セミナー動画撮影時のリハーサルの方法

セミナー撮影の場合には事前の準備が不可欠です。

一般的な動画としては見る人が何かしら目的を持って短い時間や空き時間などで集中力を高めてみてもらうわけです。

そのため動画の内容も出来る限りコンパクトで無駄な部分がないようにしたいわけです。

特に「え〜」「あの〜」とか、「ちょっと待ってください」のような動画を引き伸ばすしてしまうような要因を排除する。

そのために必要なのがリハーサルです。

リハーサルとは事前の演習のことを指します。

セミナー撮影においては、本番直前に自分の話し方や話す内容を話す順番を確認しながら実際の動画撮影の場面で失敗しないようにすることをリハーサルと言います。

リハーサルと言うとテレビ局の番組のようにお分かりなもののイメージがありますが、個人が動画撮影する場合にも必要です。

リハーサルをすることで実際のカメラが回っている録画の妻にもミスなく迷いなく喋ることができるようになります。動画自体がコンパクトに短くなります。すると、データ量が軽くなることで、事後の編集もしやすくなりますし、話し方が上手になります。

必ずリハーサルをするようにしてください。

リハーサルは短時間でピシッと済ませる

リハーサルは長時間やる必要はなく機材のセッティングをしたら一つ二つ本番のつもりでやってみる。これだけで十分です。

実際の話し方そして実際の衣装実際の立ち位置実際の証明全て本番環境と同じにしてから気持ち緊張感も同じにしてからリハーサルをやることで効果的なリハーサルができるようになります。

これポイントなんですが一回リハーサルをしたら一度データを確認して欲しいと思います。

慣れていてもよくあるのですがいざ本番収録をしていたらマイクの接触が悪かったとかカメラの画面で見るより実際のデータが暗かったと言ったことが起きます。

これは撮影とどうしても何かしらのちょっとしたミスが繋がってしまうことでよく起こることです。

そのためリハーサルがあるとできてよしこれなら話せると思ったら一度里谷止めてカメラからメモリーカードを抜きパソコンでチェックして下さい。

意外とマイクの接触が悪かったり照明の漢字が暗かったりするとする時がありますから、気をつけましょう。

データチェックに問題がなければメモリーカードを戻しそして本収録に臨んでください。

一度リハーサルをちゃんとやる癖をつけると、その後も失敗が減ります。

結果的にリハーサルをした場合のほうがトータルの撮影時間は短くなりますから是非リハーサルを大事に行なってください。

動画マーケティングの
最初の一歩がわかる。

会員登録をして、無料プレゼントPDFをいますぐ受け取ろう!

ダウンロードはこちら

関連記事一覧