↓いますぐ冊子を受け取る↓

本書は、こんな疑問を解決します。

Q:動画担当者をやれって言われたけど、何から始めれば・・・?

動画担当のAさん

A:動画マーケティングに必要な、思考の枠組みから作っていく必要があります。動画をやる目的から手段を整理し、すべての工程の役割を理解したうえで個々のアクションを決めていきましょう。本書はこうした「全体の位置づけ」を最初にお伝えし、個々のアクションを決めていくヒントを伝授します。

Q:会社のYouTubeって何をすればいいの?

YouTubeチャンネル担当のBさん

A:とりあえずYouTube担当者を決めて、数本のセミナー動画をアップしただけでは、成果は出ません。企業がYouTube運営で失敗してしまう理由が、動画マーケティングに必要な準備と行程を踏まえないまま実行してしまうことにあります。「やりながら学ぶ」ものではなく、最初から枠組みに沿って準備しなければうまくいきません。では、その最初の枠組みとは何か。本書でその答えをお伝えします。

弊社はこれまで、”デジタルマーケティングパートナー”として、企業の販促活動をささえるデジタルコンテンツの開発を5年以上従事してきました。 昨今の動画マーケティングの需要の高まりをふまえ、ウェブサイト開発のノウハウを転用した動画マーケティングの方法論を構築。


今回、その方法論をもとに、動画マーケティングをこれから始める企業ご担当者に向けて、
動画マーケティングをはじめるためのステップを小冊子にまとめました。


e-book形式でコンパクトにまとまったこの冊子を最初に読むことで、動画マーケティングの概要がわかり、何をどれくらいやればよいのかのイメージが明確になります
。

本書を読んで欲しい対象者

動画担当者になったけど、何からやればいいかがわからない!
動画をアップしたら何をしたらいいの?次のステップを知りたい!
YouTubeで集客したい!
本冊子は7つのステップに分けて、動画マーケティングの基本を解説しています。 
市販されている動画集客の本よりもさらに特化し、「企業担当者のための」内容にこだわりました。
どのステップにおいても、担当者として何をするべきか、何を考えるべきかを明確にしています。

本書を読むと起こるこんな変化!

動画の基本がわかる!
YouTubeで最初にやるべきことがわかる!
社内担当者に必要な知識がわかる!

↓いますぐ冊子を受け取る↓