうと1年ほど無駄にします。時間だけは買えませんから、ここはお金をかけてもいいかなと思います。

SEOツールを契約するタイミングは?

SEOツールは必要ないかというと、必要なタイミングはあります。担当者がある程度SEOにくわしくて、SEO上で何をやっているかが分かるレベルになったら、一度検討してみてもいいかもしれません。

初期につくったSEO記事が、半年〜1年後にどれぐらい成果が出るのかが体感的に掴めてきて、「追加でSEO施策をやりたい」というのであれば、ツールを検討しましょう。

SEOの追加フェイズでは、キーワードを拡張してより多く記事を作っていくことになります。ツールを使いこなして、キーワードをみずから選んで記事制作できるようであれば、契約してしまいましょう。

以上、SEOについて、代理店に頼むか、ツールを契約するかの見極めについてお話ししてきました。

SEOは、自社に合ったやり方を知っているか、知らないかで、お金の使い方が変わります。やり方そのものが分からないレベルにあるならば、おとなしくプロに頼りましょう。

なお、いま自分の会社のコンテンツSEOがどのフェイズにいるのかを客観的に判断したい場合は、代理店とは違った角度でアドバイス可能です。お気軽にお問い合わせください。

e-book「申し込みと商談を倍増させ売り上げを3倍にする動画マーケティング戦略」
プレゼント中。

中小・ベンチャー企業では動画マーケティングが注目されています。
動画を活用し、顧客にリーチ。
ウェブから売り上げをあげるには?社内で動画を安定的につくるためには?特別e-bookを無料プレゼント中!

ダウンロード

関連記事一覧