動画マーケティングがわかる
PDFを無料プレゼント中。

動画を何から始めたらいいかわからない。
YouTubeとかLPとか、やることが多すぎる。
そんな担当者の悩みを解決するべく、
動画マーケティングの基本を整理しました。

ダウンロードはこちら!

すべての業界が注目する、新・動画マーケティングとは?

豊富な情報量で、
顧客にリーチ。

動画は静止画やテキストに比べ、情報量を多く詰め込むことができるという特性があります。また、BGMやエフェクトによって、物事をより感情的に伝えることができるため、これまで魅力を伝えにくかった顧客ターゲットにもリーチできる可能性を秘めています。

最小限の労力で、
集客を自動化。

注目すべきは、動画はそれ自体が営業機能を持つということです。人が動いて喋ることで、営業担当者の代わりとして、24時間顧客対応ができる。この点をうまく使えば、最小限の労力で集客を自動化することができます。

「すべての企業が教育化する」から、動画が生きてくる。

「すべての企業は教育化する」といわれるように、顧客を育て、ともに課題を解決していく共創関係をつくることが、現代の企業に求められています。顧客を育成する意味でも、動画活用は見逃せません。顧客を育てる動画とは何か。その答えがここにあります。

企業YouTube の
「正解」を。

多く企業が、YouTubeの再生数を増やしたいと考えていると思います。「とりあえず1本」動画をつくるだけのハードルは低いでしょう。しかし安易にできるからこそ、不十分な準備、間違った前提のまま始めてしまう危険性があります。
では、企業YouTube 開設が最初から正解を辿るためのセオリーとはなにか。とある「条件」を満たすことで、ようやくYouTubeが集客の役割を持ちはじめるのです。

PDFはこちら

企画も制作も広告も。動画担当者の疑問をすべて解決。

動画担当者になったけど、
何からはじめたらいいかサッパリ…。

動画マーケティングに必要な、思考の枠組みから作っていく必要があります。動画をやる目的から手段を整理し、すべての工程の役割を理解したうえで個々のアクションを決めていきましょう。くれぐれも「とりあえずYouTube病」にならないようにご注意を。

セミナー動画を撮ったけど、
活用方法がわからない…。

典型的な失敗例です。目的と手段を整理せず、撮影だけしてしまったのでしょう。撮ったものの使い方がわからない時点で、動画マーケティングは失敗「確定」です。前提が間違っているので、その動画は使えません。削除してかまいません。ただ、撮る環境はあるということですから、もう一度組み立て直したうえで撮影しなおせばOKです。痛い失敗をもとに、もう一度当社とともにやり直しましょう。

動画教材を販売する広告戦略を知りたい!

これまであまり注目されなかった動画教材が、スマホ普及と5G時代の到来によって注目されつつあります。動画教材はデジタルデータとして取り扱いがしやすく、ネット広告と相性がよいといえます。弊社では教材にあわせ、アドネットワークとSNSへの出稿を中心にした運用プランを提案します。

出版してきた本を、動画にしたい!

出版業界の出身である代表・早野 龍輝の強みを最大限発揮できます。本と動画ではメディアの特性が大きくことなりますが、うまく構成された本であれば動画づくりにもスムーズに応用可能です。ここで必要なのが、本にはなかったデジタルコンテンツのネット広告運用の観点です。広告運用を前提にコンテンツを組み立てなおしていく、とっておきの方法論をじっせんします。

いま注目される動画を、
ともに実践しませんか?

動画づくりにとってもっとも大事なことは撮影ではありません。もっと大事な二大要素が、企画立案と販促戦略です。これまでの常識を捨て、コンテンツとしての本質を逃さず、マーケティングのファネルを踏まえながら動画を作っていく必要があるのです。さらに必要なのが、広告と販促の観点。作るだけにとどまらず、インターネット広告を運用し、成果に変えていく工程も必須です。

資料を入手する

制作課題を発見し、正解を共に実現する

メディア・コンフィデンスのおこなう動画マーケティングの取り組みは、包括的。
企業内部から一定期間リサーチをしたうえで、制作リソースの整理、コンテンツの構成、ご担当者の育成、ネット広告プランニング、継続環境の構築などを経たうえで戦略立案を進めます。

深く制作課題を発見し、正解を共に実現するために。最終的な近道となるスタイルで動画マーケティングを実現します。

プラン一覧はこちら