マーケティング戦略立案&
体制構築のパートナー。

BtoBマーケティング、コンテンツマーケティング、動画マーケティングに強み。
豊富な現場ディレクション経験をもとに、最適な戦略を提案、実行する体制をつくります。

マーケに関わるこんな悩み、解決します。

デジタルマーケティングでは、「何をやったらいいのかわからない」という悩みに加えて、
人材教育や人材確保という課題もつきまといます。

1.担当社員育成の悩み

・マーケ担当者をどう育てたらいいかわからない
・やることが多すぎてついていけてない
・社内に経験者がおらず、育て方がわからない

2.広告代理店や制作会社選びの悩み

・費用がかかる!
・何をしているのかわからない…!
・ノウハウが社内に蓄積されない!

3.外部フリーランス間での悩み

・フリーランスなのですぐにやめてしまう
・上手なコミュニケーションが取れない
・どうやればうまくやってくれるかわからない

本当に必要なのは、マーケ体制をつくること。

デジタルマーケティングに関する情報は大量にあり、日々の業務のなかで何をやればいいか迷うもの。
必要なのは自社の状態を見極めて、それに必要な情報だけを選び取ること。
そして何より、確固たるマーケティングチームを社内につくることです。
チームづくりができ、人材が育成できれば、悩みは解決されていきます。
これは、通常の広告代理店やフリーランスでは提案できない部分です。

「マーケティングって結局、何をするの?」

「マーケティングって結局、どこまでやればいいの?」こうした疑問に正面から答えられる人はどのくらいいるでしょうか。
これには、デジタルマーケティングと呼ばれる範囲が広く曖昧であることが原因です。

当社では、デジタルマーケティングを4つのグループに整理しています。
その4つが、コンテンツ、サイト改善、ウェブ広告、マーケティングオートメーションです。
そしてそれらの核になるのが、クリエイティブ力です。

これら4+1の能力がバランスよく備えていれば、一般的なマーケティング業務が可能になります。
逆に1つだけ足りなかったり、バランスが悪かったりすると、途端にまわらなくなるのがデジタルマーケティングなのかもしれません。

マーケティング包括的支援ができる理由。

当社は2015年の創業以来、コンテンツ制作からスタートし、次にサイト改善、そしてウェブ広告へと進出してきました。
分野を広げることで、解決できる課題が広がっていくことを確信し、
2021年からは「マーケティングの包括的サポート」を提供できるようになりました。

社内体制をつくることが最大の成果をもたらす。

当社が大切にしているのが、単なる外部からのサポートではなく「人材教育」という観点です。
事業をもっている企業は事業成長のタイミングで必ず、マーケティング部署を立ち上げるタイミングが到来します。

そのタイミングで「確固たるマーケティング体制」を自社に構築できるかどうかが、その後の社運を握っています。

マーケティングが必要となったからといって、慌てて外部業者や代理店だけに頼ってしまうとどうなるでしょうか。短期的には良くとも、結果的に成長のチャンスを失ってしまうことになりかねません。なぜなら、社内に人材が育たないからです。

自社の事業、商品、サービス、社風についてもっとも詳しいのは誰でしょうか。
そう、社員のはずです。
社員にマーケティング実務能力を加えることで、結果的により良いマーケティングが可能になることは言うまでもありません。

当社もかつては、外部から制作物を提供するような一般的な代理店業務をおこなっていました。
しかしある時、その方法では長く発展できないと感じるようになったのです。
ウェブマーケティング部署には若い社員がアサインされることが多いのですが、
その社員の方を育成することが、長い目で見て最大の成果を生み出すのです。

弊社ではこうした「会社に残るやり方」を何より重視します。

高いレベルのマーケ人材育成をめざしてみませんか?

当社ではまず、マーケティング状況のヒアリングを通じて、その事業特性に応じたマーケティング戦略を描きます。
そのうえで、担当者に必要なスキルを診断。今、足りていないところ、サポートが必要なところを列挙したうえで、まず全体を見通します。
半年をめやすに、技能を育成しつつ、戦略を共に実行していきます。少し時間はかかりますが、社内にノウハウが蓄積していきます。
戦略が実行できるだけではなく、自ら主体的に考えて動くことができる社員を育成することが可能です。
もう、やり方がわからない、なぜこの作業をやっているのかわからない社員はいないはずです。

お問い合わせ