セミナー撮影で一番大事な、マイクの設定方法

セミナー撮影時に必要な、マイクの設定とは何でしょうか。

実は歌手のようにマイクが大事なケースに限らず、セミナー動画撮影においてもマイクが非常に重要です。セミナー動画をやればやるほどカメラよりもマイクの方が大事だということが分かってきます。

なぜマイクが大事なのか。

それは、マイクの音質が良くなると、圧倒的に見る人の反応が変わるからです。

どうしても素人の場合、カメラはある程度意識できたんですけれどもマイクまで意識がまわりません。

マイクの設定が甘く、音が遠くなってしまったり、音質が悪くなってしまったり、雑音が入ってしまったりします。

どんな視聴者も、テレビや映画の最高級な音質に慣れています。音が悪いと、観ている側も「なんかこの動画、素人くさいなあ」とか「クオリティが低いなあ」という感想を抱いてしまいます。結果的に見てもらえないということが起きてきます。

もしあなたがこれから機材を揃えようと思ったらまず一番良いマイクを買ってください。マイクだけは絶対に安いものは買えません。

また、カメラを選ぶ場合も外付けのマイクを挿せる穴3.5 mm のプラグですねイヤホンの穴ですねイヤホンの穴を挿せる穴がついているものを必ず選ぶということが必要になってきます。

マイクの音量は50パーセントでテストしてみる

さてマイクなんですけれどもマイクの音量は0か0から100で調整するとしたら100にすると人間の声だと部署のやつが入ってしまいます。

そのため50である程度目安をつけて50のメモリで実際に収録をしてみてどれぐらいの音になるのかこれをチェックして下さい50のメモリで収録してみて実はパソコンにそのデータをつけて再生してみる。

パソコンの再生の場合もパソコンの方の音量の設定を混ぜるから100個あるとしたらこちらも50年してよ50で撮ったものを50で再生してみてどれぐらい聞こえるかこれで音質のチェックをしてください。

さらに声がクリアなのはもちろんなこと雑音が入っていないか何かマイクと物が擦れるような音はしていないかマイクの接触が悪くてザーザーといった音がしていないかこれを正しくチェックして下さい。

実際のセミナー動画はイヤホンで視聴されることが多いでしょうから、自分もイヤホンをつけてチェックをしてください。

データチェックが終わったらそのマイクの設定をメモしておき、本収録に臨みましょう。

以上セミナー動画撮影や生配信でチェックしたいマイクの設定についてお話できました。

マイクはカメラより長く使えます。お金をかけても必ず元が取れますマイクを大事にしてください。

動画マーケティングの
最初の一歩がわかる。

会員登録をして、無料プレゼントPDFをいますぐ受け取ろう!

ダウンロードはこちら

関連記事一覧