書きにくかったらラジオパーソナリティになりきろう

Presenters or moderators - man and woman - in radio station hosting show for radio live in Studio

いざブログを書こうと思っても、どういう文章で書けばいいのかわからないという人がほとんどです。
そもそもこれまでブログを書く経験がないのですから当然かもしれません。小学校の作文とも違うし、大学のレポートとも違うでしょう。
また、フェイスブックやインスタグラムにあるような「今日誰誰さんとご飯食べたよ〜」という文章とも異なるため、書き出しからつまずきがちですね。

そういう方には、ラジオのパーソナリティになりきって書こう、ということをアドバイスしています。 続きを読む

顧客の「声」を明確にすれば、メディア立ち上げはうまくいく

photo-1444703686981-a3abbc4d4fe3

こんにちは、早野です。本日もメディア立ち上げの現場から生まれたちょっとしたコツをお届けしていきます。

メディアを立ち上げる際に意外と読み手のことを忘れがちなことを何度かお伝えしていますが、そうならないためには、最初に「そもそも読んだ人になんと言ってほしいか」を決めておくとスムーズです。

続きを読む

良質なライターを獲得するための10の方法

photo-1432821596592-e2c18b78144f

メディア立ち上げにおいては、その初月に編集者とライターの確保が必須です。編集者が探してくれる場合がほとんどですが、がんばっても見つからないケースもありますし、ライターは多いほど安定します。
今回はプロライターと、学生ライターそれぞれを見つけるためにどこをチェックしたらいいのかをまとめました。 続きを読む

そのメディアの完成系、イメージできますか?

Jigsaw puzzle on red paper

これからつくっていくメディアの「完成系」を想像するためには、ある程度の経験が必要です。

実は、「メディアをやりたい!」「ブログで人気者になりたい!」という方であっても、その完成系までイメージできている人は多くありません続きを読む

最初にお金をかけるべきは、ワードプレスより編集者

264H

メディア立ち上げの相談を毎週のようにお受けしているのですが、たいていのメディア(オウンドメディア)はワードプレスベースで制作をスタートするのが一般的です。
ワードプレスでのメディア制作においては、最初から高いお金をかけて開発する必要はありません。
しかしはっきり言って、このコストは他のコトに使ったほうがいいです
なぜでしょうか。 続きを読む

フリー編集者をチームに入れる利点とは?

cropped-pixta_701267_M-1.jpg

フリーをチームに入れることについて、抵抗があるのですが」という方がいらっしゃったんですね。要は社内チームだけでやったほうがいいんじゃないか、と。
でも、コンテンツマーケティングやオウンドメディアに限っていうと、外部を入れた方がいいと思っています。

僕は法人である株式会社メディア・コンフィデンスの代表取締役ではありますが、実質的にはフリーの立場でさまざまなメディアに関わっています。
立ち上げからコンテンツ制作、グロースのための施作まで、単なる下請け作業ではなく、提案型の編集コンサルティングを標榜しています。
続きを読む

そのメディア、続けられますか?

Pencil and paper for writer. Photo in retro color style.

”メディアやりたいです“、と相談されることが毎週のようにあるんですね。
「どんなメディア?」と聞くとたいてい、
自分たちのことをもっと世の中に伝えたい、という場合がほとんどなんですね。

なぜ伝えたいかを見てみると
・自分の商品やサービスをもっと知ってほしい(拡販)
・自分のアイデアを一覧にまとめたい(ノウハウ)

というのはまだまともなほうで、半分くらいは
・流行っているからなんとなく
・企業ブログやってみたら面白そうだから

という人も多数です。

ブログもそうなんですけど、まず「それでは最初だけになって、続きませんよ」とお答えしています。 続きを読む

ライターを集めるだけでメディアができるなんて間違いですから

photo-1444682717031-a2498d603d5b

メディアを作りたいんだけどうまくいかない、という方の中でよく聞くのが「ライターはいるんですけれど、うまくいかないんです」という相談ですね。

結論からいうと、編集者がいなければライターはうまく動く事ができません。ライターと編集は必ずセットで、ライターだけがいても機能しないのです。
他の業界で例えていえば、家を建てる現場に施工の方がいても、設計図がないからどう動いていいかわからない状態です。 続きを読む

本を出したいです、なんて気軽に言わないでくださいよ

SONY DSC

ブログがうまく続いてコンテンツがたまってきたり、セミナーである程度話す内容が固まってくると、自然と出てくるのが出版の話です。
私はもともと書籍編集者出身ですから、書籍の企画についてはとてもシビアです。
ぜひ出版しましょう!」……とすぐに言ったりはしません。 続きを読む