自分で広告バナーを作ってみたがどうもダサい #デジタルマーケの現場課題

#デジタルマーケの現場課題, Adobe, クリエイティブ

デジタルマーケティングの現場で生じるさまざまな課題。
現場の実際の声をもとに、その問題の原因や解決方法を一緒に考えていくのが「#デジタルマーケの現場課題」シリーズです。

今回の課題は自分で広告バナーを作ってみたがどうもダサい。このダサいデートどうにかかっこよくできないかという課題です。

担当者が自らデザインソフトを使うケース

マーケティングの現場では担当者が自らデザインソフトを使って広告バナー画像を作るというケースがよくあります。

この場合、自分で Illustrator や Photoshop などのソフトの使い方を覚えて行っていくわけですけれども、デザイナーではないのでどうしてもダサくなってしまう。ただ、公開期日も迫っているため、いまさらデザイナーに外注してる余裕はない。

こうした場合、どうすればこの目の前のデータのクオリティを上げ、仕上げることができるか。そのヒントが知りたいということになりますよね。

そこで今回は、こうした非デザイナーが作った広告バナーがダサくなる要因を解明した上で、短時間でクオリティを上げるためのヒントを差し上げたいと思います。

ダサくなる要因とは?

高くなる要因を知っておくことが必要ですね。

一からデザインの本を読むよりも目の前の広告バナーの家へダサくなってる様子を追求する方が100倍早いです。

フォント選び

ダサくなる要因が何かと言うと、最大にダサくなる要因はフォント選びです。フォントとは、文字を何で表示するかという設定です。なんですけれどもニートだったら腰降ったりするこのフォントの設定を知らないから会いたくなってしまうというのがあります

字間

続いてダサくなる要因の二つ目が、文字と文字の間の字間の設定です。
ゴシック体を普通に打つとどうしても耳と耳の間が空いてしまってダサく見えてしまうのでこの時間の設定を覚えておかなければダサさから脱却することはできません。

配色

三つ目の要因が色選びです背景の色だったり文字の色だったりを選ぶんですけれどもこのテーマカラーないしはアクセントカラーと呼ばれるものの一つ一つのセレクトそしてそれらの組み合わせが悪いとダサくなります特に原色に近いものを選んでしまいがちなんですけれどもそれを中間色にするだけでぐっとダサさが軽減されますしまた組み合わせにおいてもコツがあります退職と呼ばれる組み合わせのパターンを知るだけでダサさは軽減されます

背景

ダサくなる四つ目の要因として背景が単調すぎるという問題があるんですよね誕生すぎるという内容一色にしているとかしかもその色がダサいということが原因なんですけれどもこの背景お誕生にせずにちょっとだけかっこよくするテクニックを知ってるだけで印象だいぶ変わるんですよねこれらを要因として知っておくだけでダサさから脱却することができます

解決策

では解決策を見て行きます。

Adobeフォントのゴシック体を使う

解決策の一つ目はまず基本のフォントをゴシック体にするということです。

ゴシック体はもともとのパソコンに入っていたフォントではなくて Adobe のアカウントで使用できるデザインを残し舞台に変えるということが必要です。

現在 Adobe のアカウントを持っていると、Adobe フォントという形で無料でフォントを使用することができるんですよね。

同じ答えても実はもともとパソコンに入ってる無料のフォントとか選んでなければ使えない商用フォントというのは似て非なるものなんですよ。

この同じゴシック体でも、実は違いがあるということを知っておかなければいけません。

そしてできれば有料のフォントを使って行きましょうということになります。

ゴシックフォントをまず基本としてデザインしてみるわけですね。それで本当はダサいなと思ったらまず全部同じ本当にしてください。

同じ画像なんかで同じフォントを使ってみてください。そして本当それ言ったらそれらのゴシック体は基本的に間延びしているので詰めてみてください。

字間を-50とか-100にしてみてくださいだいぶ印象が変わってくると思います。

基本的には積めるとギュウギュウになるんですけれども、広告の場合は小さく表示しなければいけないのでつめることで情報量を増やすという考え方が重要になります

配色サイトで色を決める

そして色選びなんですけれどもこれは自分で考えずに機械的に選びましょう。

大まかに今赤とか黄色とか青とかの会社ごとの指定があると思うんですけどもそれだけを決めて配色サイトを使ってください。

配色サイトとは何かと言うと、一色決めるとそれに応じたアクセントカラーや柄サブのカバーしてくれる色を自動で選んでくれます。

そしてそれらを色番号で表示してくれるので6色のカラーコードを取得してそれをそのままイラストレーターのスウォッチというところに取り込んでください。

新規作成で色番号をそのまま入力することができます。

色番号をそのまま入力することで、新しく色が使えるようになります。

元々イラストレーターに入ってる色はそんなにオシャレではありません。

「色はカスタムするものだ」ということを知っておきましょう。

背景にグラデーションをつける

そして背景ですね背景は緩やかなグラデーションを付けましょうと実際には四隅はちょっとだけ暗くしたりというビネットという手法があります。または左上をちょっと明るくしたりとかそもそも色を2色にしてみたりというようなグラデーションを作るだけでだいぶダサさは軽減されると思います

こうした観点でダサくならない方法というのを知っておくだけで自分のデザインを常に一定の機種に保つことができるようになりますまた世の中に出てる他社の広告バナーを見てみてもやはりこうした一定の基準を満たされているなということが徐々に分かるようになりますすると自分が花を作る際にも最低限満たす条件というのが見えてくるわけですよねそこまでできれば自分が作ったものがダサいという課題は解決されているはずです

常に一定のクオリティを保つために

以上自分で作った広告バナーがダサいという課題についてその要因と解決方法を解説してきました。

デジタルマーケティングの担当者としては、日頃からイラストレーターで広告バナーをささっと作り、可能であればそのまま出稿できるクオリティの物を作れるようになることが理想的です。

そのために最低限押さえておかなければいけない文字や色の設定について、押さえるべきポイントを理解し、習慣付けていってください。

無料e-bookプレゼント!

無料Eブック「最高のマーケティング部署を作る方法」プレゼント!

ダウンロードする

関連記事一覧